報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年9月5日

IFA 2019出展概要

革新的なプロダクトとテクノロジーの組み合わせでユーザー 一人ひとりに最適化した新しい体験を届ける

ソニーは、ドイツ・ベルリンで現地時間9月6日(金)より開催されるコンスーマーエレクトロニクスショー「IFA 2019」において、最新の商品群を展示します。

一般公開に先立ち現地時間9月5日(木)に行った記者会見では、ソニー株式会社 専務でエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(以下、EP&S)事業を担当する石塚茂樹が登壇しました。石塚は、「『クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす』ことを存在意義とするソニーが目指すのは、革新的なプロダクトを作り続け、クリエイターとユーザーに新しい価値を届けることだ」と強調しました。そして、ソニーのテクノロジーを結集した新製品の一例として、Xperia™ スマートフォン『Xperia 5(エクスペリア ファイブ)』などを披露。「ソニーは最高の製品と技術を組み合わせて、ユーザー一人ひとりに最適化した体験“Personal Entertainment Solutions(パーソナル エンタテインメント ソリューションズ)”をお届けしていく」と述べました。

主な展示内容

スマートフォン

『Xperia 5』

ソニーの技術を結集し、放送局や映画製作向けのプロフェッショナル機器の領域で培った技術も取り入れたスマートフォン『Xperia 1(エクスペリア ワン)』の新しい体験を、コンパクトなボディに凝縮した新製品『Xperia 5』がフラッグシップレンジに加わります。今秋以降※1、日本を含む国と地域で導入します。

本機はHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応し、アスペクト比21:9※2の約6.1インチFull HD+(2,520×1,080ピクセル)有機ELディスプレイを搭載。持ちやすさと使いやすさを追求した本体幅68 mmのスリムなデザインと、『Xperia 1』比で約14g軽量化したコンパクトなボディに、21:9シネマワイド™の体験を凝縮しています。
メインカメラには、有効画素数約1200万画素のイメージセンサーを採用し、光学式(OIS)手ブレ補正にも対応したトリプルレンズカメラを搭載。また、ソニーのレンズ交換式デジタル一眼カメラα™で培ったアルゴリズムにより、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」にも対応。さらに、焦点距離26mm(F1.6)の標準レンズ、52mm(F2.4)の望遠レンズ、16mm(F2.4)の超広角レンズ(35mm換算)を自在に切り替え、クリエイティブな撮影を実現します。
ディスプレイには、ブラビア®で培った高画質化技術「X1™ for mobile」によりSDR(スタンダードダイナミックレンジ)映像コンテンツをHDR相当の画質で美しく表示する「HDRリマスター」を搭載。インターネット上の動画コンテンツも高精細な映像で視聴できます。また、レコーディング機能などを拡充させた「ゲームエンハンサー」により、21:9※2の没入感あるゲームプレイと快適な操作を楽しめます。

このほか、Qualcomm社製の最新プラットフォームQualcomm® Snapdragon™ 855 Mobile Platformを採用。さらに、ソニーのディープラーニング技術を活用した「スマートコネクティビティ」機能を新搭載。不安定なWi-Fi接続状況を予測すると自動的にLTEに切り替えて最適な通信環境を保ちます。

  • ※1:導入時期は国・地域により異なります。
  • ※2:ディスプレイに表示されるアスペクト比率は、コンテンツのフォーマットによって異なります。

ホームエンタテインメント&サウンド

『WI-1000XM2』
『SA-Z1』

卓越したノイズキャンセリング性能と高音質で、より豊かな音楽体験を実現するワイヤレスヘッドホン 1000Xシリーズに、ヘッドバンド型『WH-1000XM3』と完全ワイヤレス型『WF-1000XM3』に加えて、新たにネックバンド型の『WI-1000XM2』が加わります。『WH-1000XM3』と同じ「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載し、業界最高クラス※3のノイズキャンセリング性能と高音質を実現。軽量でしなやかなシリコン製のネックバンドで快適に音楽を楽しめます。
また、スマートフォンなどの機器と連携することで、個人の空間や特性に合わせたエンタテインメント体験を提供できる技術や商品を展示します。 アーティストがライブ演奏をする場に入り込んだかのような音に包まれる音楽体験「360 Reality Audio」の技術展示では、スマートフォン『Xperia 1』と『WH-1000XM3』が連携することで、アプリケーション上で撮影した耳の画像から聴感特性を解析して、一人ひとりに最適化した臨場感のある音場を体感できます。
ソニーが長年培ってきた高音質技術を結集し、パーソナルな空間での最高の音楽体験を目指したSignature Series(シグネチャーシリーズ)の新商品、ハイレゾリューション・オーディオ対応の ニアフィールドパワードスピーカー『SA-Z1』は、ケーブル1本で接続したPCやウォークマン®、Xperiaなどの音源を、広大で奥行きのある音場と音の消え際までも感じられる解像感で再生します。

テレビは、今春に欧州でも発売したブラビア MASTER Series(マスターシリーズ)の8K液晶テレビ『ZG9シリーズ』や4K有機ELテレビ『AG9シリーズ』をはじめとしたラインアップを展示します。次世代高画質プロセッサー「X1™ Ultimate(エックスワン アルティメット)」が、8K映像※4を含むあらゆるコンテンツを限りなく美しく描き出します。また、あたかも画面から音が出ているようなソニー独自の新たな音響技術が、画音一体というブラビアならではの視聴体験を提供します。さらに、GoogleアシスタントやAmazon Alexaだけでなく、2019年内に対応予定のApple AirPlay2やHomeKitで使いやすさが向上したAndroid TVの機能性についても紹介します。

  • ※3:2019年9月5日時点、ソニー調べ。JEITA基準に則る。ネックバンド型ノイズキャンセリングヘッドホン市場において。
  • ※4:『ZG9シリーズ』のみ。

デジタルイメージング

AIを活用したリアルタイム瞳AFなどの最先端技術や光学式ボディ内手ブレ補正、業界最大※5撮影枚数約720枚※6のバッテリーライフを小型軽量ボディに凝縮したAPS-Cイメージセンサー搭載ミラーレス一眼カメラのフラッグシップモデル『α6600』と、最先端の基本性能を搭載したスタンダードモデル『α6100』を出展。最新のGレンズ™ 大口径標準ズームレンズ『E 16-55mm F2.8 G』および超望遠ズームレンズ『E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS』とあわせ、拡充した最新のAPS-C商品群を欧州で初めて一般公開します。また、高い解像性能と豊かな階調性を実現する有効約6100万画素センサー搭載フルサイズミラーレス一眼カメラ『α7R IV』や、Gマスター™をはじめとする充実のレンズ群に加え、フルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』同等の高速・AF性能を実現したプレミアムコンパクトカメラ『RX100 VII』も実機で撮影を体験できます。

  • ※5:APS-Cセンサー搭載ミラーレス型レンズ交換式デジタルカメラとして。2019年9月5日広報発表時点。ソニー調べ。
  • ※6:静止画撮影:ビューファインダー使用時約720枚。LCDモニター使用時約810枚。CIPA規格準拠。30秒ごとに1回撮影、10回に一度、電源を入/切する。
  • 記載されている商品名などはソニーおよび各社の登録商標あるいは商標です。
  • AmazonおよびEcho、Alexa、その他関連マークおよびロゴはAmazon.com,Incまたは関連会社の商標です。
  • Apple および関連するマークやロゴは、米国およびほかの国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • GoogleおよびAndroid TVはGoogle LLCの商標です。
このページの先頭へ