報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年8月27日

卓球の国内リーグ「Tリーグ」にビデオ判定システムを提供

“イメージングテクノロジーパートナー”としてスーパースローモーション映像撮影や打球の回転数分析を支援

ソニー株式会社
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューション株式会社

T.LEAGUE
判定に使われる映像のイメージ(エッジボール時)

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社※1(以下、ソニー)は、卓球の国内リーグ「Tリーグ」の“イメージングテクノロジーパートナー”として、8月29日(木)から始まる2019-2020シーズンに、ビデオ判定システムをはじめとする映像関連技術を提供します。ビデオ判定システムの卓球への導入は、日本国内では初めてです。

今回Tリーグに導入されるビデオ判定システム「リプレイ チャレンジ」は、サービスが相手コートに入る際にネットに触れたかどうか(ネットイン)、そして、打ったボールが台の縁と側面のどちらに当たっていたか(エッジボール)の判定用として、本シーズンの開幕戦および最終戦で試験運用されます。XDCAM™メモリーカムコーダー『PXW-Z90』1台とコンパクトデジタルスチルカメラ サイバーショット®『RX0 II』4台で撮影した映像が、サッカーのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)等に採用実績のあるソニーの子会社Hawk-Eye Innovations Inc.(以下、ホークアイ)の審判判定補助システム“SMART Replay※2(スマートリプレイ)”で迅速に表示され、試合の適正な進行を促進します。

また、シーズン中の一部の試合でスーパースローモーション映像の撮影を支援します。4Kで最大8倍速、フルHDで最大16倍速のスローモーション映像の収録が可能なマルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-4800』で試合を撮影し、インターネットを通じてライブ配信される公式映像に組み込みます。シーズン後半からは、選手が打った瞬間のボールの毎秒当たりの回転数を計算・分析するソフトウェアを提供し、スーパースローモーション映像内で回転数を表示する取り組みも始まる予定です。ラケットや球の動き、また戦術といった、人の目では追いきれなかったり、認識ができなかったりする卓球の魅力を視聴者に伝えます。

ソニーは、スポーツ中継映像の制作で使用される放送用カメラにおいて常に革新的な技術を開発し、業界をリードしています。また、ホークアイの審判判定補助システムや球の軌跡解析技術などを通じて、世界90か国以上、20種類以上の競技において、公平性や選手の技術向上、試合の魅力向上に貢献しています。昨年からTリーグの“エンタテインメントパートナー”としてイベント演出や音楽、プロモーション、グッズ製作等さまざまな側面からサポートを行っている株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、全86試合の中継業務を行うソニーPCL株式会社も含め、ソニーグループは技術とエンタテインメントの両面から、卓球およびTリーグの発展と魅力向上を支援します。

  • ※1:ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社は、民生用カメラ事業および放送・業務用製品を中心としたソリューション事業、メディカル事業、FeliCa事業を担う、ソニー株式会社の100%出資子会社です。
  • ※2:SMART Replay(Synchronized Multi-Angle Replay Technology)は、試合会場内のさまざまな視点に設置されたビデオカメラで撮影されるマルチアングル映像の同期再生が可能なビデオリプレイ判定補助システムです。直観的なユーザーインターフェースにより、正確でスピーディーな審判判定が可能で、野球、サッカー、ラグビー、バスケットボール、バレーボール等さまざまなスポーツで活用されています。

ビデオ判定システムについて

Tリーグに「リプレイ チャレンジ」として導入されるビデオ判定システムは、審判台上に設置されるネットイン判定用のカメラ1台、ネット脇に取り付けられるエッジボール判定用のカメラ4台、審判判定補助システム“SMART Replay※2”、審判等の確認用のモニターで構成されます。審判台上のカメラには、高精細で低ノイズな映像を実現する1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS®(エクスモア アールエス)を搭載している小型のXDCAMメモリーカムコーダー『PXW-Z90』を使います。また、ネット脇のカメラには、堅牢性※3のある小型軽量ボディに高画質技術を凝縮したサイバーショット®『RX0 II』を使います。
各チームの監督がサービスのネットインやラリー中のエッジボールに対してビデオ判定を申し出て、主審が承諾した際、審判台の裏に設置されたモニターに判定に必要なシーンが“SMART Replay※2”で速やかに再生され、主審や副審などが確認できます。また、会場の大型ビジョンやインターネットを通じてライブ配信される映像にも、確認中のシーンが表示されます。
本システムは、8月29日(木)に東京・立川市のアリーナ立川立飛で開催する男子開幕戦、翌30日(金)に大阪市のエディオンアリーナで開催する女子開幕戦、および、来年3月に開催予定の男女のプレーオフ ファイナルで試験運用される予定です。

  • ※3:全ての状況において無破損、無故障、防水を保証するものではありません。
XDCAMメモリーカムコーダー
『PXW-Z90』
判定に使われる映像のイメージ(ネットイン時)
サイバーショット®『RX0 II』
『RX0 II』の設置イメージ

スーパースローモーション映像と打球の回転数分析について

スポーツの決定的瞬間をハイフレームレート撮影で捉え、4K画質(3840×2160)で最大8倍速、フルHD(1920×1080)画質で最大16倍速のスローモーション映像を実現するマルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-4800』を使用し、スーパースローモーション映像を撮影します。インターネットを通じてライブ配信される映像やTリーグの公式ページ上の動画に、サービス時やストローク時などの選手やラケット、球の動きを捉えた映像が組み込まれます。
また、シーズン後半からは、選手が打った瞬間のボールの毎秒当たりの回転数を計算・分析するソフトウェアを提供し、スーパースローモーション映像内で回転数を表示する取り組みも始まる予定です。

マルチフォーマットポータブルカメラ
『HDC-4800』
回転数表示のイメージ

一般社団法人 Tリーグ チェアマン 松下浩二 氏のコメント

このたび、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社と、“イメージングテクノロジーパートナー”としてパートナーシップを組むことができることを嬉しく思います。
他のスポーツでもビデオ判定システムを導入することが進められている中、卓球というスポーツにおいても、映像の力を借り、より迅速により正確な判定で試合進行をしていくことは今後さらに求められていくことと思います。今回の取り組みは、試験運用とはなりますが、実績を重ね、今後も推進してまいりたいと思います。
Tリーグは「卓球を科学する」ことで、卓球の魅力を高めることを理念の中に掲げております。ビデオ判定システムもそのひとつではありますが、今後もスローモーション技術や打球の回転数分析など、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社の映像関連技術の力をお借りし、ファンの皆様によりお楽しみいただけるリーグを目指してまいります。

Tリーグとは

2018年秋にスタートした卓球の国内リーグです。男女ともに4チームが参戦し、各チームが21試合のレギュラーシーズンを戦い、その上位2チームがファイナルに進出。チャンピオンチームを決定します。各チームには「過去2年以内にワールドランキングトップ10にランクされた実績があるなど、世界トップクラスの選手が1名以上所属すること」という参戦条件が課せられており、世界での活躍著しい日本人選手はもちろん、世界のトッププレイヤーの参戦が期待されています。

このページの先頭へ