報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年10月10日

アスペクト比21:9のコンテンツ体験を楽しめる
フラッグシップレンジスマートフォン『Xperia 5』と
ミッドレンジスマートフォン『Xperia 8』の2機種をKDDIより発売

ソニー株式会社
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社

スマートフォン 『Xperia 5』
(左から:ブルー、グレー、ブラック、レッド)
スマートフォン 『Xperia 8』
(左から:ホワイト、ブラック、オレンジ、ブルー)

ソニーは、新たにフラッグシップレンジに加わるスマートフォン『Xperia 5』と、ミッドレンジスマートフォン『Xperia 8』の2機種を開発しました。『Xperia 5』は、ソニーの技術を結集したフラッグシップスマートフォン『Xperia 1』の体験を、本体幅約68mmのハンドフィットサイズに凝縮したモデルです。また、『Xperia 8』は21:9ワイドディスプレイの体験を手軽に楽しめるミッドレンジモデルです。
両機種は、KDDI株式会社および沖縄セルラー電話株式会社より10月下旬以降に発売予定※1です。

  • ※1:本体価格等については、販売事業社様にご確認ください。
商品名 型名 カラー 発売日
Xperia 5 SOV41 ブルー、グレー、ブラック、レッド 10月下旬以降
Xperia 8 SOV42 ホワイト、ブラック、オレンジ、ブルー 10月下旬以降

『Xperia 5』は、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応し、映画とほぼ同じアスペクト比の21:9※2、約6.1インチ フルHD+(2,520×1,080ピクセル)有機ELディスプレイを搭載。持ちやすさと使いやすさを追求した本体幅約68 mmのスリムなデザインと、『Xperia 1』比で約14g軽量化したボディに、21:9シネマワイド™の体験を凝縮しています。本体は高強度なCorning® Gorilla® Glass 6とメタルフレームの異素材を一体感のある光沢で仕上げ、エレガントなカラーを組み合わせることで、一枚板のようなシームレスな美しさを演出しています。
メインカメラには有効画素数約1220万画素のイメージセンサーと、光学式(OIS)手ブレ補正に対応したトリプルレンズカメラを搭載。ソニーのレンズ交換式デジタル一眼カメラα™で培ったアルゴリズムにより、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」にも対応します。また、52mm(F2.4)の望遠レンズ、焦点距離26mm(F1.6)の標準レンズ、16mm(F2.4)の超広角レンズ(35mm換算)を自在に切り替えてクリエイティブな撮影を実現するほか、映画のような質感や色表現でクリエイティブな撮影体験を楽しめる「Cinema Pro(シネマプロ)」も搭載。さらに、撮影時の指かぶりや目つぶりなどをお知らせする「撮影アドバイス」機能を新搭載します。
ディスプレイには、ブラビア®で培った高画質化技術「X1™ for mobile」によりSDR(スタンダードダイナミックレンジ)映像コンテンツをHDR相当の画質で美しく表示する「HDRリマスター」を搭載。インターネット上の映像も高精細に視聴できます。さらに、クリエイターが意図した映像表現を再現する「クリエイターモード」にも対応します。このほか、快適なゲーム操作をサポートする「ゲームエンハンサー」機能の進化や、通信の安定性と最適化の実現など、充実の基本性能を備えます。

