ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2017年10月26日

ソニーがエミー賞®の技術部門賞「フィロ・ファーンズワース賞」を受賞

映像制作機器やサービスを通じた、放送業界への貢献を高く評価


ソニー株式会社
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
ソニーは、米国のテレビ芸術科学アカデミー(The Academy of Television Arts & Sciences)が主催する2017年度プライムタイム・エミー賞®の技術部門賞「フィロ・ファーンズワース賞」(Philo T. Farnsworth Corporate Achievement Award)を受賞しました。アジアのメーカーとして本賞を受賞するのは初めてです。

フィロ・ファーンズワース賞は、世界初の完全電子式テレビの発明者(1927年米国特許出願)に由来し、2003年の創設以来、長年放送技術の分野で優れた貢献をした企業や組織などに贈呈されるものです。

本賞の受賞は、ソニーが1946年の創業以来、長年、放送業界の発展にさまざまな技術、コンテンツ、サービスを通じて貢献してきたことや、現在、放送業務用機器の主要サプライヤーとして、報道番組から娯楽、スポーツに至るまで、あらゆるテレビ番組制作に高い影響力をもつ点が評価されたものです。

本賞の授賞式は、米国ロサンゼルスにて、現地時間の2017年10月25日に開催されました。
ソニー株式会社 プロフェッショナル・ソリューション&サービス本部 メディア事業担当VP 桐山宏志のコメント
「この度、ソニーの放送業界への長年の貢献が認められ、大変光栄です。ソニーにおける放送業務用VTR開発の歴史は、U-マチックに遡り、ベータカムなど様々なフォーマットを経てHDCAM-SR、そして現在の光ディスクに至ります。映像のデジタル化や高画質化、データ圧縮・伝送およびソリューション提案など、長年にわたる果敢な挑戦の積み重ねが、放送・映画業界の方々からの評価につながり、技術革新の一翼を担ってきたことを誇りに思います。
このような技術革新は、ソニーのみでは成しえません。放送業界、映画業界の多くのお客さまからいただいたご提案、ご指摘を通じて実現したものです。ソニーの技術開発の歴史は、お客さまからソニーが学ばせていただいた歴史でもあります。本賞の受賞にあたり、改めてすべてのお客さまに感謝の意を表します。」
引き続きソニーは、長年にわたり映像制作で培ってきた技術を生かし、さらに高画質で高効率な映像制作を実現すべく、放送業務用分野での映像表現の可能性を追求していきます。

  • エミー賞授賞式の様子 ソニー受賞者
    左から喜多幹夫※1、桐山宏志、John Studdert※2
  • ※1:ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社 プロフェッショナル・ソリューション&サービス本部 メディアセグメント事業部門長
  • ※2:Vice President Sales and Marketing, Media and Sports Professional Solutions Americas, Sony Electronics


  • ※記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