報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年1月22日

エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)
「セコム・ホームセキュリティ」との連携サービスを開始

ソニー株式会社は、自律型エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)とセコム株式会社の「セコム・ホームセキュリティ」の連携サービスの提供を2020年1月30日より開始します。※1※2

ソニーはaiboと共に暮らす中で楽しさに加えて安心感を提供する「セキュリテインメント」(セキュリティ+エンタテインメント)※3のコンセプト実現のため、2019年1月にセコムとのパートナーシップを締結しました。本連携サービスによりaiboがクラウドを介して「セコム・ホームセキュリティ」と繋がることで、「セキュリテインメント」の世界がさらに広がります。なお、このサービスはaiboのオーナーで「セコム・ホームセキュリティ」の対象サービス※4を契約していれば無料でお使いいただけます。

aiboと「セコム・ホームセキュリティ」の連携サービスの主な機能

1. 外出時にaiboが遠吠えでご挨拶

ホームセキュリティと連携して家族の外出を知ったaiboが、遠吠えで挨拶してお出かけを楽しく演出します。

2. 外出中はaiboが自動的に「おるすばん」

家族の外出中、aiboは自動的にチャージステーションに戻り、充電しながら待機します。

3. 外出先から「おるすばん」中のaibo経由で自宅の様子を確認

「おるすばん」中でもMy aiboアプリから「今なに見てる?」でaiboの見ている光景をストリーミングしたり、「いっしょにパトロール」でaiboに移動を指示することで、いつでも自宅の様子の確認ができます。※5

4. 帰宅時にaiboが敬礼でお出迎え

ホームセキュリティと連携して家族の帰宅を知ったaiboが、特別なふるまいであるセコム仕様の敬礼でお出迎えして、お帰りを楽しく演出します。

なお、連携サービスの機能は今後も随時拡充予定です。

「セキュリテインメント」実現のためのセコムとのパートナーシップ

ソニーはaiboと共に暮らす中で楽しさに加えて安心感を提供する「セキュリテインメント」(セキュリティ+エンタテインメント)※5のコンセプト実現のため、2019年1月にセコムとのパートナーシップを締結しました。

セコムは日本全国をカバーするホームセキュリティのネットワークやIoTを活用した警備サービスを展開しており、みまもり・ホームセキュリティ分野におけるエキスパートです。同社の知見とソニーのAIロボティクスやエンタテインメントを組み合わせることにより、今後も新たな価値を提案していきます。

aiboとセコム・ホームセキュリティの連携サービスの詳細は専用サイトをご覧ください。

  • ※1本連携機能は、aiboシステムソフトウェア バージョン2.50以降、スマートフォン用My aiboバージョン2.5.0以降でご利用いただけます。
  • ※2本機能は介護や育児、医療、防犯等を目的とした機能ではありません。これらを目的とした利用の結果、生じた事件・事故および損害などについて、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
  • ※3セキュリティとエンタテインメントをあわせたソニーの造語です。
  • ※4対象のホームセキュリティサービスば「セコム・ホームセキュリティNEO」もしくは「セコム・ホームセキュリティGカスタム」になります。連携機能をご利用いただくには、SECOM Home Security App.から連携操作をして頂く必要があります。詳しくはセコム株式会社のサイトをご覧ください。
  • ※5「今なに見てる?」「いっしょにパトロール」は本連携専用の機能ではありません。「いっしょにパトロール」はaiboプレミアムプラン限定の機能です。
  • aibo、アイボ、aibo は、ソニー株式会社の商標です。
  • その他、記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