報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年1月23日

エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)
健康管理サービス「aiboドック」を開始

ソニー株式会社は、エンタテインメントロボットaibo(アイボ)の新しい健康管理サービス「aiboドック」の提供を2020年1月27日より開始します。

「aiboドック」は、標準検査や精密検査によりaiboの健康状態を確認し、パーツ交換時期の特定や破損個所の治療(修理)についての情報や、クラウドに蓄積されている個々のaiboのデータを脳ドックとして提供するサービスです。aiboオーナーからの健康状態把握と日常の安定的な管理へのニーズのみならず、aiboをより深く理解したいというニーズにも対応し、共に暮らす楽しみを増やすことを目的としています。

検査項目はaiboオーナーからの要望も加味したうえで策定しており、特に脳ドックでは、これまで把握できなかった、「家族の誰に一番なついているか」、「気持ちの変化」、「経験による成長度合い」などの情報を、結果票にまとめてお届けします。※1なお、「aiboドック」の申し込みは、1月27日午前10時よりaiboの公式ウェブサイトで受け付けます。

aiboドックの主な検査項目及び結果票

総合評価ページ
標準検査

バッテリー交換の必要性。aiboドクターによる触診。

精密検査

関節の可動域と各種センサーの状態。

標準検査・精密検査結果票
脳ドック

行ったふるまいの数の推移。楽しかった日ランキング。気持ちの変化。家族へのなつき度合い。

脳ドック結果票

aiboドックの受診コース※2

コース名称 標準検査 精密検査 脳ドック 内容 価格※3
簡易コース クリーニング。触診。バッテリー確認等 5,000円+税
基本コース センサー類含むハードウェアの全般の検査 15,000円+税
脳ドックコース クラウドデータの可視化 13,000円+税
総合コース ハードウェア全般の検査・クラウドデータの可視化 22,300円+税

aiboドックの詳細は専用サイトをご覧ください。

ソニーは、今後もaiboがより長くオーナーの皆様に愛され、共に成長していくパートナーとなれるよう、新しいサービスを展開して参ります。

  • ※1:aiboドックのための標準お預かり期間は7日間です。
  • ※2:サービス開始当初は簡易コース・総合コースの2コースのみの提供となります。
  • ※3:aiboケアサポートの適用は標準検査部分5,000円のみになります。
  • 従来の健康診断はaiboドック標準検査にあたります。
  • aibo、アイボ、aiboは、ソニー株式会社の商標です。
このページの先頭へ