報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2018年9月14日

「国際放送機器展IBC 2018」 出展 4K/8K、HDR、IPライブ伝送など最新の映像制作ソリューションを提案

ソニー株式会社
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
ソニービジネスソリューション株式会社

ソニーは、オランダ・アムステルダムで、現地時間9月14日(金)から開催される国際放送機器展
「IBC(International Broadcasting Convention)2018」に出展します。

「Beyond Definition※1」をテーマに、次世代放送を見据えた最新製品群及び、高画質かつ高効率な映像制作ソリューションを幅広く提案します。会場では、横約6.8m×縦約2.7m、5K×2K構成のCrystal LEDディスプレイシステムにて8K 120p HDRや4K HDRで撮影した映像を上映し、これまでにない高画質と没入感による映像体験を提案します。

  • ※1:「Beyond Definition」には、これまでの枠組みを超えて映像ビジネスの可能性を追求するチャレンジの意志を込めています。

1. 4K/8K/HDRの高付加価値映像制作を実現するシステムとワークフロー

マルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-3500』『HDC-3100』、マルチパーパスカメラ『HDC-P50』【新商品】

歪みの少ない高速撮影を実現するグローバルシャッター機能を世界で初めて※2備えた新開発の2/3型3板式4Kイメージセンサー搭載のマルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-3500』と、同イメージセンサーを搭載し、小型軽量で設置場所の自由度が高いマルチパーパスカメラ『HDC-P50』を発売します。
併せて、新開発の2/3型3板式HDイメージセンサーにグローバルシャッター機能を搭載し、高感度・高画質撮影が可能なHDポータブルカメラ『HDC-3100』も発売します。

  • ※2:グローバルシャッター機能を搭載した、4K 2/3型3板式イメージセンサーとして。2018年9月14日広報発表時点。ソニー調べ。
『HDC-3500』

31型4K液晶マスターモニター『BVM-HX310』【新商品】

『BVM-X300』の画質性能、深い黒と正確な色再現を継承しながら、独自仕様のパネルと新開発のディスプレイ信号処理技術の組み合わせにより、4K HDR制作に適した全白1,000nitsと100万:1の高コントラストを同時に実現します。本機は、長年ソニーが業務用モニター開発で培った映像評価の基準となる画質と、高い信頼性を結集させた新技術である「TRIMASTER HX(トライマスター HX)」を搭載しています。

CineAlta『VENICE』対応エクステンションシステム『CBK-3610XS』【新商品】

映画制作用カメラ『VENICE』※3の撮影の自由度がさらに広がるエクステンションシステム『CBK-3610XS』を新たに展開します。エクステンションケーブルを介し、センサーブロック部分を本体から最長5.5m離して撮影することが可能です。これまで困難であった狭い場所での撮影など、映像表現の幅が広がります。本システムは、ジェームズ・キャメロン監督の次回作、「アバター」シリーズ続編の撮影にて使用されることが決定しています。

  • ※3:『VENICE』本体のファームウェアアップデートを2019年2月に実施し、既存のF55RAWからさらなる画質向上を果たしたX-OCN XTフォーマット、5.7K 16:9スキャニングモードの追加や、ワイヤレスリモートコントロールに対応するなど、画質と使い勝手の両面で進化します。

IP Liveプロダクションシステムを中心にライブソリューションを拡充

映像信号(音声、メタデータ、同期信号、制御)などをリアルタイムにIP伝送するIP Liveプロダクションシステムは世界各国で30システム以上の採用が広がっています。国内では静岡放送様、三重テレビ放送様のスタジオサブに続き、奈良テレビ放送様でもスタジオサブ・中継車での採用が決まりました。今年7月、IP Liveプロダクションシステムがサポートする信号伝送方式のひとつ、ネットワーク・メディア・インターフェイス(NMI)が、国内の通信・放送分野の標準化団体である一般社団法人 電波産業会ARIBの標準規格「ARIB STD-B73 1.0」として採択されました。今後ますます採用の加速が期待されています。 ブースでは、IP Liveプロダクションシステムに対応した4Kスタジオを構築し、遠隔地に構築したHDスタジオとあわせて、リモートインテグレーション(REMI:REMote Integration)のデモンストレーションを実施します。また、複数設備(今回は2つのスタジオ)を一元管理する統合管理システムを参考展示します。

  • IP Live プロダクションシステムは、NMIに加え、SMPTE ST 2110もサポートしています。

さらに進化したHDR映像制作ワークフロー“SR Live for HDR※4

ソニーは、スポーツ中継や音楽ライブなどのライブ映像制作領域において、4K HDR/HD HDR/HD SDRの映像を同時かつ効率的に制作することが可能なソリューション“SR Live for HDR※4”を推進しています。ブースでは、国内外で多数のHDR制作に活用されているマルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-4300』、HDRプロダクションコンバーターユニット『HDRC-4000』の2機種を中心に展示します。

  • ※4:SR Live for HDRのSRは、「Scene-Referred」と「Super Reality」の2つの意味を含んでいます。
    撮影した映像を、制作時も画質を損なわずにそのまま配信できるソリューションとして、これらの意味を込めています。
    ソニーはHDR制作において、4Kの高解像度、Ultra HD放送規格の色域(ITU-R BT.2020)に加えて、HDRのポストプロダクション工程において自由度の高いS-Log3の使用を推奨しています。S-Log3とは、ソニーが設計したLogカーブであり、ガンマカーブの一種です。ビデオ撮影において、暗部からハイライトで黒潰れ、白飛びすることなく撮影・収録し、ポストプロダクション工程において自由度の高いカラーグレーディングを行うことができるように、設計されています。

2. クラウドを活用したソフトウェアベースのメディアソリューション

ソニーが推進するクラウド時代の効率的な制作ワークフローについて、欧米で展開しているクラウドを活用したメディア業界向けソフトウェアベースのソリューションを多数展示します。

  • XDCAM air※5
    報道制作向けクラウドサービス
  • Media Backbone Hive※5
    ネットワーク制作システム
  • Media Backbone NavigatorX:
    コンテンツマネージメントシステム
  • Memnon※5
    テープ資産向けデジタイズ
  • オプティカルディスク・アーカイブ:
    映像資産の保存に加え、IoT分野などで増大が想定される
    ITデータを低消費電力で保存可能。
  • Virtual Production ※5
    ヨーロッパで開始したXDCAMカムコーダーからのストリーミング信号
    をクラウド上で受信し、インターネットへの動画配信ができるサービス。
  • ※5:日本国内でのサービス展開は未定です。
  • 記載されている会社及び商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