報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2018年02月07日

企業・学校・博物館の大ホールから、明るい中小の会議室や教室まで対応
高輝度12,000lm / 9,000lm(ルーメン)の機種など 業務用レーザー光源プロジェクター 5機種発売

新開発の3LCDパネル搭載により、安定した明るさと鮮やかな色再現性を実現

ソニー株式会社
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
ソニービジネスソリューション株式会社

Z-Phosphor LASER LIGHT SOURCE
左から 『VPL-FHZ120』『VPL-FHZ90』『VPL-FHZ66』『VPL-FHZ61』『VPL-FHZ58』

ソニーは、企業の大会議室や学校の講堂、博物館のホールなどでの大画面投影に適した業務用レーザー光源プロジェクター『VPL-FHZ120』(12,000lm)と、中規模の明るい空間でもカーテンの開け閉めや照明の調節なしで利用できる『VPL-FHZ90』(9,000lm)を発売します。両機種は、新開発の高輝度対応1インチLCDパネルと、高コントラストを実現する光学補償板※1の組み合わせを採用し、安定した明るさと、高画質で鮮やかな色再現を実現します。
あわせて、既発売の4,000lm~6,000lm輝度帯の設置型レーザー光源プロジェクター3機種を刷新※2し、『VPL-FHZ66』/『VPL-FHZ61』/『VPL-FHZ58』を発売します。

商品名 型名 明るさ(lm) 解像度 カラー 発売日 価格
3LCDレーザー光源プロジェクター 「VPL-FHZ120」
(投写レンズ付属)※3
12,000 WUXGA:1,920×1,200ドット ホワイト・ブラック※5 8月23日 オープン価格
「VPL-FHZ120L」
「VPL-FHZ90」
(投写レンズ付属)※3
9,000 10月10日
「VPL-FHZ90L」
「VPL-FHZ66」
(投写レンズ付属)※4
6,100 6月15日
「VPL-FHZ61」
(投写レンズ付属)※4
5,100
「VPL-FHZ58」
(投写レンズ付属)※4
4,200

ソニーのレーザー光源プロジェクターは、青色のレーザーと蛍光体をソニーの独自技術で組み合わせたレーザー光源システム「Z-PhosphorTM」と、3原色を同時投写することで色輝度を保つ「3LCD方式」との組み合わせにより、長期間にわたって高い輝度と高画質で鮮やかな色再現性を両立します。
高輝度な『VPL-FHZ120』と『VPL-FHZ90』は、業界最高クラスの可動域を持つ上下左右のレンズシフトや、最大6通りのレンズプリセット機能※6を搭載しています。設置する室内の環境に制限されず、プロジェクター設置位置の自由度を高めるとともに、記憶した画面サイズや位置を簡単に呼び出せるため、調整の手間を軽減できます。さらに、USBやネットワーク経由で企業・大学のロゴや、ご案内、お知らせを簡単に表示できるHTMLコンテンツ表示機能を新しく搭載。会議や授業の合間などプロジェクターの入力がない時も、ご活用いただくことが可能です。

光源にレーザーを使用したプロジェクターは、「高速起動」「ゆるやかな輝度劣化による長寿命」「メンテナンス負荷軽減」などの特長があります。突然光源が切れるリスクが少ないため、大事な授業や会議を中断しない信頼できるシステムとして、高い評価をいただいています。
ソニーは、5機種の発売により業務用レーザー光源プロジェクターの商品構成を4,200lmから12,000lmまで拡充し、お客さまの設置環境・用途に合わせた最適な機種を提案します。

<参考>新発売の5機種を加えた業務用レーザー光源プロジェクターの商品構成

  • ※1:光学補償板は『VPL-FHZ120』にのみ搭載。
  • ※2:『VPL-FHZ66』は明るさ6,000lmから6,100lm。『VPL-FHZ61』は明るさ5,000lmから5,100lm。『VPL-FHZ58』は明るさ4,100lmから4,200lm。
  • ※3:標準レンズ『VPLL-Z4111』とのセット商品です。
  • ※4:標準電動ズームレンズが付属されています。
  • ※5:ブラックは受注生産品です。
  • ※6:標準レンズ『VPLL-Z4111』使用時のみ。

