報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2018年4月9日

世界初※14K 3板式CMOSイメージセンサー搭載のXDCAMメモリーカムコーダー2機種発売

4K60p収録とHDRに対応、番組収録や取材撮影などで役立つ顔検出AF機能がさらに進化

ソニー株式会社
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
ソニービジネスソリューション株式会社

左より XDCAMメモリーカムコーダー 『PXW-Z280』、『PXW-Z190』(写真マイクは別売)

ソニーは、4K60pおよびHDR収録に対応した新開発のCMOSイメージセンサー Exmor R®(エクスモアアール)を、ハンディタイプの4Kカムコーダーとしては世界初※1となる3板式で搭載し、高精細な4K映像の撮影を可能にする放送・業務用映像制作機器用のXDCAM ™メモリーカムコーダー2機種を発売します。
『PXW-Z280』は、4K60p撮影に対応した新開発の1/2型CMOSイメージセンサー Exmor Rを3板式で搭載し、色再現性に優れた高精細な4K映像の収録を実現します。4K高画質時代のニュース制作や取材現場に適したモデルです。『PXW-Z190』は、光学25倍ズームを搭載し、幅広い焦点距離を1台でカバーすることができるため、イベントや報道、大自然や野生動物の撮影など、様々な収録現場での活用に適しています。

型名 発売日 希望小売価格(税別)
XDCAM メモリーカムコーダー 『PXW-Z280』 7月6日 770,000円
XDCAM メモリーカムコーダー 『PXW-Z190』 9月上旬 495,000円

今回発売する2機種は、イメージセンサーを3板式で搭載することで、光の三原色(R、G、B)それぞれに1センサーを対応させる色分離に優れた高精細な4K映像の収録が可能です。また、広色域・広いダイナミックレンジでの記録が可能な、S-Log3(『PXW-Z280』のみ)やポストプロダクションの時間を短縮してHDR映像制作を実現するインスタントHDRワークフロー※3にも対応します。
番組収録や取材撮影などで便利な機能として、進化した顔検出AF機能を搭載。人物以外の被写体も含めて撮影する場合に便利な「顔優先AF」モードに加えて、顔のみを追従する「顔限定AF」モードも新たに選択可能です。さらに、フォーカスを合わせたい人物の顔を登録することで、背景や他の人の顔に紛れることなく、撮影対象人物にフォーカスを合わせ続けることが可能です。

記録フォーマットは、XAVC-Intra 4:2:2 10bit(4K/HD)(『PXW-Z280』のみ)、XAVC-Long 4:2:0 8bit(4K)/4:2:2 10bit(HD)に対応し、より色彩豊かで細やかな描写を実現します。さらに、MPEG HD 422※4、MPEG HD※4、DVCAMなどの幅広いメインフォーマットに加え、最大9MbpsのXAVC Proxyにも対応します。また、新たに4K/HDの同時記録もできるようになり※4、4K XAVC収録時にHDを同時に収録することが可能です。
『PXW-Z280』はSxSカード※5、『PXW-Z190』はSDカードの2つのメモリーカードスロットを備えることで、「同時記録」や「リレー記録」、「バックアップ記録」を行うことができ、お客さまのワークフローや編集環境に柔軟に対応します。
マルチインターフェース(MI)シューは、ハンドル前方だけでなく後方にも新たに搭載。ビデオライトの装着と同時にワイヤレスマイク UWPシリーズ※6も併用できるなど、取材時の利便性が向上します。さらに、4chオーディオ入力にも対応し、ショットガンマイクとUWPシリーズの併用などXLRとMIシューの同時運用が可能です。
ワークフローの観点では、ネットワーク機能を更に強化し、2本のモバイルネットワークを束ねるDual Linkによる高品質なライブストリーミング※4※7が新たに可能になった他、ネットワークを用いたメタデータ連携※4や、撮影中のファイル転送にも対応※4※8しています。
ソニーは、4K実用放送開始を見据え、4K映像制作の市場の拡大及び映像資産の付加価値向上を図ってまいります。

  • ※1:ソニー調べ。2018年4月9日広報発表時点。
  • ※2:MPEG HD422 / MPEG HD 420への対応については、『PXW-Z190』は有償ライセンス『CBKZ-SLMP』が必要です。2018年12月のバージョンアップにて対応予定。
  • ※3:HLG方式によるHDR記録。
  • ※4:『PXW-Z190』は別途、有償ライセンス『CBKZ-SLNW1』が必要です。2018年12月発売予定。
  • ※5:『PXW-Z280』は、別売りのSDカードアダプター『MEAD-SD02』を使えばSDカード記録にも対応します。
  • ※6:別売り。
  • ※7:別途『PWS-110RX1』用の有償オプションが必要です。2018年12月のバージョンアップにて対応予定。
  • ※8:一部のフォーマットで撮影中は非対応です。

