ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2018年01月09日

車載向けイメージセンサーにおけるソニーの取り組みについて


ソニーは、2014年に車載向けイメージセンサーの商品化を発表して以降、車載向けをイメージセンサービジネスにおける注力領域の一つと位置付け、ソニーのイメージセンサーにおける高い技術力を結集させた業界初の機能と性能を持つ商品を発表してまいりました。
CES2018(米国ネバダ州ラスベガス)では、今後高度な自動運転の実現に向けてソニーが提案する、イメージセンサー技術による「車の眼」の進化をご紹介します。暗所、逆光などの運転環境下において自動車の周囲360度の状況を検知し、早期からの危険回避行動を支援する技術を疑似体験いただきます。加えて望遠や広角、高速、感度などが求められるシーンにおける、肉眼とイメージセンサーによる撮像の違いをご体感いただけます。

ソニーは、人の眼を超えるイメージセンサーの開発により、暗所における感度、遠方や広角撮影のための解像度、逆光シーンでのダイナミックレンジの向上に取り組んでいます。この取組により、肉眼では視認困難な運転環境においても効果的な環境認知を可能にします。

これまでの主な発表

「世界最高感度※1の車載カメラ向けCMOSイメージセンサーを商品化」(2014年10月)

ソニーは、星明かりよりもさらに暗い、闇夜に相当する低照度0.005ルクスの環境においても高画質なカラー映像の撮影を可能とする、世界最高感度※1を実現した車載カメラ向けCMOSイメージセンサー『IMX224MQV』を商品化し、2016年5月に量産出荷を開始しました。肉眼での認知がしにくい駐車場や闇夜などの状況でも、障害物や人物などを早く効果的に捉えることが可能になります。

「Softkinetic Systems S.A.(ソフトキネティックシステムズ社)買収」(2015年10月)

イメージセンサーを用いた測距において有効なTime of Flight方式(以下、ToF方式)距離画像センサー技術を有するベルギーのSoftkinetic Systems S.A.を買収。スマートフォンやロボティックス、そして車載用途に向けたソリューション提案の強化に取り組んでいます。車載用途としてToF方式のセンサーは、既に車内ジェスチャーコントロールに採用されており、今後は、高度な自動運転の実現に必要なドライバーや乗員の状態検出技術などのHMI(Human Machine Interface)への展開など、アプリケーションの幅を広げていきます。
  • ※2017年12月より、「Sony Depthsensing Solutions Holding SA/NV (ソニーデプスセンシングソリューションズホールディング社)」に社名変更。

「LEDフリッカーの抑制と高画質なHDR撮影を同時に実現する車載カメラ向け高感度CMOSイメージセンサーを業界初※1の商品化」(2017年4月)

『IMX390CQV』は、LED標識や信号機などの撮影時に起こるLEDのちらつきを抑える機能と、120dB※2の広いダイナミックレンジでの撮影を実現するHDR機能を搭載し、それらの同時利用を可能にしました。LED標識や前後方車のLEDランプを正確に認識しながら、トンネルの出入り口などの明暗差の大きな環境でも黒潰れや白飛びのない映像を撮影することができます。前方センシングカメラや、今後バックミラーの代わりとして車への採用拡大が予想される「カメラモニタリングシステム」といった車内モニターに人物や障害物を明瞭に映し出す用途としても適しています。2017年5月からサンプル出荷を開始しました。

「業界最高解像度の車載カメラ向け有効742万画素積層型CMOSイメージセンサーを商品化」(2017年10月)

先進運転支援システム(ADAS)用途の前方センシングカメラ向けに、業界最高解像度※1となる有効742万画素の『IMX324』を商品化し、2017年11月からサンプル出荷を開始しました。高解像度により、例えば約160m先※3にある交通標識も高精細に撮像します。さらに米Intel社の子会社であるMobileye社(モービルアイ 本社:イスラエル)が先進運転支援システム(ADAS)および自動運転技術に向けて開発中のイメージプロセッサー「EyeQ®4」、「EyeQ®5」と接続可能となる予定です。
そしてCES2018では、自動車の周囲360度の状況検知により、早い段階から危険回避行動を支援することで、車の周囲に、より安全性を高めた領域を作り出すという、ソニーが目指す安全性能のビジョンを、「Safety Cocoon(セーフティコクーン)」と名付けてご紹介しました。イメージセンサーを中心にビューイングとセンシングの領域において「車の眼」を進化させ、より高い安全性能を早期に実現することにより、自動運転社会の進展に貢献にできるよう開発を推進してまいります。
  • ※1:それぞれの発表時点において。
  • ※2:EMVA1288規格に準拠。HDR機能とLEDフリッカー抑制機能を同時に使用した場合のダイナミックレンジは110dB。
  • ※3:カメラとしてFOV32°のレンズを採用した場合。
このページの先頭へ