報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年6月26日

世界最小※11/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、
低照度性能を向上した2タイプを商品化

カメラの高い画像認識・検知性能により、 スマートシティや防犯・交通監視システムの安全性の向上に貢献

ソニーは、今後のスマートシティの拡大を踏まえ、防犯・防災、交通、商業施設を始めとしたさまざまな監視用途で急速に普及が進むセキュリティカメラ向けに、4K解像度で世界最小※11/2.8型の積層型CMOSイメージセンサー『IMX415』を商品化します。加えて、4K解像度で従来比※23.3倍の高い低照度性能を実現する、1/1.2型裏面照射型CMOSイメージセンサー『IMX485』もあわせて商品化します。
セキュリティカメラは、さまざまな場所での需要の増加を背景に、設置場所を選ばない小型でかつ高い画像認識・検知性能がより一層求められており、今後のAIによる画像認識を用いた異常検知や行動解析においても、そのニーズは顕著になることが想定されます。
ソニーは、これまで難しいとされてきた、4K解像度での高い画像認識・検知性能と低照度性能の両立を小型で実現し、多様なシーンでの高画質撮像を可能にするCMOSイメージセンサーのラインアップを拡充することで、幅広いセキュリティカメラの展開に貢献します。

  • ※1:セキュリティカメラ用途の4K解像度のCMOSイメージセンサーにおいて。
  • ※2:当社の1/1.8型有効842万画素CMOSイメージセンサー『IMX334』との比較。
セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサー 『IMX415』(左) 『IMX485』(右) セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサー

『IMX415』(左) 『IMX485』(右)
型名 サンプル出荷時期 サンプル価格(税抜き)
1/2.8型(対角6.43mm)有効約846万画素※3
積層型CMOSイメージセンサー『IMX415』
2019年4月 2,500円
1/1.2型(対角12.86mm)有効約842万画素※3
裏面照射型CMOSイメージセンサー『IMX485』
2019年7月 10,000円
  • ※3:イメージセンサーの有効画素規定方法に基づく。

一般的に画素の微細化を進めると、1画素あたりの集光効率が悪くなり、感度が低下します。本商品では、独自の高感度・低ノイズ技術を駆使し、画素サイズを従来比※4約80%の1.45um角に微細化することで、4Kの高精細でありながら、世界最小※11/2.8型を優れた低照度性能で実現した積層型CMOSイメージセンサー『IMX415』を新開発しました。
一方、裏面照射型CMOSイメージセンサー『IMX485』は、最新の画素技術を適用した低ノイズ化により、4K解像度で従来比※23.3倍の高い低照度性能を実現し、暗い環境でも高い画像認識・検知が可能な、ハイエンドの4K対応セキュリティカメラ向けに商品化します。
今回開発したCMOSイメージセンサーが、さまざまな用途に搭載されることで、セキュリティカメラの4K化を促進し、市場拡大に貢献していまいります。

  • ※4:当社の1/2.5型有効約851万画素CMOSイメージセンサー『IMX274』との比較。

主な特長

世界最小※11/2.8型のセキュリティカメラ向け4K積層型CMOSイメージセンサー『IMX415』

セキュリティカメラ向けとして、世界最小※11/2.8型で4K解像度を実現するCMOSイメージセンサーを新開発しました。独自の高感度・低ノイズ技術を駆使し、画素サイズを従来比※4約80%の1.45um角に微細化することで、1/2.8型の小型でありながら、低照度性能が従来のCMOSイメージセンサー※4に比べて1.5倍向上しました。また、低ノイズ回路を搭載した積層型構造を採用することで、暗いシーンでも鮮明な映像の撮像が可能となります。1/2.8型は、小型で設置場所を選ばず、セキュリティカメラ用途で需要の高いラインアップです。

IMX415の画像(左)

IMX415の画像(左)

IMX415の画像(左)  従来(IMX274)の画像(右)

従来(IMX274)の画像(右)

従来(IMX274)の画像(右)

高い低照度性能を実現する、1/1.2型4K裏面照射型CMOSイメージセンサー『IMX485』

4K解像度で高い低照度性能を実現する、1/1.2型のCMOSイメージセンサーを新開発しました。画素サイズを従来比※22.1倍の2.9um角にし、最新の画素技術を適用した低ノイズ化により、低照度性能が従来のセキュリティカメラ向けCMOSイメージセンサー※2に比べて3.3倍と飛躍的に向上しました。これにより、暗いシーンでも物体を正確に検知し撮像できます。ハイエンドの4K対応セキュリティカメラ向けに、新たなイメージセンサーの光学サイズとなる1/1.2型を提案します。

IMX485の画像 IMX485の画像

主な仕様

型名 IMX415 IMX485
有効画素数 3864(H)×2192(V) 約846万画素 3864(H)×2176(V) 約842万画素
イメージサイズ 対角 6.43mm (1/2.8型) 対角 12.86mm (1/1.2型)
ユニットセルサイズ 1.45um(H)×1.45um(V) 2.9um(H)×2.9um(V)
フレームレート 全画素 10bit 90fps、12bit 60fps 10bit 90fps、12bit 60fps
感度(標準値F5.6) 2048 Digit 9530 Digit
センサー飽和信号量(最小値) 3895 Digit 3895 Digit
電源電圧 アナログ 2.9V 2.9V
デジタル 1.1V 1.2V
インターフェース 1.8V 1.8V
主な機能 Digital overlap HDR Digital overlap HDR
出力 MIPI D-PHY 2/4 lanes MIPI D-PHY 2/4/4×2/8 lanes
カラーフィルター配列 Bayer配列 Bayer配列
パッケージ セラミックLGA 12.0mm×9.3mm セラミックLGA 20.0mm×16.8mm
このページの先頭へ