報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2018年5月31日

プログラミングの楽しさを遊びながら学べる小学生向けワークショップイベント
「Sony STEAM Studio 2018」を開催

ソニーは、2018年7月28日(土)、29日(日)の2日間、ソニー本社ビル(東京都港区)にて、小学3年生から6年生を対象にワークショップイベント「Sony STEAM Studio(ソニースティームスタジオ) 2018」を開催します。「プログラミングからAI×ロボティクスまで、遊んで学ぶ。」をテーマに、IoTプログラミングキット「MESH™(メッシュ)」やロボット・プログラミング学習キット「KOOV™(クーブ)」を使ったワークショップのほか、ソニーのAI×ロボティクス関連商品である自律型エンタテインメントロボット“aibo™”(アイボ:ERS-1000)に触れることができるツアーやKOOVを使ったロボットコンテストの観戦などを通して、プログラミングの経験がないお子さまもプログラミングの楽しさを遊びながら学べるイベントです。

プログラミングからAI×Roboticsまで、遊んで学ぶ。「Sony STEAM Studio 2018」

2020年に小学校で必修化される「プログラミング教育」や、これからの時代に必要と言われている基礎能力を養う「STEAM教育」への関心が高まっています。その一方で、「難しそう」「よくわからない」と不安に感じている保護者も多いのが現状です。

  • Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の略

「Sony STEAM Studio 2018」は、難しい専門用語を使うことなく、遊びを通してプログラミングやAI、ロボティクスなどに自然と興味が持てる構成になっています。イベントの最後には「感じたこと・学んだこと」をワークシートに記入します。ワークシートは持ち帰り、夏休みの自由研究のきっかけとして活用できます。

ソニーは、「Sony STEAM Studio 2018」をはじめ、次世代を担う子どもたちの好奇心や創造性を育む機会や商品作りを通じて、「教育」の分野でも貢献をしてまいります。

Sony STEAM Studio 2018 実施概要

  • 日時
    7月28日(土)9:30~13:00、13:00~16:30
    7月29日(日)9:30~13:00、13:00~16:30
  • 場所
    ソニー本社ビル(東京都港区港南1-7-1)
  • 対象
    小学校3年生~6年生のお子様(各回定員: 30名×4回/計 120名)
  • 参加方法
    以下のURLよりお申込みいただきます。(参加費無料)
    >Sony STEAM Studio 2018
    申込締切日: 2018年6月30日(土)
  • イベント内容
    3つのプログラムをツアーでめぐり、様々な角度からプログラミングやAI、ロボティクスを体験することで、お子さまの興味を引き出し、理解を深めます。
  1. プログラミングワークショップ
    ソニーの教育関連商品であるMESHやKOOVを使い、少人数のグループで試行錯誤しながらアイデアを形にしていくワークショップです。直感的に使えるアプリケーションを利用するので、プログラミングの経験がないお子さまでも遊び感覚で学ぶことができます。
  2. AI×ロボティクスツアー
    ソニーのAI×ロボティクス関連商品であるaiboに触れたり、先端技術を体験したりできるツアーです。身近なものにもプログラミングが活用されているという気付きを促し、学ぶことへの関心を高めます。
  3. 「KOOV Challenge 2018」観戦
    「KOOV Challenge(クーブチャレンジ)」は、シンプルなブロックと自由なプログラミングを活用し、独創的な表現に挑戦する小学生向けのロボットコンテストです。同年代の子どもたちが頑張る姿を見ることで、お子さまの学習意欲を刺激します。

詳細は以下のサイトよりご確認いただけます。
>Sony STEAM Studio 2018

ワークショップで使用するソニーの教育関連商品について

  • MESH(メッシュ)
    MESHは、センサーやスイッチなどの機能と身近なものを組み合わせ、使う人それぞれのアイデアをプログラミングで実現できるツールです。新しい仕組みを生み出す創造力や日常の課題を解決する思考力などを、手を動かしながら楽しく学んでいくことができます。スタートアップの創出と事業化を支援するプログラム「Seed Acceleration Program(SAP)」を通じて2015年に事業化しています。
    (詳しくはこちら
  • KOOV(クーブ)
    KOOVはブロックで自由な「かたち」をつくり、プログラミングによってさまざまな「動き」を与えて遊ぶロボット・プログラミング学習キットです。ロボット制作の体験を通じて、子どもたちの創造性や探究心や、AI、ロボット時代を生きる思考力を育みます。株式会社ソニー・グローバルエデュケーションが手がけています。
    (詳しくはこちら
  • 記載されている会社および商品名等は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