SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年2月24日

ソニーの技術を結集した5G対応モデル
フラッグシップスマートフォン『Xperia 1 II』を商品化

ソニーのレンズ交換式デジタル一眼カメラα™(Alpha™)で培った技術により、世界で初めて※1AF/AE※2追従最高20コマ/秒※3の高速連写を実現

ソニー株式会社
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社

スマートフォン 『Xperia 1 II』
(左から:ブラック、ホワイト、パープル)

ソニーは、Xperia™として初めて第5世代移動通信システム(以下、5G)のSub6(6GHz未満の周波数帯)に対応したフラッグシップスマートフォン『Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)』を商品化します。

『Xperia 1 II』は、ソニーのレンズ交換式デジタル一眼カメラα™(Alpha™)で培った技術により、世界で初めて※1AF/AE※2追従最高20コマ/秒※3の高速連写を実現し、新たにZEISS®(ツァイス)レンズを採用したトリプルレンズカメラと3D iToFセンサーを搭載。また、アスペクト比21:9※4、約6.5インチの4K HDR対応有機ELディスプレイ(3840×1644ピクセル)を搭載するなど、ソニーの技術を結集したスマートフォンです。5Gの高速通信により、撮影した大容量データの送信や4Kコンテンツのストリーミング再生などをより快適に楽しめます。

本商品※5は、本年春以降に日本を含む国・地域で発売予定です※6

  • ※1:スマートフォンとして。2020年2月23日調べ。
  • ※2:AF:オートフォーカス、AE:自動露出制御。
  • ※3:標準レンズのみ。本機能は、「Photography Pro」で撮影可能。ドライブモード「Hi」時。シャッタースピード1/100秒以上の場合に有効。撮影環境によって異なる場合がございます。
  • ※4:ディスプレイに表示されるアスペクト比率は、コンテンツのフォーマットによって異なります。
  • ※5:一部機能はソフトウェアアップデートで対応予定です。
  • ※6:端末の仕様、発売時期、本体価格、展開カラー等については、国・地域によって異なります。
商品名 カラー 発売日
Xperia 1 II ブラック、ホワイト、パープル 本年春以降予定※6

主な特長

1. 世界初※1となるAF/AE※2追従最高20コマ/秒※3の高速連写などを実現する本格的なカメラ性能

ソニーのレンズ交換式デジタル一眼カメラα™で培った技術による高速撮影性能

レンズ交換式デジタル一眼カメラα™で培った技術により、60回/秒※7のAF/AE※2演算を行うコンティニュアスAFを可能にし、それにより世界で初めて※1AF/AE※2追従最高20コマ/秒※3の高速連写を実現します。動いている子どもや動物※8の撮影、動きが速く不規則なスポーツ撮影などにおいても、高い精度で被写体にフォーカスを合わせて追従し、撮り逃したくない大切な一瞬を捉えます。また、5Gの高速通信により、撮影した大容量データもより高速に送信可能です。

さらに、AI※9による瞳検出により即時に瞳にフォーカスを合わせる「リアルタイム瞳AF」※7を新搭載。人物に加えて新たに動物※8の瞳も検出し、素早く動く動物の瞳にもフォーカスを合わせて追従し、躍動感ある写真を撮影できます。
マニュアル操作でこれらの本格的な撮影を可能にする新機能「Photography Pro(フォトグラフィー プロ)」では、マニュアル露出やシャッタースピード優先といった撮影モードダイヤル、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスなどを自在に変更可能です。

  • ※7:標準レンズのみ。本機能は、「Photography Pro」で撮影可能。シャッタースピード1/60秒以上の場合に有効。撮影環境によって異なる場合があります。
  • ※8:全ての動物が対象ではありません。
  • ※9:機械学習を含むAI(人工知能)の技術を活用。
被写体の質感までを忠実に再現するZEISSレンズを採用したトリプルレンズカメラと3D iToFセンサー

