ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2017年10月25日

焦点距離400mm F値2.8のGマスター™大口径超望遠レンズを開発中
2018年夏に商品化へ


ソニー株式会社
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
ソニーマーケティング株式会社
ソニーは、2018年夏の商品化をめざし、35mmフルサイズ対応α™[Eマウント]レンズとして、焦点距離400mm F値2.8の大口径超望遠レンズGマスター™ 『FE 400mm F2.8 GM OSS』の開発を進めています。

本レンズは、躍動的かつ決定的な瞬間を高画質に収めることが求められるスポーツや報道、野生動物などの撮影ニーズに応え、プロフェッショナルが頻繁に使用する焦点距離400mm開放F値2.8の大口径超望遠レンズで、プレミアムレンズシリーズGマスターならではの優れた解像性能と被写体を引き立てる自然で美しいぼけ描写を実現します。

ソニーは、今後もレンズ交換式カメラの撮影表現を広げる魅力的なレンズ群を充実させることで、プロフェッショナル の創造性に応え、常に進化するその表現や撮影要求に応じた性能と信頼性を追求し、写真・映像文化の発展に貢献していきます。

※本製品の仕様の詳細は未定です。
  • ※α、Gマスターは、ソニー株式会社の商標です。
  • ※その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