報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年8月2日

海洋プラスチック汚染対策「One Blue Ocean Project」を開始

「環境負荷ゼロ」に向けて、プラスチックの使用量削減などの取り組みを推進

ソニー株式会社(以下、ソニー)は、本日より、グローバルにプラスチックの使用量削減などの取り組みを推進する海洋プラスチック汚染対策「One Blue Ocean Project」を開始します。本プロジェクトでは、「環境負荷ゼロ」に向けて、プラスチック使用量削減とあわせて世界各地の河川や海岸、地域のごみの回収・清掃もこれまでより推進します。

近年、プラスチックの年間生産量が過去50年で約20倍※1に増大する一方、そのリサイクル量は約9%※2にとどまるなど、海洋プラスチック汚染問題が深刻化しています。これに伴いグローバルで海洋プラスチック汚染対策が活発化しており、例えば2019年6月に開催されたG20のエネルギー・環境相会合では、海洋プラスチックごみ削減に向けた国際的枠組みの創設などを盛り込んだ共同声明が採択されました。
ソニーは、「One Blue Ocean Project」を通じて、2010年に策定した長期環境計画「Road to Zero」で掲げた、2050年までの「環境負荷ゼロ」達成に向けた取り組みを加速します。また、海洋プラスチック汚染問題の解決に取り組むことで、SDGs(持続可能な開発目標)の「目標12. 持続可能な消費と生産のパターンを確保する」および「目標14. 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する」への貢献を目指します。

  • ※1Ellen MacArthur Foundation (2016). "The new plastics economy: rethinking the future of plastics." World Economic Forum
  • ※2Geyer, Roland, Jambeck, Jenna, & Lavender Law, Kara L. (2017). Production, use, and fate of all plastics ever made. American Association for the Advancement of Science.

主な取り組み内容

1.環境中期目標「Green Management(グリーンマネジメント)2020」の加速

長期環境計画「Road to Zero」に基づき、現在は2016年度から2020年度までの環境中期目標「Green Management(グリーンマネジメント)2020(以下、GM2020)」を策定し、事業所における温室効果ガス排出量や製品の消費電力の削減を進めています。本プロジェクトを通じて、目標達成を加速していきます。

製品および製品包装におけるプラスチック使用量の削減および再生材の積極利用

  • GM2020で推進する目標
    ・製品1台当りのバージンプラスチック使用量の10%削減(2013年度比)
    ・投入資源を最小化
  • これまでの主な取り組みや実績
    ・独自の難燃性再生プラスチックSORPLAS™※3の開発と様々な製品への導入
    ・aibo※4のパッケージにペットボトルのリサイクル材を50%使用したフェルト素材を使用

生産活動に伴うプラスチック使用量の削減

  • GM2020で推進する目標
    ・廃棄物発生量の5%削減(2015年度比)
  • これまでの主な取り組みや実績(2018年度)
    ・2018年度は、廃棄物発生量を約18.8% 削減(2015年度比)
    ・2018年度の1年間で、プラスチック類の廃棄物発生量を約1080トン削減
  • ※3高い再生材使用率と耐久性・耐熱性を実現した難燃性再生プラスチックです。詳しくはこちらをご覧ください。
  • ※4自律型エンタテインメントロボットです。詳しくはこちらをご覧ください。

2.会議室・応接室・売店・カフェの使い捨てプラスチックの使用削減と中止

2020年度までに、会議室や応接室で飲み物を提供する際、ペットボトル※5やストロー、カップなどの使い捨てプラスチックの使用を廃止します。また、社内の売店やカフェなどで提供するレジ袋※6の配布を原則中止し、フォークやスプーン、ストロー、カップといった使い捨てプラスチックの使用削減と中止を順次進めます。これらの活動に向けて、社員へのエコバッグ・マイカップの使用推奨の周知・啓発を実施していきます。

  • ※5本社サイト(品川本社、ソニーシティ大崎、厚木テクノロジーセンターなどの事業所)の会議室や応接室における2018年度の利用数は年間約21万本。
  • ※6本社サイト(品川本社、ソニーシティ大崎、厚木テクノロジーセンターなどの事業所)の売店やカフェにおける2018年度の利用数は年間約200万枚。

3.世界各地の河川や海岸、地域での清掃活動の拡大

これまで世界各地の河川や海岸、地域で行ってきた事業所やグループ会社における清掃活動を、他の事業所でも実施するよう順次拡大していきます。さらに、参加募集や清掃活動の当日の説明の際に海洋プラスチック汚染問題対策との関連性を伝えるなど社員への周知・啓発を行い、グループ全体でのごみ回収量を公表します。

  • これまでの主な取り組みや実績
    ・国内では、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)大分テクノロジーセンター国東サテライトが定期的な海岸清掃を行っています。こうした長年の地域貢献と環境活動などが評価され、2018年に第6回「みどりの社会貢献賞」(主催:公益財団法人 都市緑化機構)を受賞しました。
    ・海外では、中国の無錫市にあるSDPW(Sony Digital Products (Wuxi))が無錫市内で、1年間で33回の清掃活動を実施し、延べ約1000人が参加し、1300キロにのぼるゴミを回収しました。

ソニーは持続的な社会価値と高収益の創出をめざし、長期的な視点で経営に取り組んでいます。今後もGM2020の目標達成、及び長期的な「環境負荷ゼロ」の実現に向けて、グループ全体でのプラスチック使用量の削減だけでなく回収と清掃にも取り組み、持続可能なより良い社会の実現に向けた事業活動を推進してまいります。

詳細ページ

このページの先頭へ