『Xperia 8』は、本体幅約69mmの手のひらに収まる持ちやすいサイズに、アスペクト比21:9※2、約6.0インチのフルHD+ディスプレイを搭載します。フロントパネルとバックパネルには高強度なCorning® Gorilla® Glass 6を採用。フレームにはメタルと樹脂を使用し、素材の質感を引き出す明るくソリッドなカラーを組み合わせることで高級感ある筐体に仕上げています。
縦長ディスプレイにより一画面に表示できる情報量が大幅に増すほか、ソニー独自のUIを実装した21:9マルチウィンドウに対応。動画を見ながらSNSの閲覧やメッセージのやり取りなど、2つのアプリを同時に操作する快適な「ながら操作」が可能です。さらに、映画やミュージックビデオなどで採用される21:9の映像をフル画面で楽しめるほか、ソニー独自のトリルミナス®ディスプレイ for mobileにより、鮮やかな色彩を表現します。
メインカメラには約1200万画素と約800万画素のデュアルカメラを搭載。背景ぼけや光学2倍ズームにより、被写体を際立たせた写真や動画の撮影を可能にします。また、料理や人物、夜景、逆光など13種類のシーンに加えて歩き検出など4つのコンディションを判別し、自動で最適な設定で撮影する「プレミアムおまかせオート」を搭載します。
このほか、3.5mmオーディオジャックの搭載に加え、ワイヤレスでもハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)※3の高音質を楽しめる伝送技術LDACに対応※4。また、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)性能※5対応など、充実した基本性能を備えます。さらに、KDDIより発売される『Xperia 8』(SOV42)には、オープンイヤー型ステレオヘッドセット(試供品)が同梱されます。

  • ※2:ディスプレイに表示されるアスペクト比率は、コンテンツのフォーマットによって異なります。
  • ※3:LDACは日本オーディオ協会の“Hi-Res Audio Wireless”に認定されたコーデック技術です。ハイレゾコンテンツをLDACコーデックで最大転送速度990kbpsで伝送する場合。
  • ※4:LDAC対応のスピーカーやヘッドホンが必要です。
  • ※5:IPX5/8、IP6X等級のテスト方法は、商品ページの仕様表注釈で確認できます。

『Xperia 5』の主な特長

21:9 シネマワイド™の体験をハンドフィットサイズに凝縮

持ちやすさと使いやすさを追求した本体幅約68 mmのスリムなデザインと、『Xperia 1』比で約14g軽量化したボディに21:9シネマワイド™の体験を凝縮。高強度なCorning® Gorilla® Glass 6とメタルフレームの異素材を一体感のある光沢で仕上げ、エレガントなカラーを組み合わせることで、一枚板のようなシームレスな美しさを演出しています。また、ソニー独自のUIを実装した、21:9アスペクト比ならではの使いやすい二画面同時表示にも対応。動画を見ながらSNSを閲覧するなどのマルチウィンドウ操作が簡単に行えます。

あらゆるシーンを美しく描き出すトリプルレンズカメラ

メインカメラには有効画素数約1220万画素のイメージセンサーを採用したトリプルレンズカメラを搭載します。光学式(OIS)手ブレ補正や、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」に対応。最高約10コマ/秒の高速連写と、最大30回/秒の演算による AF/AE※6追随を実現し、動く被写体に対して高速にフォーカスや明るさを合わせた最適な写真を撮影できます。また、52mm(F2.4)の望遠レンズ、焦点距離26mm(F1.6)の標準レンズ、16mm(F2.4)の超広角レンズ(35mm換算)を自在に切り替えてクリエイティブな撮影を可能にします。さらに、撮影時の指かぶりや目つぶりなどをお知らせする「撮影アドバイス」機能を新搭載します。
このほか、21:9アスペクト比、24コマ/秒の4K HDRで映画のような質感や色表現でクリエイティブな撮影体験を楽しめる「Cinema Pro」を搭載。オーディオレベルの調整に加え、撮影したクリップのトリミングや統合が可能な簡易編集機能などを新たに追加します。

21:9シネマワイド™ディスプレイによる没入感ある視聴体験

21:9シネマワイド™ディスプレイにより、映画やミュージックビデオなどで採用される21:9の映像を大迫力のフル画面で楽しめます。さらに、ブラビア®で培った高画質化技術「X1™ for mobile」によりSDR映像コンテンツをHDR相当の画質で美しく表示する「HDRリマスター」を搭載。インターネット上の映像も高精細に視聴できます。また、10bitカラー相当の高い階調表現で圧倒的な映像美を実現するほか、映像制作の基準器として使われているソニーのマスターモニターを手掛ける部門が監修した色設定「クリエイターモード」を搭載。UHD(Ultra HD)の放送規格 ITU-R BT.2020の色域や、10bit信号に対応した独自開発の画像処理で、クリエイターの意図した映像表現を再現します。このほか、立体的なサウンド表現により、まるでその場にいるかのような臨場感を実現する立体音響技術Dolby Atmos®に対応。ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと協業した独自のチューニングによる迫力のサウンドとワイドな映像で、映画などの対応コンテンツで、より一層没入感ある視聴体験を楽しめます。

