報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2018年01月05日

ゴルフスクールやティーチングプロ向けレッスンソリューション
「スマートゴルフレッスン™」を開発

データと動画でスイングを可視化し、生徒の課題理解や上達をサポート

「スマートゴルフレッスン」のソリューションイメージ

ソニーは、ゴルフのスイングデータとスイング動画の同期・可視化により、ゴルフレッスンの質を向上させるレッスンソリューション「スマートゴルフレッスン」を開発し、ゴルフスクールやティーチングプロ向けに2018年4月より導入し、順次展開していきます。「スマートゴルフレッスン」は、センサー、アプリケーション、クラウドにより構成されます。本ソリューションでは、生徒のゴルフクラブのグリップ下部にソニーの「スマートゴルフセンサー™」を装着し、スイングの加速度と角速度※1のデータを計測します。そのデータから、フェース角、アタック角、スイング軌道、クラブヘッドスピード、スイングテンポなどを分析し、Bluetooth®接続されたスマートフォンやタブレット※2で撮影したスイング動画と同期、アプリケーション上で表示することにより、ゴルフスイングデータを可視化します。動画とデータはソニーが培ってきた信号処理技術や映像技術の応用により高精度で同期され、たとえばインパクトの瞬間の映像に瞬時にアクセスするとともにスイングデータを確認するといったことが可能です。

アプリケーション上のスイング動画・
データ画面イメージ

また、アプリケーション上で2つのデータ付きのスイング動画を、並べて比較したり、重ね合わせて比較することが可能なので、生徒は指導内容をより理解しやすくなります。ティーチングツールとして画面上に線や図形を描画することや、レッスン中のアドバイス時に利用した操作画面をアドバイスの音声とともに動画として保存することができます。
この動画は、ティーチングプロと生徒の間で、クラウド経由で共有でき、生徒はレッスン時のティーチングプロのアドバイスを、自宅や練習場、コースなど場所を問わず、スマートフォンなどで確認することができます。また、生徒が自主練習で撮影した動画をティーチングプロに共有し、添削してもらうオンラインレッスンにも対応し、生徒はいつでもティーチングプロのアドバイスを受けることも可能です。「スマートゴルフセンサー」とスマートフォン/タブレットがあれば利用できるという優れたモビリティも特長の一つで、利用場所を選ばないため、練習場だけでなくゴルフコースでのラウンドでも、スイングの確認・比較が可能です。
ゴルフスクール、ティーチングプロの導入メリットとしては、スイングを可視化することで、これまでティーチングプロが言葉で伝えていた指導内容を、より客観的、定量的な裏付けをもって伝え、説得力を増すことができるほか、オンラインレッスンでのアドバイスによる新たなサービスも見込めます。

今回「スマートゴルフレッスン」を展開することで、従来のゴルフレッスンでの、「上達している気がしない」、「教わった通りにできているか分からない」、「教わったことを忘れてしまう」、「アドバイスがよく分からない」といった生徒の不満を解消し、定着するレッスンの実現をサポートします。
なお、本「スマートゴルフレッスン」は、レッスンにおける使いやすさ向上のため、公益社団法人 日本プロゴルフ協会の監修を受けています。

  • ※1:ある点をまわる回転運動の速度を、単位時間に進む角度によって表わしたもの
  • ※2:Android 5.0 以降を搭載したカメラ搭載スマートフォンやタブレット、およびiOS11へのアップデート対象機種(iPad Proを除く)。
ティーチングツールで画面上に
線を描きこんだスイング動画・
データの比較画面(分割)
スイング動画・データの比較画面
(重畳)
スイング軌跡再生画面(正面)
スイング軌跡再生画面(側面)
イメージ

主な特長

1. スイングデータを動画と同期させて可視化

ゴルフクラブに装着した「スマートゴルフセンサー」で計測したスイングの加速度と角速度から分析されたデータと、スマートフォンやタブレットで撮影したスイング動画を、ソニーが培ってきた信号処理技術や映像技術の応用により高精度で同期。スイングデータ付きの動画を自動生成し、即時にアプリケーション上で確認可能にしたことで、効果的なレッスンを実現します。

