SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2018年9月25日

Suicaと地域交通ICカード機能を併せ持つ2in1カード「地域連携ICカード」実現の取り組みについて

東日本旅客鉄道株式会社
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
JR東日本メカトロニクス株式会社

東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR東日本」)、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社(代表取締役社長:石塚茂樹、以下「ソニー」)及び、JR東日本メカトロニクス株式会社(代表取締役社長:椎橋章夫、以下「JR東日本メカトロニクス」)は共同で、Suicaと各地域の交通系ICカードを1枚のカードにまとめられる2in1カード「地域連携ICカード」とその発行システムの開発を行い、2021年春の提供開始を目指します。

三社は協力して地域の多様なサービスとSuicaの結びつきを高め、地域特性に応じた安全でシームレスな生活交通ネットワークの構築に取り組んでいきます。

今回開発する「地域連携ICカード」は、バスの定期券や各種割引等の地域独自サービスと、Suicaエリア等で利用可能な乗車券や電子マネー等のSuicaのサービスを、1枚のカードで利用可能とするものです。

現在、国内では、2013年に始まった全国10種類の交通系ICカード相互利用サービスにより、Suica1枚で公共交通機関を利用できるエリアが大幅に拡大しています。しかし、導入費用や運用面の課題により、交通系ICカードがまだ導入されていない地域も存在します。
そこで、地域交通事業者による交通系ICカード導入を促進するため、三社は各地域のIC乗車券とSuicaの基本機能が1枚のカードに共存できる新たな「地域連携ICカード」を開発します。地域交通事業者は1枚のカードで地域交通に必要な独自サービスを提供しながらSuicaの既存インフラを活用できるため、システム投資を抑え、運用に関する負担の軽減が可能となります。

【地域連携ICカード】

JR東日本 → 導入サポート
・ソニー → FeliCa OSの拡張
・JR東日本メカトロニクス
→ 発行に関する開発等

地域交通機能 Suica乗車券機能 電子マネー機能
  • 地域交通定期
  • 独自ポイント等
  • Suica定期券
  • SF利用等
  • Suica加盟店での
    電子マネー利用

JR東日本は、これまでSuicaで培ってきた知見を活用し、地域交通事業者による「地域連携ICカード」の導入をサポートします。そして、地域ニーズに応じ必要な機能を組み合せてSuicaの共通基盤化を進め、多様なサービスを利用できる環境の実現を目指します。
ソニーは、FeliCa技術を通じて交通系ICカードに貢献してきました。今回、ICカードに必要なFeliCa OSの機能を拡張し、「地域連携ICカード」実現のための技術開発を担うことで、交通市場におけるICT化推進サポートに取り組んでいきます。
JR東日本メカトロニクスは、交通系ICカードの発行を担っており、今回、新機能のICカードへの実装、試験および検証と、ICカード発行に関する設備開発を行います。

国内における交通系ICカードの利用シーンが拡大することにより、地域の利用者のみならず、訪日外国人旅行者等の来訪者の利便性も大きく向上することになります。
JR東日本、ソニー及びJR東日本メカトロニクスは、今後も交通系ICカードによるお客さまサービスの向上と、地域の活性化に積極的に取り組んでまいります。

  • *記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