ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2017年07月27日

国際宇宙ステーション船外で、フルサイズミラーレス一眼カメラ『α7S II』が民生用カメラとして世界初となる4K映像の撮影に成功


ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ『α7S II』は、国際宇宙ステーション(ISS)の船外で4K(QFHD 3840×2160)映像の撮影に民生用カメラとして世界で初めて※1成功し、本日、当社はそれらの映像を公開しました。
映像は、雪に覆われた峰々の凹凸や、大都市圏の街明かり、色調の違いまでを鮮明に捉えた宇宙からの日本列島の昼と夜の姿です。これらは高感度性能をもち、高解像度4K動画記録が可能な『α7S II』だからこそ捉えることができたものです。

  • α7S II:ISS船外から撮影された4K画像
『α7S II』は、ISSの「きぼう」日本実験棟に設置された、新たな船外プラットフォーム用カメラシステムの内蔵カメラとして使われています※2。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によって行われたさまざまなカメラの検証試験の結果、高真空・宇宙放射線・急激な温度変化など、宇宙ならではの過酷な環境に耐えうる耐久性と信頼性を『α7S II』が保持することが確認され、採用に至りました。
『α7S II』※3は、種子島宇宙センターから2016年12月9日に打ち上げられたISS補給機「こうのとり」6号機によって運ばれたのち、2017年2月8日に「きぼう」の船外実験プラットフォームに設置されました。
現在も、約90分ごとに地球を1周しながら約400キロの上空で4K映像や静止画の撮影を行っています。

ISSの船外で撮影された4K映像は、αユニバース公式サイトでも公開しています。

なお、αユニバースの英語版サイトには、米国東海岸の映像も掲載しています。

  • 『α7S II』
『α7S II』は、ISO409600※4の高感度性能と広いダイナミックレンジに加え、光学式5軸手ブレ補正機能、画素加算のない全画素読み出しによる4K動画本体内記録機能を小型ボディに凝縮した35mmフルサイズExmor®(エクスモア)CMOSイメージセンサー搭載モデルです。
『α7S II』は、欧州の権威ある「EISAアワード 2016-2017」の「ヨーロピアン フォト アンド ビデオカメラ 2016-2017」(EUROPEAN PHOTO & VIDEO CAMERA 2016-2017)を受賞するなど、発売以降、特にその突出した高感度性能は国内外で高い評価を得ています。
宇宙空間のような低光量環境でも、ノイズの影響を最低限におさえたクリアな高画質撮影が可能になるため、例えば、宇宙からみる夜の地球などこれまで撮影が難しかった場面や、「こうのとり」などの補給機がISSに近づくシーンなどでも、鮮明な4K映像で記録することが期待されています。

  • ISSにおける『α7S II』の取り付け位置(提供:JAXA / NASA)
なお、カメラに関するさまざまな情報を発信している αユニバース公式サイトでは、『α7S II』で撮影された宇宙空間の臨場感あふれる4K映像や画像に加え、『α7S II』がISSに搭載されるまでの経緯などを紹介しています。

αユニバース公式サイト

  • ※4 :拡張感度設定時。

  • ※α、Gレンズ、Exmorは、ソニー株式会社の商標です。
  • ※その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

このページの先頭へ