進化したゲームエンハンサー機能や通信の安定性と最適化の実現など、充実の基本性能

アスペクト比21:9の大画面でゲームコンテンツの表示領域が大きく広がり※7、臨場感と没入感を味わえる新しいゲーム体験を実現。快適なゲーム操作をサポートする「ゲームエンハンサー」には、最高20コマ/秒で最大30秒間のスクリーンショットを撮影可能なバーストショットに加え、オーディオミキサー、ボイスチェンジャーなど、ゲームプレイをより共有しやすくする新機能を追加します。
CPUは、Qualcomm社製のQualcomm® Snapdragon™ 855 Mobile Platformを搭載。また、独自のアンテナ設計技術により4x4 MIMOに対応し、通信の安定性を実現します。さらに、ソニーのディープラーニングを活用した「スマートコネクティビティ」機能を新搭載。Wi-Fiの電波強度等を分析して通信接続の強弱を予測し、不安定なWi-Fi接続を予測すると自動的にLTEに切り替えて最適な通信環境を保ちます。
このほか、ワイヤレスでもハイレゾ※3の高音質を楽しめる伝送技術LDACに対応※4。さらに充電時の負荷を軽減してバッテリーを長持ちさせるいたわり充電や、電池消費を抑えて電池持ちをよくするSTAMINAモード、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)性能※5対応など、充実した基本性能を備えます。

  • ※6:AF:オートフォーカス、AE:自動露出制御。
  • ※7:ゲームの仕様により、21:9表示にならない場合があります。

『Xperia 8』の主な特長

21:9ワイドディスプレイの体験を手のひらサイズでより手軽に

本体幅約69mmの手のひらに収まるサイズに、アスペクト比21:9※2、約6.0インチのフルHD+ディスプレイを搭載。縦長ディスプレイにより一画面に表示できる情報量が大幅に増すほか、ソニー独自のUIを実装した21:9マルチウィンドウに対応し、2つのアプリを同時に操作する快適な「ながら操作」を楽しめます。また、大画面を片手で快適に操作できる独自UI「サイドセンス」は、時間や場所、使用頻度などを解析してユーザーがよく使うアプリをAIが賢く予測。2つのアプリの組み合わせも提案します。さらに、映画やミュージックビデオなどで採用される21:9の映像をフル画面で楽しめるほか、ソニー独自のトリルミナス®ディスプレイ for mobileで鮮やかな色彩を表現します。

デュアルカメラ搭載で被写体を際立たせた撮影が可能

メインカメラには約1200万画素と約800万画素のデュアルカメラを搭載。背景ぼけや光学2倍ズームにより、被写体を際立たせた写真や動画の撮影を可能にします。また、料理や人物、夜景、逆光など13種類のシーンに加えて、歩き検出やオートなど4つのコンディションを判別し、自動で最適な設定で撮影する「プレミアムおまかせオート」を搭載します。さらに、撮影した写真をフル画面で楽しめる21:9アスペクト比の撮影や1:1の撮影など、用途に応じたアスペクト比の撮影をサポートします。このほか、4K動画撮影に対応し高精彩な映像を記録できるほか、電子式手ブレ補正により、手持ちで被写体を追いかけながらの撮影でも、なめらかな動画を撮影できます。

充実の基本性能

Qualcomm社製Qualcomm® Snapdragon™ 630 Mobile Platformと4GB(RAM)/64GB(ROM)の内蔵メモリーを搭載。さらに、3.5mmオーディオジャックの搭載に加え、ワイヤレスでもハイレゾ※3の高音質を楽しめる伝送技術LDACに対応※4します。その他、充電時の負荷を軽減してバッテリーを長持ちさせるいたわり充電や、電池消費を抑えて電池持ちをよくするSTAMINAモード、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)性能※5対応など、充実した基本性能を備えます。

