報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年1月8日

全方位からの音に包まれる新たな音楽体験「360 Reality Audio」を展開

オブジェクトベースの空間音響技術を活用、コンテンツ制作や配信、楽曲再生まで一貫して提案

ソニー株式会社
ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社

ソニーは、オブジェクトベースの空間音響技術を活用し、全方位からの音に包まれる新しい音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」を、2019年1月8日(米国現地時間)から米国・ラスベガスで開催される「CES 2019」で発表します。
「360 Reality Audio」について、ソニーは主要音楽レーベルや音楽配信サービス※1などと連携し、対応コンテンツの制作から配信、再生に至るまでの技術提供を通じて、エコシステムの形成を進めます。また、クリエイターやアーティスト、音楽ファンに向けてこの音楽体験を広く提案し、新しいエンタテインメントの創出を目指してまいります。

  • ※1Deezer(ディーザー)、nugs.net(ナグズネット)、Qobuz(コボス)、TIDAL(タイダル)の計四つのサービスから提供予定。

「360 Reality Audio」とは

ソニーのオブジェクトベースの空間音響技術で、アーティストがライブ演奏をする場に入り込んだかのような、臨場感豊かな音場を実現する新たな音楽体験です。
コンテンツの制作時には、アーティストやクリエイターの創造性や音楽性に従って、ボーカル、コーラス、楽器などの音源に距離や角度などの位置情報を付けて全方位に配置することが可能です。
コンテンツの再生時には、制作意図が反映された、360°全ての方向から音が届く体験を楽しめます。

ソニーが提供する「360 Reality Audio」のエコシステム

コンテンツ制作

ソニーはコンテンツ制作ツールを提供することで、主要音楽レーベルなどと対応コンテンツの整備と拡充を進めてまいります。過去の楽曲でもマルチトラック音源であれば、制作ツールで「360 Reality Audio」に対応可能です。

配信フォーマット

音楽配信に最適化したフォーマットの公開を予定しています。欧州最大の応用研究機構に属しているフラウンホーファー IISの協力のもと、国際標準であるMPEG-H 3D Audioに準拠します。

対応音楽配信サービス※1

各音楽配信サービスのプレミアムサービスで配信予定です。

対応機器

ソニーは、様々なオーディオ機器の対応を検討していますが、まず、ヘッドホンやワイヤレススピーカーでの技術開発を進めてまいります。
ヘッドホンの場合、「360 Reality Audio」対応のコンテンツがあれば、専用機器の必要なく、従来のヘッドホンでは実現困難だった臨場感のある音場を再現します。ただし、より良い体験のためには、個人の聴感特性を計測し、再生音に信号処理を施すことが必要となります。そのため、スマートフォンで耳の画像を撮影し、簡単に個人の聴感特性を解析するアプリケーションの開発も進めています。
スピーカーの場合、全方向に音を放射するスピーカーシステムで再生可能となる予定です。

また、他社のオーディオ機器でも、ソニーの公開する配信フォーマットに対応すれば「360 Reality Audio」が再生可能となります。中でもヘッドホンは、対応配信サービス※1のアプリケーションを使用するだけで再生可能となる予定です。

フラウンホーファー IIS オーディオ&メディア技術事業部 ディレクター バーナード・グリル氏のコメント

リスナーに全く新しい音楽の聴き方をお届けする、革新的なプロジェクトの一員となれることに興奮しています。MPEG-H 3D Audioに準拠したソニーの「360 Reality Audio」は、創造性に富んだ、最先端の音楽体験を提供します。MPEG-Hオブジェクトベースオーディオを使うことで、ボーカル、楽器などの音をリスナーの周囲に配置することができ、これまでにない没入感を楽しめます。「360 Reality Audio」で、ソニーは音楽好きやクリエイティブな方々に向けた、先駆的なサービスを提案します。

ソニー・ミュージックエンタテインメント グローバルデジタルビジネス・USセールス担当社長 デニス・クッカー氏のコメント

ソニー・ミュージックは、ソニーと共に「360 Reality Audio」の拡大をサポートできることを喜ばしく思います。私たちは、消費者の音楽体験の向上につながる高品質なオーディオ・ソリューションを長年待ち望んできました。この360°全ての方向から音が届くフォーマットは、お好みの音楽をより臨場感をもって楽しみたいと願う音楽ファンにとって、エキサイティングで新しい選択肢となるでしょう。私たちは、いっそう多くの音楽配信サービスプロバイダーとともに、私たちのアーティストの楽曲を、ストリーミングで楽しめる「360 Reality Audio」でお届けしていきたいと考えています。

ワーナーミュージック・グループ ビジネスディベロップメント チーフデジタルオフィサー&エグゼクティブバイスプレジデント オーレ・オーベルマン氏のコメント

私たちは常に、アーティストの音楽を広めるための新しい方法を探しています。様々な音楽の聴き方を育むことは、アーティストやそのファンにとって素晴らしいことです。ソニーの360 Reality Audioは、音楽配信サービスに新たな展開をもたらし、音楽を愛する人々に対して、他では得ることのできない高品質な体験を提供するでしょう。私たちは、360 Reality Audioのあり方に感銘を受け、この新たな技術の展開を喜んでサポートします。

その他の詳細は、下記URLからご確認ください。

このページの先頭へ