報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年5月17日

フルカラーでの描画と消去を繰り返し行えるフィルムを開発

ユーザーの好みに合わせた様々なカラー加飾デザインを実現

ソニーは、フルカラーでの描画と消去が繰り返し行えるフィルムと、それを高速で実現するレーザー照射技術を新たに開発しました。本フィルムとレーザー照射技術を用いることで、ユーザー一人ひとりの好みに合わせたデザインやカラーバリエーションを実現します。また、繰り返し描画が行えるため、ユーザーの興味や嗜好の変化に応じて、デザインや色を後から変更することも可能です。

今回開発したフィルムは、レーザー光を熱に変換する光熱変換剤と、シアン、マゼンダ、イエローの各色を有するロイコ染料、熱によってその発色状態を変化させることのできる材料等をソニー独自の技術で配合、積層することで実現しました。熱による発色状態の変化で描画を行うため、階調は段階的なドット表現ではなく細やかな濃淡で表現できます。写真画質レベルの鮮やかな色彩表現が可能です。

加えて、非接触のレーザー光を用いるため、様々な形状に対応し、デザインの自由度を高めます。従来の印刷技術では困難であった透明なガラスやプラスチック越しでも描画可能で、ガラス等の素材本来がもつ高品位な表面質感を保ったまま様々なデザインやカラーバリエーションを表現できます。また、本開発品は加飾用途以外でも、フルカラーで繰り返しでの描画が求められる様々な応用先への展開が考えられます。

印刷した写真画質並みの
フルカラー高解像度での描画を実現
様々な形状での描画が可能
(透明なプラスチックの下に描画)

ソニーは、今後もテクノロジーを通じて、新たな価値創造を続けてまいります。

本成果は、2019年5月12日(日)から米国カリフォルニア州サンノゼで開催されているディスプレイ関連学会SID(Society for Information Display)のDisplay Week 2019にて、Distinguished Paperに選出され、現地時間5月16日(木)に当学会にて発表しました。

このページの先頭へ