『PXW-Z280』 『PXW-Z190』共通 主な特長

4K HDR時代に対応した高い解像度と優れた描写力を実現

・4K60p収録対応のCMOSイメージセンサーExmor Rを3板式で搭載

3板式にすることで、色分離に優れた高精細で諧調のある4K画質を実現します。60p内部収録も可能になり、動きの速い対象を追う場合にも、くっきりと滑らかに捉えることができます。また4:2:2 10bit記録対応※9により、色彩と諧調豊かな描写を実現します。

  • ※9:『PXW-Z280』は4K/HD、『PXW-Z190』はHDのみ

・フォーカスの負担を軽減する、進化した顔検出AF機能を搭載

人物の顔を検出し、自動でフォーカスを合わせる顔検出AFが進化しました。人物以外の被写体も含めて撮影する場合に便利な「顔優先AF」に加え、今回新たに「顔限定AF」にも対応。顔を登録した人物を自動で検出、追尾してオートフォーカスすることが可能になりました。動きのあるイベントや人ごみの中など、4K撮影で要求されるシビアな取材現場においても、フォーカス合わせの負担を軽減できます。

・露出と被写界深度を自在にコントロールできる独自技術の電子式可変NDフィルターを搭載

独自開発のデバイスにより、簡単なダイヤル操作で、1/4から1/128まで、シームレスに光量変更が可能な電子式可変NDフィルターを搭載。可変NDフィルターだけで光量を調整できるため、絞りを固定し、被写界深度を変えずに最適な露出を得ることができます。

・インスタントHDRワークフローに対応※3

ポストプロダクションの時間短縮が可能なHDR映像制作を実現するインスタントHDRワークフロー※3に対応しています。従来よりも広いダイナミックレンジで撮影することで、視覚で捉えたイメージに近い輝度表現、コントラスト、色彩をもつ豊かな映像を残すことができます。インスタントHDRワークフローで記録した映像は、撮影後にカラーグレーディングを必要としないため、効率的なHDR映像の制作が可能です。また、『PXW-Z280』はS-Log3にも対応しており、カラーグレーディングを前提としたドキュメンタリーなどのアプリケーションにも適応します。

ENG制作ワークフローをさらに効率化する利便性と先進のネットワークソリューション

・MIシューを2系統搭載することにより、利便性が向上

MIシューをハンドル前方だけでなく、新たに後方にも搭載したことにより、2つのMIシュー対応アクセサリーの同時活用が可能になります。例えば、ワイヤレスマイクUWPシリーズ※6のワイヤレスレシーバーからバッテリーレス、ケーブルレスで音声信号を入力しながら、ビデオライト『HVL-LBPC』※6をカメラ本体の電源ON/OFFに連動させて点灯することが可能になるなど、軽量化と利便性が向上しました。

『PXW-Z280』と『URX-P03D』、
『HVL-LBPC』を組み合わせた使用例

・4chオーディオ入力に対応

ショットガンマイクとUWPシリーズ※6の併用などXLRとMI シューの同時運用による4chオーディオ入力にも対応。加えて、独立型ボリュームダイヤル※10を搭載し、外部入力やMIシューに装着したワイヤレス受信機の音声を自在に調整可能です。

  • ※10:『PXW-Z190』は1ch、2chのみ。
『PXW-Z190』と『ECM-VG1』、
『URX-P03D』を組み合わせた使用例

・ネットワーク回線を使ってのライブストリーミング/ファイル転送/リモートコントロールが可能

内蔵Wi-FiモジュールやEthernetコネクタ、市販の4G/LTEモデムを利用したフレキシブルなネットワーク運用が可能です※4。ソニー独自のQoS技術を用い、業務用カムコーダーとして初めて、2本のモバイルネットワークを束ねるDual Linkによる、高品質なストリーミング機能に対応しました※7。また、モバイルアプリケーション「Content Browser Mobile」を利用した、タブレットやスマートフォンからのリモートコントロール、遠隔再生、モニタリングが可能であると同時に、PCのWebブラウザからの機器の遠隔操作や、メディア残量等のステータス確認が可能です。REC状態でのFTP転送※4※11にも対応し、録画状態のまま運用を止めずに、撮影したファイルの転送ができます。

  • ※11:一部のフォーマットで撮影中は非対応です。

多彩な記録フォーマットへの対応と充実したインターフェースを搭載

XAVC-LongからMPEG HD422、MPEG HD※2、 DVCAMに加え、最大9MbpsのXAVC Proxyなど、多彩な記録フォーマットに対応します。また、新たに4K/HDの同時記録も可能になり※12、4K XAVC収録時にHDを同時に収録できます。加えて、『PXW-Z280』※5はSxSカード、『PXW-Z190』はSDカードの2つのメモリーカードスロットの搭載により、「同時記録」や「リレー記録」、「バックアップ記録」を行うことができ、お客さまのワークフローや編集環境に柔軟に対応します。
さらに、リモート端子も装備し、コンパクトライブスイッチャー「MCX-500」※6とリモートコントロールユニット「RM-30BP」※6との組み合わせによるタリー連携など、コンパクトなマルチカメラ運用を実現します。

