報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年6月6日

ソニーと東急電鉄が、写真家・森山大道氏と共にアート共創プロジェクト
「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」を実施

次世代クリエイターを発掘・支援し、渋谷を舞台にアートエキシビションを開催

© Daido Moriyama photo foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

ソニー株式会社(以下、ソニー)は、東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)と、世界的に活躍する写真家・森山大道氏と共にアート共創プロジェクト「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN(ネクストジェン)」を実施します。本プロジェクトは、未来を担う次世代クリエイター(NEXT GEN)を発掘・支援するとともに、8月には渋谷を舞台に新たな都市型アートエキシビションを提案します。開催場所は東京・渋谷駅周辺で、期間は6月6日(木)から9月初旬です。

  • プロジェクトの詳細および、終了時期は、本日開設されるオフィシャルサイトにて、7月中旬頃公開いたします。

ソニーは、本プロジェクトのメインイベントとなる8月のアートエキシビションを共に創りあげていく次世代クリエイターの公募を6月6日(木)より開始します。18歳~25歳を対象にした応募者から提出された写真・映像作品などをもとに、森山大道氏などを審査員として、共創するクリエイターを選考します。選出者は、8月のアートエキシビションの場や、渋谷モディ内にあるソニーの情報発信拠点“ソニースクエア渋谷プロジェクト”、渋谷モディ壁面大型街頭ビジョン“ソニービジョン渋谷”、米国 ニューヨークの“Sony Square NYC(ソニースクエア エヌワイシー)”での作品展示の機会も得ることができます。公募の詳細については、ソニー「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」サイトをご覧ください。

併せて6月6日(木)より、ソニースクエア渋谷プロジェクトでは、新進気鋭の若手フォトグラファー8名が渋谷を舞台に制作した新作を日替わりで展示する「TODAY is -Next Generations of DAIDO MORIYAMA-」を開催します。デジタルネイティブ世代でもあるフォトグラファーたちが、「TODAY=今」をテーマに「渋谷の今」を写した作品を、毎日更新しながら、展示会場内にアーカイブしていきます。会期終了となる7月29日(月)までに400枚以上の作品で会場が埋め尽くされる予定です。まさに、森山大道氏のスナップ写真に対する考え方の一つである「量のない質はない」という言葉を具現する企画展です。
なお、会場では、高音質ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WH-1000XM3』を使用し、フォトグラファー自身による毎日更新される解説が音声ガイドとともに楽しめます。また、学生などを対象に、若手フォトグラファーによるストリートスナップのワークショップなどを開催し、未来を担うクリエイターの支援と共創の促進を図ります。

そして8月には、メインイベントとして、渋谷駅周辺(場所の詳細は7月中旬公開予定)で、「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」プロジェクトのアートエキシビションを開催します。未来を担う次世代クリエイター(NEXT GEN)とともに、渋谷の街でヒトと街、アートなどが融合する、世代やジャンルを超えた表現の場を創り出します。

ソニーはこれまで、エンタテインメントとテクノロジーの融合や、インタラクティブな参加型の体験などを通して、渋谷の街を訪れる人の好奇心を刺激する情報発信拠点“ソニースクエア渋谷プロジェクト”の開設(2017年4月)や、渋谷の街全体でクリエイティビティを育む産官連携プロジェクト「#SCRAMBLE(#スクランブル)」に参画(2018年10月)するなど、若者が集まる渋谷で、さまざまな活動を行ってきました。2019年も引き続き、渋谷を舞台に新しいイベントや試みを行っていく予定です。

SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」プロジェクト概要

  • 開催期間:
    6月6日(木)~9月初旬
  • 内容:
    ・6月6日(木)~7月29日(月)にソニースクエア渋谷プロジェクトで開催される「TODAY is -Next Generations of DAIDO MORIYAMA-」
    ・8月初旬~9月初旬にソニースクエア渋谷プロジェクトで開催される公募で選ばれた次世代クリエイターの作品展示
    ・8月に渋谷駅周辺で開催される「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」アートエキシビション

「TODAY is -Next Generations of DAIDO MORIYAMA-」概要

  • 開催期間:
    6月6日(木)~7月29日(月)
  • 会場:
    ソニースクエア渋谷プロジェクト
    東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ1階
  • 時間:
    11:00~21:00 
    ※6月6日(木)のみ13時より一般オープン
  • 料金:
    無料
  • 内容:
    若手フォトグラファー8人による渋谷を舞台に制作した作品展示
    若手フォトグラファーが、本プロジェクトのために渋谷を舞台に独自の視点で制作した新作が期間中毎日アップデートされる展示です。また、高音質ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WH-1000XM3』で聞く、フォトグラファー自身による作品に関する音声ガイドも毎日更新されます。
    参加フォトグラファーは、草野 庸子、市田 小百合、顧 剣亨(コ・ケンリョウ)、小林 健太、山谷 佑介、川合 穂波、チャーリー・エングマン、三保谷 将文です(敬称略)。
    各フォトグラファーのプロフィールは、以下をご参照ください。
  • Instagram連動プログラム「SHIBUYA PHOTO SCRAMBLE」
    会場内には、一般のお客様が撮影した写真をInstagramに投稿していただくことで、モニターに展示されるInstagram連動プログラム「SHIBUYA PHOTO SCRAMBLE」を設置。お客様自身がクリエイターとして常に変わり続ける展示に参加し、テーマである「TODAY is」(渋谷の今)を体感いただけます。
  • ワークショップイベント
    新進気鋭のフォトグラファーと未来のクリエイターである学生との交流・育成の場として、ソニーのデジタル一眼カメラα7シリーズやデジタルスチルカメラRX100シリーズなどを使用したストリートスナップのワークショップや、フォトグラファーによるトークショーなどを期間中に予定しています。第1回は6月29日(土)、顧 剣亨氏によるワークショップが開催されます。
  • 開催日:
    第1回6月29日(土)、第2回7月6日(土)、第3回7月20日(土)、第4回7月27日(土)
  • 定員:
    第1回~第4回 各10名程度
  • 対象:
    写真を学んでいる学生やアマチュアフォトグラファー
  • 参加費:
    無料
  • ワークショップについて詳細は、各イベント日の約2週間前より下記にてご案内いたします。
    ソニースクエア渋谷プロジェクト公式Twitter:@SonySquareSP

森山大道氏プロフィール

1938年大阪生まれ。写真家・岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て64年独立。写真雑誌などで作品を発表し続け、67年「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞受賞。68-70年には写真同人誌『プロヴォーク』に参加し、ハイコントラストや粗粒子画面の作風は“アレ・ブレ・ボケ”と形容され、写真界に衝撃を与える。 以降、近年に至るまで国内外の美術館での展覧会多数。2019年ハッセルブラッド財団国際写真賞受賞。主な写真集に『にっぽん劇場写真帖』 (1968)、『写真よさようなら』、『狩人』(1972)、『光と影』(1982)などがある。個人写真誌『記録』は1972年のNo.1に始まり、73年のNo.5で一時中断~2006年11月のNo.6 から復刊し、現在も継続出版中。最新号はNo.41。近年は『無言劇』、『Pretty Woman』(2017)、『Tights in Shimotakaido』、『Lips! Lips! Lips!』 (2018) などを出版。

  • 本日、同プロジェクトに関するリリースを東京急行電鉄株式会社からも配信しております。予めご了承ください。
このページの先頭へ