報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2018年11月6日

音楽と最新技術を融合させて、新しい音楽体験を提供する
ブランドプロモーション“Lost in Music”第三弾を11月よりニューヨークで開始

アーティストによるビデオシリーズなどをグローバルに配信

ソニーは、最新の技術を活用して音楽ファンに新しい体験を届けるブランドプロモーション“Lost in Music”(ロスト・イン・ミュージック)※1の第三弾を開始します。本プロモーション活動では、11月15日から来年2月10日まで※2、米国ニューヨーク・マンハッタンのSOHO地区(201 Mulberry St. New York, NY)に、ソニーミュージックのアーティストの音楽とソニーの最新技術を融合させた新しい音楽体験を提供する期間限定スペースを開設します。
同スペースでは、新世代クリエイター/ヒップホップ集団エイサップ・モブの中心的メンバーとして活動するエイサップ・ファーグを始め、様々なソニーミュージックのアーティストが毎週ライブパフォーマンスを行います。また、YouTubeで“Lost in Music”ならではのビデオシリーズ※3を毎週配信し、最新技術の情報とともにアーティストのインタビューやパフォーマンスを世界中にお届けします。同スペースでは、来場者の心拍数をベースにしたリズムに、声や楽器の音を加えて、世界に一つしかない音楽を作り出します。作成された音楽はダウンロードして持ち帰ることも可能です。さらに、ソニーのマルチディメンションオーディオ技術により、まるで全方位から音が聞こえるかのような、立体的で没入感ある音楽体験を楽しむことができます。その他、会場ではソニーの最新のオーディオ製品の試聴コーナーも設けます。

  • ※1「音楽に浸る」の意。没入感ある音楽体験を表現した、ブランドプロモーションの名称です。
  • ※2現地時間。期間限定スペースは、期間中毎週木曜日から日曜日の12:00~22:00にオープン予定です。
  • ※3映像には日本語字幕がつきます。

また、2月6日、7日に開催する本プロモーション活動のフィナーレとして、同じくマンハッタンにある音楽ライブ施設“Sony Hall”(ソニーホール)でソニーミュージックのアーティストによるライブイベントを開催する予定です。ライブおよび、フィナーレイベントに出演するアーティストの詳細やチケット情報はウェブサイトで順次公開予定です。

  • ソニー株式会社 ブランドデザインプラットフォーム VP ブランドコミュニケーション担当 冨田みどりのコメント:
    「“Lost in Music”の目的は、技術の活用を通して、皆さまにより深く音楽を楽しんでいただくことです。3回目となる今回は、会場への来場者や毎週配信するビデオシリーズの視聴者とアーティストがより一体となって楽しめるような企画を予定しています。特に、ビデオシリーズを通して、世界中のより多くの皆さまに技術と音楽の融合によるユニークな体験をお届けしたいと思います。」
  • エイサップ・ファーグのコメント:
    「昨年3月にテキサスで開催された『SXSW(サウス バイ サウスウエスト)2017』で、“Lost in Music”のライブイベントでパフォーマンスをしましたが、“Lost in Music”の会場は最高でした。今回はSOHO地区のスペースで、ファンの皆さんに新しい体験をしていただき、一緒に盛り上がれることを心待ちにしています。」
このページの先頭へ