Xperia 5関連アクセサリー(別売)

Xperia 5 Style Cover View 『SCVJ10』(閉じたまま画面が見えるフリップカバー)

カバーを閉じたままスマートフォンの通知や日時、バッテリー残量の確認ができる『Xperia 5』専用カバー。カバー装着時に時計表示などの初期設定を、簡単に設定できます。一体成型カバーフロントと、純正カバーならではの本体の形状にぴったりフィットするデザインで、内側には柔らかなスウェード調の布地を採用しました。美しく上品な仕上げを施した4色のカラーバリエーションを展開。また、カバーを装着したままサイドセンスの操作ができます。ソニーストア、Xperiaカバーストア、auショップ、au Online Shopおよび一部家電販売店で販売します。

  • カラー:
    ブルー、グレー、ブラック、レッド
  • 発売時期:
    10月下旬以降
  • 価格:
    オープン
『SCVJ10』
(ブルー)

Xperia 5 Style Cover 『SCBJ10』(持ちやすさにこだわったプレミアムハンドフィットカバー)

『Xperia 5』のハンドフィットデザインを最大限に生かす、持ちやすい素材を追求した専用カバー。持ちやすさとプレミアム感を醸し出す成形を施した、純正カバーならではの本体の形状にぴったりフィットするデザインです。4色のカラーバリエーションを展開。ソニーストア、Xperiaカバーストアおよび一部家電販売店で販売します。

  • カラー:
    ブルー、グレー、ブラック、レッド
  • 発売時期:
    10月下旬以降
  • 価格:
    オープン
『SCBJ10』
(レッド)

Xperia 5 Style Cover Leather 『SCLJ10』(カードポケット付きの本革カバー)

持つたびに手に馴染む、なめし加工を施した、柔らかくも丈夫な本革製の「クロムなめし」を使用した、『Xperia 5』専用カバー。ホルダー部も本革の巻き込み仕様で、細部までプレミアム感がある上質な作り込みが特長です。純正カバーならではの『Xperia 5』本体の形状にぴったりフィットするデザインで、フリップ部には名刺や交通系カード等を入れるカードポケット付き。内側には柔らかなスウェード上の布地を採用しました。ソニーストア、Xperiaカバーストアおよび一部家電販売店で販売します。

  • カラー:
    ブラック
  • 発売時期:
    10月下旬以降
  • 価格:
    オープン
『SCLJ10』
(ブラック)

Xperia 8 関連アクセサリー(別売)

Xperia 8 Style Cover View 『SCVJ20』(閉じたまま画面が見えるフリップカバー)

カバーを閉じたままスマートフォンの通知や日時、バッテリー残量の確認ができる『Xperia 8』専用カバー。一体成型カバーフロントと、純正カバーならではの本体の形状にぴったりフィットする美しいデザインで、内側には柔らかなスウェード調の布地を採用。ソニーストア、Xperiaカバーストア、auショップ、au Online Shopおよび一部家電販売店で販売します。

  • カラー:
    グレー、ブラック、オレンジ、ブルー
  • 発売時期:
    10月下旬以降
  • 価格:
    オープン
『SCVJ20』
(グレー)

商品展示

『Xperia 5』と『Xperia 8』を、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、10月中旬以降に展示する予定です。

主な仕様や詳細に関しては、こちらからご確認ください

  • Xperiaは、ソニー株式会社の商標または登録商標です。
  • Dolby、ドルビー、及びDolby Atmosはドルビーラボラトリーズの登録商標です。
  • 記載されている商品名等は各社の登録商標あるいは商標です。

市場推定価格(消費税を含みません):

  • Xperia 5 Style Cover View 『SCVJ10』
    5,600円前後
  • Xperia 5 Style Cover 『SCBJ10』
    2,600円前後
  • Xperia 5 Style Cover Leather 『SCLJ10』
    10,000円前後
  • Xperia 8 Style Cover View 『SCVJ20』
    5,600円前後
  • 「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
このページの先頭へ