可視化できるデータ 概要
ショット数 番手ごとに、ショットした回数をカウントします。
スイング軌道 インパクト時のボールへのクラブの軌道をイラストと角度で表示します。
フェース角 インパクト時のボールへのフェース角方向をイラストと角度で表示します。
アタック角 インパクト時のボールへの入射角方向をイラストと角度で表示します。
スイングテンポ ダウンスイングとバックスイングの割合を比率で表示します。
クラブヘッドスピード インパクト時のクラブヘッドスピードを表示します。
スイング軌跡 スイング中のスイング軌跡をイラストで表示します。

データおよび動画は専用アプリケーションをインストールしたスマートフォンやタブレットで、ご覧いただけます。アプリ上の主な操作は使いやすく直感的です。たとえば、アドレス・トップ・インパクト時の映像・データをダイレクトに表示できるボタンや、2つのスイングを比較するボタンなどにより瞬時に切り替えが可能で、貴重なレッスンの時間を生徒へのアドバイスに有効に利用できます。

また、ティーチングプロのお手本と生徒のスイング動画を比較したり、生徒のレッスン前と後の差分を比較することで課題や上達を確認することができます。ティーチングツールとして画面上に線や図形を描画することや、レッスン中のアドバイス時に利用した操作画面をアドバイスの音声とともに動画として保存することができ、クラウド経由で生徒と簡単に共有できるので、指摘されたポイントを互いに忘れることなく、改善意識を持続させます。

2. スイングデータ・動画や、ティーチングプロのアドバイスをクラウド経由で共有でき、遠隔でもレッスンが可能

生徒はレッスン時のティーチングプロのアドバイスを、自宅や練習場、コースなどでもアドバイス入り動画でくり返し確認することが可能です。また、レッスン中のアドバイスだけでなく、生徒が自主練習で撮影したスイングデータ付き動画をティーチングプロに共有することができます。そのため、ティーチングプロは生徒から送られてきたスイングデータ付き動画で生徒の状況を遠隔からでも把握することができます。通常のレッスンと同じ方法でティーチングプロがティーチングツールでアドバイスを行ったアドバイス入り動画を、クラウド経由で生徒と共有できるオンラインレッスンにも対応します。

3. 利用場所を選ばない優れたモビリティ

必要なのは「スマートゴルフセンサー」とスマートフォン/タブレットのみなので、利用場所を選びません。インドアスタジオ、練習場やラウンドコースなどで、共通して「スマートゴルフレッスン」を使うことができます。

スマートゴルフセンサー
クラブシャフトへの装着例

4. ゴルフスクール、ティーチングプロのさまざまな「スマートゴルフレッスン」導入メリット

スイングを可視化することで、これまでティーチングプロが言葉で伝えていた指導を、より客観的、定量的な裏付けをもって伝え、説得力を増すことができます。これにより、従来のゴルフレッスンに見られる、「上達している気がしない」、「教わった通りにできているか分からない」、「教わったことを忘れてしまう」、「アドバイスがよく分からない」といった生徒の不満点を解消し、レッスン離れ、スクール退会などの回避に寄与します。

また、生徒用のデータ付きスイング動画やアドバイスを入れた動画は、生徒ごとに保管され、生徒のレッスン履歴に即座にアクセス出来るなど、複数の生徒の履歴管理が容易になります。

更に、オンラインレッスン機能は、今までのスクールでのレッスンに加え、新たなサービスの提供を可能とします。

「スマートゴルフレッスン」の開発にあたり、これまで男子・女子プロからアマチュアまで幅広くゴルファーのスイングデータを取得し、スイング解析のアルゴリズム開発に役立ててきました。まもなく開催される「2018ソニーオープン・イン・ハワイ※3においても本ソリューションを使って出場選手のデータ取得を行います。

  • ※3:ソニーがスポンサーするPGAツアーのゴルフトーナメント。20周年となる今年は、1月11日~14日に米国・ハワイ州オアフ島 ワイアラエ カントリークラブで開催予定。
  • 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 記載されているアプリケーションのUIおよび商品画像は、最終仕様と異なる場合があります。
このページの先頭へ