  • ※12:『PXW-Z190』は60p記録時の4K+ MPEG HD同時記録は非対応です。4K (30p以下)+MPEG HDの同時記録には別途有償ライセンス『CBKZ-SLMP』が必要です。2018年12月のバージョンアップにて対応予定。

x2デジタルエクステンダー搭載

HDモード時に、4K解像度を利用した解像度劣化のない2倍のデジタルエクステンダーと光学ズームレンズを併用することで、『PXW-Z280』で34倍、『PXW-Z190』では50倍の高倍率ズームを実現します。

『PXW-Z280』の主な特長

4K対応ながら感度F12を実現した新開発1/2型イメージセンサーを3板式で搭載※13

新開発1/2型CMOSイメージセンサーを3板式で搭載することにより、4K収録に対応しながら従来機種『PXW-X200』と同じF12の高感度を実現しました。

  • ※13:4KはHigh Sensitivyモード時

フルマニュアル17倍レンズを搭載

35mm換算で、ワイド端 30.3mm~テレ端515mmの光学17倍ズームレンズを搭載。フォーカス/ズーム/アイリスの各操作リングには「フルマニュアルリング」を採用し、一般的なハンディタイプのカムコーダーのマニュアルリングのようなズーミングやフォーカシングの遅れがなく、操作に対するダイレクトなレスポンスと回転角度による直感的な操作が可能です。フォーカスリングは、前後にスライドし、オートフォーカスと、フルマニュアルフォーカスを素早く切り換えることができます。

4:2:2 10bitで4K収録可能な4K XAVC-Intraを搭載し、4KとHDの同時記録が可能

4:2:2 10bit(4K/HD)による高画質記録が可能な4K XAVC-Intraに対応、高効率に4K高画質映像の記録を実現しました。また、4K60p収録時も4KとHDの同時記録が可能です。

「12G-SDI」映像インターフェースに対応

HD運用時と同様に1本の同軸ケーブルで4K映像を伝送する映像インターフェース「12G-SDI」にも対応し、ライブイベントの収録にも適しています。

『PXW-Z190』の主な特長

操作性とコンパクトさを維持しながらズームレスポンスと4K高画質を実現

本機では、4K高画質を実現しながら、従来機種(『PXW-X180』、『PXW-X160』)から小型・軽量化を実現。さらに、ズーム応答性が向上した光学25倍レンズを搭載しています。

別途有償ライセンスによる機能拡張性

有償ライセンス『CBKZ-SLMP』のインストールにより、MPEG HD422 やMPEG HDの本体記録、4K 30p+HD(MPEG HD)の同時記録に対応。さらに2018年12月発売予定の有償ライセンス『CBKZ-SLNW1』により、『PXW-Z280』同等の、より高度なネットワーク機能に対応します。

『PXW-Z280』 『PXW-Z190』の主な仕様

『PXW-Z280』 『PXW-Z190』
イメージセンサー 1/2型 4K CMOS 3板式 1/3型 4K CMOS 3板式
マニュアルズーム時のレンズ駆動方式 メカ式 サーボ式
レンズ ズーム倍率 17x 25x
焦点距離 30.3 - 515mm 28.8-720mm
可変NDフィルター 1/4~1/128 ND
顔検出オートフォーカス
デュアルMIシュー
4ch オーディオ記録
Wi-Fi 5G/2.4G 内蔵
ストリーミング/ファイル転送 要有償オプション
『CBKZ-SLNW1』※4
HDR対応 HLG/S-Log3 HLG
SDI端子 12G SDI×1 3G SDI×1
記録フォーマット(メイン) XAVC-I, XAVC-L, MPEG HD 422/420, DVCAM XAVC-L, MPEG HD 422/420※2, DVCAM
記録フォーマット(プロキシ) XAVC プロキシ (~1080、9M)
記録メディア メイン SxS スロット x2 SD カードスロット×2
プロキシ SD カード SD カード

その他の仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください。

  • XDCAM、Exmor R、XAVCは、ソニー株式会社の商標または登録商標です。
  • その他記載されている会社及び商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客さまからのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株)業務用商品購入相談窓口

  • TEL
    0120-580-730(フリーダイヤル)
  • 受付時間
    9:00~18:00(土・日・祝日、及び弊社休業日は除く)
  • ソニー製品情報URL
  • XDCAMオフィシャルサイト
このページの先頭へ