報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年7月22日

小説やアニメ、ゲームで人気の『ソードアート・オンライン』の世界が体感できる展示イベント
「ソードアート・オンライン -エクスクロニクル-」に、ソニーがAIやAR、VRの最先端技術で協力

仮想世界の普及を推進する極秘研究開発組織《ラース》の実験ブースを展開!?

ソニー株式会社(以下、ソニー)は、8月4日(日)~18日(日)に秋葉原「AKIBA_SQUARE」で開催される体験型展示イベント「ソードアート・オンライン -エクスクロニクル-」(主催:SAO-A Project)において、『ソードアート・オンライン(SAO)』の物語の中で描かれる仮想現実世界を、AI(人工知能)とAR(拡張現実)、VR(仮想現実)関連の最先端技術で具現化する協力を行います。

『SAO』は、複数の仮想現実空間を舞台に主人公・キリトの活躍を描いた長編ファンタジー小説で、海外での翻訳版も含めて累計発行部数2,200万部を超える人気作品です。TVアニメや劇場アニメ、ゲーム等へ幅広く展開され、本年は原作小説の刊行から10周年にあたります。
ソニーミュージックグループの株式会社アニプレックスでは、2017年に劇場アニメ『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』を公開し、同社として最高※1となる興行収入を達成しました。
「ソードアート・オンライン -エクスクロニクル-」では、作中に登場する仮想世界の普及推進を志す極秘研究開発組織《ラース》が実施する実験と称して、ソニーのAIやモーションキャプチャー、立体空間表示などのAR,VR技術を用いて、『SAO』の世界に没入して楽しめる複数の体験型展示ブースを展開します。

  • ※1:2019年7月19日時点。

主な展示内容

聴覚を用いたARの実験 「Sound AR™※2 Guide to EX-CHRONICLE」

ソニーのR&Dセンターが開発した独自の音響技術を活用した聴覚向けARにより、音声ガイドを用いて、キャラクターがまるで隣にいるかのような体験を実現します。作中で総務省通信ネットワーク内仮想空間管理課職員として登場する菊岡誠二郎(きくおか せいじろう)を始め、様々なキャラクターの声が『SAO』の世界におけるAR やVRの歩みなどをガイドします。ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下、ソニーモバイル)のオープンイヤーステレオヘッドセット『STH40D』を使用し、周囲の音を聞きながら再生している音も聴くことができるオープンイヤースタイルにより、キャラクターがあたかも隣にいるかのような体験を楽しめます。オープンイヤースタイルは、耳をふさがないソニー独自の音導管設計により実現しています。

  • ※2:Sound AR™はソニー株式会社の商標です。

全身の動きを仮想空間に反映するモーションキャプチャーの実験 「ソードスキル・チャレンジ」※3

6つの小型軽量センサーを装着するだけで全身の動きを捉える独自のモーションキャプチャー技術で、現実の動きを手軽に仮想空間に反映します。従来のモーションキャプチャー技術では、全身の動きを再現させる際に専用のボディスーツや数多くのカメラを使った重厚な設備が必要でした。今回、ソニーのR&Dセンターが開発したディープラーニングを駆使した技術では、少数のセンサーの情報から全身の関節の動きを推定することができます。来場者は、作品の主人公のキリトや相棒のユージオになりきり、自身の体の動きを使ってリアルタイムに「ソードスキル」を発動し、次々に侵攻してくる敵のゴブリンを討伐します。

  • ※3:本展示は、8月12日~18日の間、イベント会場前のデッキにて開催いたします。

仮想空間を再現する実験 「MEETING YUI’s Heart」

独自開発の立体空間を再現する映像技術を用いて、仮想のキャラクターと出会う体験ができます。作中で、キリトがアイテム化したキャラクターのユイを解凍して再会する印象的なシーンをモチーフに、実際に空間に浮かんだメニュー画面を操作することで、キャラクターがあたかも目の前に存在し、目が合うような体験を楽しめます。

仮想世界に人格を複製する実験「比嘉くんの つくろうAI!育てよう性格!」

作中で、菊岡誠二郎の部下で天才エンジニアの比嘉健(ひが たける)が、来場者の人格をコピーしたAIを作成する実験室を再現したブースです。来場者(ユーザー)から事前に収集した対話データを独自のアルゴリズムで解析し、コピーAIを作成することで、ユーザーのコピーAIと、作中に登場するキャラクターとしてのAI、アリスとの会話を聴くことができます。ユーザーとアリスとの会話を学習させることで、個人個人の答え方の特徴を捉えたコピーAIの作成が可能になり、自然な流れで会話される臨場感を体験できます。なお、アリスの会話音声には、ソニーモバイルが開発したディープラーニングを用いた音声合成を採用しています。

参考

“仮想世界の普及推進を志す謎の極秘研究開発組織《ラース》の実験ブースを展開!?”に関して、同・研究開発機構《ラース》の責任者である菊岡誠二郎 二等陸佐のコメント

「我々《ラース》は、仮想世界の普及推進という志を同じくするソニーと共同研究を行うことにより、このイベントを実現することができた。今回の実験に使用される技術はモーションキャプチャーしかり、AIの対話技術しかり、純粋なエンジニアたちの頑張りによってやがて実現しうるものなのだ。是非、一般プレイヤーの諸君は、今回の展示をこれから訪れる未来の一片として、何も気兼ねせず思い切り楽しんでくれたまえ。」

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project ©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/
SAO-A Project
  • 「ソードスキル・チャレンジ」「比嘉くんの つくろうAI!育てよう性格!」のデモ体験では、株式会社バンダイナムコエンターテインメントより発売予定の家庭用ゲーム最新作『SWORD ART ONLINE Alicization Lycoris』のCGモデルを使用しています。
  • 「ソードスキル・チャレンジ」のゲームプログラムは、株式会社PDトウキョウの協力により実装しています。
このページの先頭へ