報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年10月17日

ソニー、ヤマハ発動機と
エンタテインメント用車両によるサービスを開始

ソニー株式会社(以下、ソニー)は、ヤマハ発動機株式会社(以下、ヤマハ発動機)と共同開発したエンタテインメント用車両Sociable Cart(ソーシャブルカート):SC-1を用いたサービスを2019年11月1日より開始します。第一弾となるサービスは沖縄県名護市のカヌチャベイリゾートと、沖縄市の東南植物楽園で実施します。

カヌチャベイリゾート
東南植物楽園

Sociable Cart SC-1の特長は、人の視覚能力を超えるイメージセンサーを車両前後左右に搭載し、360度全ての方向にフォーカスが合された映像を車内のディスプレイに映し出すことで、車両周囲の環境を一度に把握できることに加え、搭載したイメージセンサーの超高感度な特性と内部に設置されたディスプレイの高い解像度により、昼夜を問わずライトなしに認識できることです。加えて、SC-1にはソニーが開発した融合現実感(Mixed Reality)技術が搭載されており、乗員がディスプレイで見ることが出来る周囲の環境を捉えた映像に様々なCGを重畳することで、これまでの自動車やカートでは景色を見るだけであった車窓がエンタテインメント空間に変貌し、移動自体をより楽しめるようになります。

今回実施するサービス「ムーンライトクルーズ」は、日没後にSociable Cart SC-1に乗車して体験いただくものです。乗員は車両をコントロールすることなく、超高感度なイメージセンサーと高解像度ディスプレイが映し出す夜間の走行シーンをベースに、融合現実感技術が創り出すエンタテインメントコンテンツを楽しめます。このサービスでは乗員の感覚を刺激する仕掛けをいくつも用意しており、星空のもと、実世界では体験できない超自然体験を感じることの出来るツアーとしています。また、より多くのお客様に楽しんで頂けるよう二種類のコンテンツを用意しています。

ソニーはヤマハ発動機と共に、移動をエンタテインメント体験の場に変えるSC-1を、今後ゴルフ場や植物園以外の各種アミューズメント施設や商業施設などへも展開し、新たな楽しみを提供していきます。

選べる乗車サービスコンテンツ

このページの先頭へ