SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2019年12月9日

IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE™」のLTE拡張ボードを商品化

LTE-M(LTE Cat-M1)通信規格に対応し、IoT市場のさらなる普及・拡大に貢献

ソニーは、2018年7月より販売を開始したIoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE™」(スプレッセンス)の新たなラインナップとして、LTE拡張ボードを商品化し、2019年12月20日に発売します。IoT向け通信規格であるLTE-M(LTE Cat-M1)※1に対応することで、より多くのアプリケーションやシステムの開発を実現し、IoT市場のさらなる普及・拡大に貢献します。

  • ※1全国に設置されたLTE基地局の周波数の一部を利用して広域エリアをカバーする、通信事業者が提供するセルラー系LPWA規格の一つ。
SPRESENSE LTE拡張ボード 「CXD5602PWBLM1J」 SPRESENSE LTE拡張ボード 「CXD5602PWBLM1J」
型名 発売日 メーカー希望小売価格
(税抜き)
IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード
SPRESENSE
LTE拡張ボード「CXD5602PWBLM1J」
2019年12月20日 7,980円

現在、拡大しているIoT市場において、低通信コスト※2、低消費電力、広範な通信カバレッジを兼ね備えたLPWA(Low Power Wide Area)のソリューションが求められています。本商品は、当社の関連会社であるAltair Semiconductor製の低消費電力で小型のチップセットALT1250を採用し、LPWAの通信規格の一つであるLTE-Mに対応します。発売中のSPRESENSEのメインボードと組み合わせて使用することで、各種センサーからの情報やカメラからの画像を取り込み、エッジAIが認識処理して圧縮したデータをLTE-M通信網を利用して送信することで、LTE-Mの特長を活かした低通信コスト、低消費電力、広範な通信カバレッジなシステム、アプリケーションの開発が可能となります。

  • ※2LTE-Mの通信プランは、概ね通常のLTEよりは安価となりますが、通信コストはお客様の使用方法、および通信事業者との契約内容に依存します。

既存設備を活かしたIoT化の例

  • 水道、電気、ガスメーター等のアナログメーターの数字や針位置を、発売中のSPRESENSEのカメラボードで認識し、LTE-M通信網を利用してサーバーに送信することで、検針作業の自動化を実現。
  • 高音質なハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源対応のオーディオコーデックを内蔵するメイン ボードの特長を活かしバルブやファンの異音を認識し、LTE-M通信網を利用してリモートでの予知保全を実現。

また、従来の拡張ボードと同等の機能である、オーディオ入出力、GPIO、UART等のデジタル入出力、microSDカードスロットを搭載しています。

SPRESENSE メインボード「CXD5602PWBMAIN1」(上)と
接続したLTE拡張ボード「CXD5602PWBLM1J」(下)

本商品のソフトウェアならびにハードウェアの技術情報は、専用サイトにて公開します。ソフトウェア開発環境は、「Arduino IDE」、「VSCode」等に対応し、幅広いアプリケーション開発を可能とします。また、本商品はオンラインならびに一部店頭での販売を予定しています。

発売中のSPRESENSE商品

  • メインボード「CXD5602PWBMAIN1」
  • 拡張ボード「CXD5602PWBEXT1」
  • カメラボード「CXD5602PWBCAM1」
  • 発売中のSPRESENSE商品の詳細情報はこちらのサイトをご覧ください。
  • SPRESENSE商品のご購入はこちらのサイトをご覧ください。

主な特長

IoT向け通信規格LTE-Mに対応

Altair Semiconductor製チップセットALT1250を採用することでLTE-M(LTE Cat-M1)に対応し、低通信コスト、低消費電力、広範な通信カバレッジを持つシステム、アプリケーションの開発が可能。(Band 1, 8, 18, 19を使用可能)

  • ALT1250の詳細情報はこちらのサイトをご覧ください。

拡張ボード機能の搭載

マイク入力はデジタル最大4ch(排他利用時、アナログ最大2ch)をサポートし、ヘッドホン端子、microSDカードスロット、GPIO、I2C、UART等のインターフェースを搭載。

主な仕様

型名 LTE拡張ボード「CXD5602PWBLM1J」
サイズ 45.0mm x 50.0mm
搭載チップセット Altair Semiconductor製 LTE Cat-M1/NB-IoT Chipset 「ALT1250」
SIMカード nanoSIM
RAT LTE Cat-M1
対応バンド 1,8,18,19
オーディオ入出力 4ch デジタルマイク入力もしくは
2ch アナログマイク入力, ヘッドホン出力
デジタル入出力 3.3V もしくは 5V デジタルI/O
アナログ入力端子 2ch (5.0V レンジ)
その他 microSDカードスロット
  • SPRESENSEはソニー株式会社の登録商標です。
このページの先頭へ