報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年11月5日

AIとセンシング技術を活用したモビリティ領域への貢献の取り組み
Future Mobility Project

ソニー株式会社は、AIやセンシング技術を活用したモビリティ領域への貢献の取り組みを、Future Mobility Project として、みんなのタクシー株式会社との協業を軸に推進していきます。その第一弾として、みんなのタクシー株式会社を通じタクシー会社へ需要予測サービスの提供を開始します。また、安全運転支援ツールの開発や、モビリティ社会の安心・安全・快適につながるサービス構築などを目指します。

需要予測サービスの提供開始

ソニーは、2019年11月5日より、みんなのタクシー株式会社を通じ、AI技術を活用したタクシー需要予測サービスをタクシー会社に対して提供を開始します。
本サービスは東京都内のタクシー約10,000台の走行データを活用して開発したもので、需要予測結果はタブレット上のアプリケーションにヒートマップ形式で表示されます。ドライバーはこの結果に基づき、効率的な走行ルートの決定を行うことが可能となります。

  • ドライバー向けタブレットアプリケーションの主な機能:
    • 需要予測:500m四方ごとの需要のヒートマップ表示や、高需要スポットのピンポイント表示
    • ロング率:長距離・長時間乗車を需要予測
    • 空車動態表示:みんなのタクシー株式会社の保有する空車タクシー情報を地図上に表示し、需要に対する供給状況をリアルタイムに提示
    • おすすめルート表示:お客様降車後にドライバーが得意な営業エリアへ向かう際などに、需要が高いスポットを経由するルートの提案
    • 特需発生通知:大型イベント終了など、タクシー需要の急激な高まりをリアルタイムで検出し通知

このサービスによってもたらされる配車の最適化は、タクシーの稼働率上昇によるタクシー会社の収益向上への貢献に加え、エネルギー利用の効率化にもつながり、社会課題への貢献も目指すものです。

ドライバー向けタブレットアプリケーション ドライバー向けタブレットアプリケーション

安全運転支援への取り組み

ソニーは、ドライバー向けの安全運転支援ツールを開発し、将来的なモビリティ全般の安心・安全につながる取り組みを推進します。
交通量が膨大で歩車分離されていない道路も多いなど、東京近郊の交通事情は複雑です。
この環境の中でセンシングデータや運転操作記録(アクセル・ブレーキ・ハンドル操作)を収集、解析することは、より実用的で高いレベルの認識技術を開発していく上で大変重要と考えています。そのため、タクシーと同型の車両を用意し、ソニー製イメージセンサーや、LiDARなどの各種センサーを搭載させ、東京近郊にてデータ収集のための試験走行をまもなく開始します。

この取り組みを通して得られる情報をもとに、安心・安全スコアの算出アルゴリズムや、熟練度の高いドライバーとの差分評価技術、さらに安全運転支援ツールの開発を進め、実際のタクシーへも展開し検証を開始する予定です。

試験走行用車両 試験走行用車両

ソニーは、AIやセンシング技術を活かした、移動の効率化・最適化や、安心・安全・快適を提供する活動を通じ、モビリティの進化への貢献、また社会への貢献を目指していきます。

このページの先頭へ