報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年4月9日

世界最大規模のデザインイベント「ミラノデザインウィーク」に出展

人とロボティクスの関係性についての新しいビジョンを提案

ソニー株式会社は、2019年4月9日~14日にイタリア・ミラノで開催される世界最大規模のデザインイベント「ミラノデザインウィーク 2019」に出展します。「Hidden Senses(隠された感覚)」というテーマで出展した昨年に続き、今回は「Affinity in Autonomy <共生するロボティクス>」というテーマのもと、人とロボティクスの関係性についての新しいビジョンを提案します。
会場は5つの展示(Interaction)から構成されており、人とロボティクスの親和性が高まっていく過程を表現しています。展示は、暗闇の中で人の動きに対応して変化する映像と音の体験から始まり、最後はカラフルに色づく外光に満たされた空間で、人とロボティクスが共生する社会の豊かさや心の豊かさを表現します。

各展示の紹介動画はこちらをご覧ください。

5つの展示構成

Interaction 1:Awakening<意識>

暗闇の中にロボティクスの知性の表現として光や音が現れ、人をセンシングして反応し、これからはじまるロボティクスとの未知のふれあいに誘います。

Interaction 2:Autonomous<自律>

自由にふるまう振り子のロボティクスには、意志が芽生えています。自律性をそなえたロボティクスが、人の存在に反応し、視線を向けるように動きを変化させます。

Interaction 3:Accordance<協調>

それぞれに異なった個性をもつ、球体のロボティクスたちが、人と連動し、互いに連携し、協調して行動します。予測できない動きから、コミュニティの姿が浮かび上がります。

Interaction 4:Affiliation<共生>

ロボティクスが、人とのインタラクションで感情を変化させ、知性を発達させます。生命感をそなえたロボティクスと共生する社会や心の豊かさをご体感いただけます。

Interaction 5:Association<連帯>

ロボティクスは生活の中だけでなく、インフラストラクチャーとして社会へと浸透していきます。最後の展示エリアでは、ロボティクスが来場者に今回の展示に関するフィードバックを伺います。

展示に応用している主な技術について

本展示のテーマである「共生するロボティクス」を実現するために、ソニーが強みとするイメージセンサーの技術を応用しています。裏面照射型ToF方式距離画像センサーや、グローバルシャッター機能搭載CMOSイメージセンサー採用のステレオカメラで、人とロボティクスを取り巻く環境をセンシングし、インタラクティブな新たな体験を実現しています。

  • 裏面照射型ToF方式距離画像センサー
    ToF方式を採用したイメージセンサーは、センサー側にある光源から発した光が対象物で反射し、センサーに戻るまでの光の飛行時間(時間差)を画素ごとに距離情報として検出することで、高精度な距離画像を取得することができるセンサーです。反射光信号の読出精度を上げるための画素技術と、裏面照射型CMOSイメージセンサーの画素技術を融合させることで、集光効率の向上とともに、測距のための高速な処理を可能にしました。
    詳細情報はこちら
  • センシング向けグローバルシャッター機能搭載CMOSイメージセンサー(IMX418)
    このセンサーは、低消費電力で、かつフォーカルプレーン歪みのないグローバルシャッター機能を搭載しています。縦横比1:1の画角を採用することで、HMD、ドローン、自律走行ロボットなど、複数のセンサーを同時に使用する場合でも、前後上下左右のカメラの取り付け位置によらず、カメラの傾きで生じる画像情報の欠落を最小にすることができます。
    詳細情報はこちら

ミラノデザインウィーク2019 出展概要

  • 展示名:
    「Affinity in Autonomy <共生するロボティクス>」
  • 会期:
    2019年4月9日(火)~14日(日)
  • 会場:
    Spazio Zegna, Via Savona, 56/A, Milano
  • ウェブサイト:
  • Instagram:

ソニーデザインについて

ソニーは、創業して間もなくデザインの重要性をいち早く認識し、デザイン室(現:クリエイティブセンター)を1961年に設立しました。「人のやらないことをやる」というソニーのDNAのもと、クリエイティブセンターはエレクトロニクスからエンタテインメント、金融などの事業領域に活動の幅を広げ、ブランドやインターフェースを含め、多岐に渡るデザインを行っています。私たちは、より豊かで心地よいライフスタイルの実現や、デザインとテクノロジーとの融合によってもたらされる新たな体験の創造を目指します。

このページの先頭へ