『VPL-FHZ120』『VPL-FHZ90』の主な特長

1.新開発1インチLCDパネルと光学補償板、レーザー光源により高輝度・高画質・信頼性を最大化

両機種用に新たに開発した、透過率が高く耐光性に優れた高輝度対応の1インチLCDパネルと、高コントラストを実現する光学補償板※1の組み合わせにより、安定した明るさと、高画質で鮮やかな色再現の映像投影を実現します。また独自の新制御アルゴリズムによってレーザーダイオードの駆動を最適化することで、10,000lmの明るさを14,000時間にわたって維持できる※7輝度一定モード」も新たに搭載しました。

<LCDパネルと光学補償板の組み合わせイメージ>

2.講堂やホールなどでの大画面投影はもちろん、中規模の明るい教室でも利用可能に

企業や学校のホールなどでの大画面投影には『VPL-FHZ120』を、大教室・大会議室から中規模の教室には、『VPL-FHZ90』を提案します。日の光が差し込む明るい室内でも、カーテンの開け閉めや照明の調節は必要ありません。また、『VPL-FHZ120』には色合いをより正確に表現できるよう、sRGB色域を100%カバーするモードを搭載しています。より忠実な色再現が求められる美術館や博物館など施設展示にも適しています。

大講堂での使用イメージ
大会議室での使用イメージ
博物館での使用イメージ

3.業界最高クラスの可動域を持つ上下左右レンズシフトにより、柔軟な設置性を実現

上下方向でスクリーン全高の±107%、左右方向でスクリーン全幅の±60%のレンズシフトが可能です※8。「梁(はり)や配管などがあって、理想的な位置に設置できない」「スクリーンがプロジェクターより低い位置にある」などの難しい設置条件でも柔軟に対応できます。さらに、最大6通りのレンズプリセット機能を搭載しており、記憶した画面サイズや位置、レンズポジションを簡単に呼び出せるため、設定の手間を軽減できます※6

4.プロジェクター非使用時はロゴやお知らせを簡単に表示可能

会議や授業の合間などプロジェクターを使わない時は、企業・大学のロゴや、ご案内、お知らせを簡単に表示できるHTMLコンテンツ機能を搭載しました。表示用のHTMLファイルは、USBやネットワークを経由して送ることができます。

HTMLコンテンツ機能使用時イメージ
表示用ファイルのイメージ
  • ※7:『VPL-FHZ120』において、輝度一定モード使用時。
  • ※8:レンズ別売モデル『VPLL-Z4019』『VPLL-Z4025』『VPLL-Z4045』使用時。
    標準レンズ『VPLL-Z4111』使用時は、上下方向でスクリーン全高の±99%、左右方向でスクリーン全幅の±51%のレンズシフトが可能です。
    他のオプションレンズを取り付ける場合は、レンズによりシフト幅が異なります。
    上下と左右のレンズシフトを併用する場合はシフト可能範囲が狭くなります。

『VPL-FHZ66』/『VPL-FHZ61』/『VPL-FHZ58』の主な特長

コンパクトな筐体で、学校の教室や企業の会議室など中小規模ルームでの使用に適した設置型レーザー光源プロジェクターです。従来機種から明るさが向上しました※2。また、経年変化に伴う色味の変化を自動的に補正する「カラーキャリブレーション」機能も搭載。3LCDの特長である鮮やかな色再現性を長期間にわたって保持することができます。

『VPL-FHZ66』(6,100lm)
『VPL-FHZ61』(5,100lm)
『VPL-FHZ58』(4,200lm)

主な仕様

主な仕様や詳細については、商品サイトをご覧ください。

  • 市場推定価格(消費税を含みません):
    『VPL-FHZ120』 290万円前後
    『VPL-FHZ120L』 270万円前後
    『VPL-FHZ90』 220万円前後
    『VPL-FHZ90L』 200万円前後
    『VPL-FHZ66』 120万円前後
    『VPL-FHZ61』 100万円前後
    『VPL-FHZ58』 80万円前後
  • 「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
  • 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。

お客様からのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品購入相談窓口

  • TEL
    0120-580-730 (フリーダイヤル)
  • 受付時間
    9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)
  • ソニー製品情報URL
  • 業務用プロジェクターオフィシャルサイトURL
このページの先頭へ