報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2018年9月14日

忠実な色再現と100万:1の高コントラストを実現する
31型4K液晶マスターモニター発売

HDR制作に適した全白時1,000nitsと高コントラストを独自仕様のパネルと信号処理技術で両立

31型4K液晶マスターモニター 『BVM-HX310』

ソニーは、新開発の4K(4096×2160ピクセル)液晶パネルを用いた31型のHDR対応マスターモニター『BVM-HX310』を発売します。
本機は、4K映像制作の基準モニターとして高い評価を得ている30型4K有機ELマスターモニター『BVM-X300』の画質性能、深い黒と正確な色再現を継承しながら、独自仕様のパネルと、新開発の信号処理技術の組み合わせにより、4K・HDR制作に適した全白時1,000nitsと100万:1の高コントラストを同時に実現しています。

型名 発売日 希望小売価格(税別)
31型4K液晶マスターモニター 『BVM-HX310』 2019年1月 3,980,000円+税

『BVM-HX310』は、1本の同軸ケーブルで4K/60p映像を伝送する映像インターフェース12G-SDI※1に、ソニーの業務用モニターとして初めて対応します。色域ITU-R BT.2020※2に加えて、2018年12月開始の4K放送規格となるHLG(ハイブリッドログガンマ)、S-Log3、S-Log3(Live HDR)、SMPTE ST.2084など、主要なHDR方式(EOTF※3)をサポートします。
機能面では、編集後の映像の色味などを撮影現場でも確認できるユーザーLUT(ルックアップテーブル)に新たに対応しました。モニターを4分割して表示できる「Quad View(クアッドビュー)モード」を選択すれば、4種のLUTデータを当てた映像を一度に確認することが可能です。さらに、4K HDRの各種方式(EOTF※3)と、色域やRGBレンジなどを組み合わせた複雑なモニター設定を、SDI信号に重畳されているビデオペイロードID(VPID)に基づいて自動での切り替えも可能です。

本機は、クリエイティブなコンテンツ制作を望むプロの要望に応えるべく、長年ソニーが業務用モニター開発で培った映像評価の基準となる画質と、高い信頼性を結集させた新技術である「TRIMASTER HX(トライマスター HX)」を搭載しています。ソニーは、本機を新たな基準モニターとして、主に、放送局や映像制作プロダクションにおける品質管理、編集やカラーグレーディング、CG/VFX(特殊視覚効果)製作、クライアントの映像確認用途やライブ制作のプレビュー、プログラム確認用途として提案するほか、企業や大学などの商品開発や研究、産業用に提案してまいります。

  • ※112G-SDIとは、4Kの画像をシリアルデジタル信号として同軸1本のケーブルで、12ギガビット/秒の速度で伝送するインターフェースです。12G/6G/3G/HD-SDIに対応いたします。
  • ※2ITU-R BT.2020とは、ITU-Rで定められた映像フォーマットの規格です。
  • ※3Electro-Optical Transfer Functionとは、各放送方式における、電光変換関数(電気信号の信号レベルを光に変換する時の関数)を定めたものです。

『BVM-HX310』の主な特長

1. 正確な画質表現を追求したソニー独自仕様の新開発液晶パネルを搭載

本機は、30型4K有機ELマスターモニター『BVM-X300』の画質性能、深い黒と正確な色再現を継承しながら、ソニーならではの液晶パネル技術で、全白時の高い輝度表現を実現しました。

正確な色再現、広色域、深い黒、100万対1の高コントラストを実現

ソニー独自仕様の液晶パネル及びバックライト技術、新開発のパネル信号処理技術により、正確な色再現かつ広色域とピクセルひとつひとつが沈んだ正確な黒を再現します。100万対1の高コントラストで、映像を鮮明に表示します。

※画像はイメージです

全白時1,000nitsを実現

『BVM-X300』に対しピーク輝度のエリア制限が無くなり、4K・HDR制作に適した全白時1,000nitsが可能となりました。

高解像度、高コントラストな再現を損なわない表面処理

液晶表面に施したAR(アンチ・リフレクション)コーティングにより、スクリーン内部からの光の散乱を抑え、4Kの高解像度をありのままに再現します。また、画面の見づらさを生む外光の反射を抑えて、よりコントラストがくっきりと見やすい仕様になっています。

