報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2018年12月3日

ソニーの「Seed Acceleration Program(SAP)」
社外のスタートアップに対する支援を拡充

京セラ株式会社の新規事業プロジェクトにサービスを提供

ソニーは、スタートアップの創出と事業運営を支援する「Seed Acceleration Program(シード・アクセラレーション・プログラム)」(以下、SAP)を通じて、社外のスタートアップへ事業化に向けた支援サービスを提供しており、京セラ株式会社(以下、京セラ)の新規事業プロジェクトにサービスを提供するなど、社外支援を拡充しています。
今回、当社オフィス内に社外の新規事業プロジェクトが常駐できる専用スペースを新たに設け、第1号案件として、京セラの新規プロジェクトが入居しました。ソニーのアクセラレーター(事業化支援者)とともに新規アイデアの事業化に向けた検証を進めます。

加えて、社外支援を拡充するために、SAPを運営する当社Startup Acceleration部門内に、Open Innovation & Collaboration部を設置しており、ソニーグループ外の企業が立ち上げる新規事業プロジェクトに対しても、ソニーグループ内同様のスタートアップ支援サービスの提供が可能な体制が整っています。

また社外支援の一環として、クラウドファンディングとEコマースの機能を備えた当社WEBサイト「First Flight(ファースト・フライト)」を通じて、
株式会社ラングレス、ドリコス株式会社、株式会社BYDのスタートアップ3社のマーケティング支援も現在行っています。

ソニーは、SAPの仕組みをソニーグループ内外に展開し、その内容をより充実させることで、オープンイノベーションを推進し、斬新かつ革新的なアイデアやサービスが多く生まれるようサポートします。
加えて、SAPの取り組みを通じて、スタートアップが常に生まれるインフラと文化の構築や次代を担う起業家人材の育成に努めてまいります。

Seed Acceleration Program(SAP)について

SAPは、2014年の活動開始から、ソニーグループの日本および欧州地域において、約700件の新規事業案件を審査、これまでに33件を育成し、13の事業を立ち上げてきました。これらの事業育成や立ち上げを通じて培ってきた経験やノウハウを本プログラムに反映することで、持続的に新しい事業を生み出していける仕組みの構築を進めており、そのプログラム内容は日々進化しています。
現在のSAPには、アイデア創りを支援する”Ideation(アイディエーション)”、事業化に向けた検証と準備を支援する”Incubation(インキュベーション)”、クラウドファンディングや販売などを支援する”Marketing(マーケティング)”、そして他社連携や協業、出資などを実行する”Alliance(アライアンス)” という4つのスタートアップ支援の柱があり、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンスに至るまで総合的に支援する仕組みが整っています。

  • 本文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