ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2017年05月25日

平成29年度 全国発明表彰「発明協会会長賞」を受賞
壁際に置くだけで147インチの大画面映像を楽しめる4K超短焦点プロジェクター「LSPX-W1S」の意匠

空間を変えることで、暮らしに新しい体験を提案


ソニーは、公益社団法人発明協会主催の平成29年度 全国発明表彰において、4K超短焦点プロジェクター「LSPX-W1S」の意匠で、「発明協会会長賞」を受賞しました。同賞は、科学技術の分野で秀でた進歩性を有し、かつ、顕著な実施効果を挙げている発明等が対象で、全国発明表彰の中でも上位の賞となります。

今回の受賞は、映像を視聴する際にテレビやスクリーンを必要とせず、ローボードから映像が飛び出したかのような体験と、空間との調和をはかった佇まいが高く評価されたものです。この意匠は、高画質を生み出す「4K SXRD™(Silicon X-tal Reflective Display)パネル」、大画面と省スペースを同時に可能にする「超短焦点レンズ」、瞬時に点灯し劣化に強い「青色レーザーダイオード光源」の3つの技術の組み合わせによって実現しています。映像への没入体験を演出するため、超短焦点プロジェクター、スピーカー、キャビネットの各ユニットを同一形状で水平方向に配置し、構成要素を集約。板を水平に積層した佇まいは、インテリアとの調和をはかりつつ、放熱用吸排気孔、音の出口、リモコンの赤外線透過、インジケーションランプ、安全性に配慮した電動開閉カバーといった機能面からの要求事項をスマートに解決しました。

  • 4K超短焦点プロジェクター「LSPX-W1S」

全国発明表彰について

全国発明表彰は、大正8年、日本の科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に始まり、以来、日本を代表する幾多の研究者・科学者の功績を顕彰しているものです。
全国発明表彰は、皇室からの御下賜金を拝受し、多大の功績をあげた発明・創作、あるいは、その優秀性から今後大きな功績をあげることが期待される発明を表彰するものです。

「発明協会会長賞」受賞者

ソニー(株) クリエイティブセンター 辻田 裕介

「発明実施功績賞」受賞者

ソニー(株) 代表執行役 社長 兼 CEO 平井 一夫
※意匠の権利者が法人である場合、法人の代表者が「発明実施功績賞」を受賞

ソニーの受賞歴(直近)

  • 「内閣総理大臣賞」 積層型多機能CMOSイメージセンサー構造の発明(平成28年度)
  • 「経済産業大臣賞」 磁性流体スピーカーを搭載した4K液晶テレビの意匠(平成27年度)
  • 「21世紀発明奨励賞」 新規植物由来多孔質炭素材料の発明(平成26年度)
  • 「内閣総理大臣賞」 裏面照射型CMOSイメージセンサーの発明(平成25年度)
  • 「21世紀発明賞」 遷移金属酸化物型抵抗変化メモリの基本技術の発明(平成24年度)
  • 「恩賜発明賞」 ブルーレイディスクの基本構造と製法の発明(平成23年度)
  • 「日本弁理士会会長賞」 液晶テレビの意匠(平成23年度)
  • 「日本経済団体連合会会長賞」 相転移原盤作製法を用いた光ディスクの製法の発明(平成22年度)
このページの先頭へ