2. 12G-SDI※1対応

ソニーの業務用モニターでは初となる12G-SDI※1を、入力/出力で各2系統搭載。同軸ケーブル1本で4K信号を入力できます。

3. ユーザーLUT機能とQuad Viewモードを搭載

本機は、モニターコントロールユニット『BKM-17R』とLAN接続することで、複数のユーザーLUTを事前に 登録・保持し、任意のLUTデータを呼び出して映像に反映することが可能です。求めている色再現をロケ現場やポストプロダクションで共有することができ、撮影と編集の連携を深めます。
また、55型業務用4K有機ELモニター『PVM-X550』同様、「Quad Viewモード」を搭載。モニターを4分割表示し、各映像に合わせた設定値(EOTF※3、ユーザーLUT、色域、伝送マトリクス、色温度など)を分割画面ごとに適用することが可能です。SDRとHDRの各映像を同じ画面内で比較できます。

Quad View 適用設定例

4. ビデオペイロードID(VPID) による自動設定機能を搭載

4K HDRの各種方式(EOTF※3)と、色域やRGBレンジなどを組み合わせた複雑なモニター設定を、ビデオペイロードIDに基づいて自動切り替えすることが可能です。自動設定により、手動による人為的ミスの可能性を無くし、信号情報に基づき適切な設定を行います。

『BVM-HX310』の主な仕様

型名 『BVM-HX310』
ディスプレイパネル パネル 液晶パネル
画面サイズ 31.1型
表示エリア 698.0 x 368.1mm
アスペクト比 17:9
解像度(H×V) 4,096×2,160ピクセル
有効画素数 99.99%
パネルドライバー 10bit
視野角(パネルの仕様) 上89度、下89度、左89度、右89度(コントラスト>10:1, Typical値)
輝度(パネルの仕様) 1,000nits(Typical値)※4
色温度 D55, D61, D65, D93, DCI※5, User1~5(5,000~10,000K), DCI XYZ
カラースペース ITU-R BT.2020※6, ITU-R BT.709, EBU, SMPTE-C, DCI-P3※6, Native※7, S-Gamut3※6, S-Gamut3.cine※6
伝送マトリクス ITU-R BT.2020※8, ITU-R BT.709
EOTF 2.2, 2.4, 2.6, CRT, 2.4(HDR), S-Log3(HDR), S-Log3(Live HDR), S-Log2(HDR), SMPTE ST 2084, RGB(SG1.2), ITU-R BT.2100(HLG)
入力 SDI SDI1(3G/HD-SDI x4), SDI2(12G/6G/3G/HD-SDI x2, 3G/HD-SDI x2)
HDMI HDMI(HDCP2.3/1.4)(x1)
シリアルリモート(LAN) Ethernet(10BASE-T/100BASE-TX), RJ-45(x1)
出力 SDI SDI1(3G/HD-SDI x4)※9, SDI2(12G/6G/3G/HD-SDI x2, 3G/HD-SDI x2)※10
音声モニタ ステレオミニジャック×1
ヘッドフォン ステレオミニジャック×1
一般 電源 AC 100~240V, 50/60 Hz, 5.1~2.1A
消費電力 約450W(最大)
動作温度 0~35℃(推奨使用温度20~30℃)
動作湿度 30~85%(結露のないこと)
質量 約30Kg
外形寸法(幅×高さ×奥行) 778x519.5x230mm
  • 上記仕様は発表日時点の情報です。最終仕様と異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※4D65設定時
  • ※5DCI:x=0.314, y=0.351
  • ※6色域のRGB色度点は完全に包含されていません。
  • ※7『BVM-HX310』独自の色度点です。『BVM-HX310』として最も広色域のカラースペース設定です。
  • ※8非定輝度に対応します。
  • ※9SDI1とSDI2のスイッチドアウトです。但し、SDI2に3G/HD信号が入力されている場合に限ります。
  • ※10スルーアウトです。

その他の仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください。

  • その他記載されている会社及び商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