ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2017年10月03日

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの新経営体制について

社長 兼 CEOに小寺剛が就任、アンドリュー・ハウスが会長に

ソニー株式会社
ソニー・インタラクティブエンタテインメント LLC
[東京:2017年10月3日/米国カリフォルニア州サンマテオ:2017年10月2日] - ソニー株式会社(以下、ソニー(株))とソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC(以下、SIE)は、SIE副社長である小寺剛(こでら・つよし)が、同日付でSIE社長 兼 CEOに就任する旨を発表しました。同社長 兼 グローバルCEOであるアンドリュー・ハウスは、同社会長に就き、年内は円滑な経営体制移行につとめます。同時に、国内法人である株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントについても代表取締役 社長に小寺が就任し、ハウスは取締役 会長に就きます。小寺は、SIEが担うゲーム&ネットワークサービス事業についてグローバルな経営責任を有し、ソニー(株)社長 兼 CEOの平井一夫に直接レポートします。
今回のSIEの経営体制の変更に伴い、同日付でハウスはソニー(株)執行役 EVPを退任します。小寺のソニー(株)執行役員 ビジネスエグゼクティブの役職に変更はありません。
平井一夫のコメント:
「アンドリュー・ハウスは、2011年に私からソニー・コンピュータエンタテインメントのCEOのバトンを引き継ぎ、プレイステーションビジネスを、ソニーの収益ドライバーの一つとなる事業に成長させてくれました。ハウスと私は、1995年から20年以上にわたりプレイステーションビジネスを一緒に育ててきた同志です。ハウスが、ソニーを卒業することについては複雑な思いもありますが、ハウスのこれまでの貢献に感謝すると共に友人として彼の今後の成功を祈っています。小寺剛は、2013年からソニーのネットワークサービス事業を牽引し、その拡大に大きく貢献しました。小寺は海外経験が豊富で戦略的な思考に長け、強い信念とリーダーシップを持つ人物です。昨年からは、SIEの副社長として、SIE全体の商品・事業戦略も担当しています。ネットワークサービス事業の重要性がソニーグループ全体として益々高まっていく中、小寺が、ハウスが残した資産を活かし、プレイステーションプラットフォームの価値を更に向上させ、ゲーム&ネットワークサービス事業をより成長させてくれることを期待しています。」
アンドリュー・ハウスのコメント:
「プレイステーションで最高のゲーム体験を提供することにより、世界中の何千万もの人々を魅了することができたこと、また、SIEを本格的なデジタルエンタテインメント企業へと創り上げることができたことを私は大変誇りに思っています。プレイステーションは、20年以上の長きにわたり私の人生を占めてきた大切な存在ですが、ビジネスが過去最高の成功を収めるまでに成長した今こそ、私自身が新しい挑戦に向けて足を踏み出すのにふさわしい時であると思っています。SIEを、働き甲斐のある素晴らしい場にしてくれた仲間たちとの友情は私の宝物です。また、プレイステーションに対する世界中のファンやゲーマーの皆さんの変わらぬ熱い思いと支持に、心より感謝しています。小寺、そして小寺率いるSIEは、世界でもトップクラスの素晴らしいチームであり、プレイステーションの未来がこれからも輝き続けることを私は信じています。」
小寺剛のコメント:
「SIEの社長 兼 CEOという大役を拝命し身の引き締まる思いです。また、ハウスと平井が私に示してくれた信任に心より感謝します。これまでハウスが推し進めてきたプレイステーションブランドの確立と、ゲーム&ネットワークサービス事業の基盤を一層強固にし、プレイステーションプラットフォーム上で提供するエンタテインメントの価値をさらに高めることができるよう力を尽くしてまいります。SIEの社員と共に、ビジネス パートナーの皆様との連携を一層強化し、またソニーグループの関係部門とも協力し、ユーザーの皆様にこれまで以上に楽しんでいただけるプレイステーションならではのインタラクティブエンタテインメント体験を提供してまいる所存です。」
ハウスは、1990年にソニー(株)広報に入社以来、27年間ソニーグループに在籍しました。1995年に株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)マーケティング&コミュニケーション部門に異動し、初代「プレイステーション」の立ち上げに貢献。その後、ソニー(株)CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)やソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパ 社長 兼 CEOなどソニー(株)及びSCEにおいて要職をつとめました。2011年にSCE 代表取締役 社長 兼 グループCEOに就任し、以降6年間、ハウスは全世界におけるプレイステーションビジネスを戦略的に牽引してきました。その間、2013年に発売した「プレイステーション 4」は、歴代「プレイステーション」ハードウェア史上最速での普及を遂げ、累計販売台数は今年度末には7,800万台を突破する見込みです。またソニーのネットワークサービス戦略を、より強化した「プレイステーションネットワーク(PSN)」を中心に据え、再構築しました。現在、「プレイステーション プラス」を含むPSNは7,000万人を超えるアクティブユーザーを有し、リカーリング型のビジネスを提供しています。加えて、ハウスは世界初のコンソールベースのストリーミングゲームサービス「プレイステーション ナウ」とインタラクティブなテレビ視聴サービス「プレイステーション ヴュー」の導入も指揮しました。
2016年4月にはSCEとソニー・ネットワークエンタテインメントインターナショナル(SNEI)を統合したSIEを設立。PlayStation®VR(以下、PS VR)の開発と市場導入も牽引するなど、ゲーム&ネットワークサービス事業をソニーグループの収益成長ドライバーの一つとなる事業に育てました。

小寺剛は、1992年にソニー(株)に入社後、ポータブルオーディオ事業の企画管理業務を経て、1998年に米国ソニー・エレクトロニクスに赴任。各種コンスーマー向けポータブル・モバイル製品の企画管理業務を担当後、VPとしてPC等のIT製品の事業に携わりました。その後、2010年に設立間もないSNEIに経営戦略担当SVPとして着任し、2013年にはプレジデントに就任しました。その間、ゲームタイトルやコンテンツの販売を行う「プレイステーション ストア」、定額メンバーシップサービスの「プレイステーション プラス」、ストリーミングゲームサービスの「プレイステーション ナウ」など、PSN上での様々なサービスの拡充、立ち上げに取り組みました。さらに、クラウドベースのテレビ視聴サービス「プレイステーション ヴュー」、映画やテレビ番組のコンテンツをお楽しみいただける「プレイステーション ビデオ」、スポティファイとの戦略的提携を通じて最高水準の音楽体験を提供する「プレイステーション ミュージック」など、「プレイステーション」ならではの多様で革新的なサービスの提供を実現し、ネットワークサービス事業の拡大に貢献しました。昨年からはSIE副社長として、ゲーム&ネットワークサービス事業全体の商品、事業戦略、システム・ネットワークエンジニアリング等を担当し、ハウスと共に、ソニーグループのゲーム&ネットワークサービス事業全般を牽引しています。
このページの先頭へ