メインカメラにはZEISSレンズを新たに採用。階調、色再現、透明感、立体感、ぼけ味など、被写体の微細な質感までを忠実に再現します。さらに、T*(ティースター)コーティングにより、画質低下の原因ともなるフレアやゴーストを最小限に抑え、クリアな描写を実現します。また、有効画素数約1220万画素のイメージセンサーを採用した、焦点距離24mmの標準レンズ(F1.7)、70mmの望遠レンズ(F2.4)、16mmの超広角レンズ(F2.2)(35mm換算)と、3D iToFセンサーを搭載。3つのカメラを自在に切り替えてクリエイティブな撮影を楽しめます。さらに、標準レンズと超広角レンズのセンサーにはデュアルフォトダイオードを搭載し、あらゆるシーンで最速0.03秒の高速AFを可能にします。

新搭載の3D iToFセンサーや1/1.7”大判センサーなどにより暗所での高速AFと高感度撮影を実現

暗いシーンでも物体を立体的に検知する3D iToFセンサーを新搭載。3D iToFセンサーとデュアルフォトダイオードにより、暗所でも高速・高精度なオートフォーカスを可能にします。さらに、多くの光を取り込める1/1.7”大判センサーの新採用、より大きなピクセルピッチ(1.8µm)の採用により、標準レンズ使用時に従来比※10約1.5倍の高感度撮影を実現します。また、画像処理エンジンBIONZ X™ for mobileによる画像圧縮前のノイズ低減処理などにより、暗所でも明るくノイズの少ない高精細な写真を撮影できます。また、動画撮影において、光学式(OIS)と電子式(EIS)の手ブレ補正を独自のアルゴリズムで組み合わせたハイブリッド手ブレ補正も搭載。暗所などの厳しい撮影環境での歩きながらの動画撮影も、思いのままに楽しめます。

  • ※10:Xperia 1比。
本格的なシネマ撮影体験を可能にする「Cinematography Pro」

21:9アスペクト比で映画のような質感や色表現でクリエイティブな撮影体験を楽しめる「Cinematography Pro(シネマトグラフィー プロ)」は、映像制作現場のクリエイターの声を反映した新機能を搭載。新たに2K 10bit HDRに対応した120コマ/秒のハイフレームレート撮影※11が可能なほか、従来の24コマ/秒、30コマ/秒に加えて、60コマ/秒、25コマ/秒の4K 10bit HDR撮影を実現します。また、水準器やタッチAF、ホワイトバランスのカスタム設定、適正露出を表示して設定できるメータードマニュアルなどの機能を追加し、より撮影時の表現力を広げます。さらに、ソニー独自開発の音源分離技術で風雑音のみを除去する「インテリジェントウィンドフィルター」を新搭載し、低ノイズのクリアな録音を可能にします。

  • ※11:120コマ/秒のハイフレームレート撮影は、Project FPS(24, 25, 30, 60)に応じてそれぞれ5倍、4.8倍、4倍、2倍のスローモーションとして記録し、再生されます。

2. 21:9 4K有機ELディスプレイと 90Hzディスプレイ相当の残像低減技術でクリアな映像を実現

21:9シネマワイド™ディスプレイによる没入感ある視聴体験

映画とほぼ同じアスペクト比の21:9※4、約6.5インチの4K HDR対応有機ELディスプレイを搭載。21:9のシネマワイド™ディスプレイにより、映画やミュージックビデオなどで採用される21:9の映像を大迫力のフル画面で楽しめます。さらに、5Gの高速通信により4Kコンテンツもスムーズなストリーミング再生が可能になり、4K有機ELディスプレイで没入感ある視聴をより快適に楽しめます。
また、本機が対応する立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス®)」には、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと協業した独自のチューニングを実装し、音の定位感や立体感の再現性を強化。21:9シネマワイド™ディスプレイと臨場感ある迫力のサウンドを組み合わせることで、映画などの対応コンテンツにおいて、より一層没入感ある映像視聴を楽しめます。

BT.2020の広色域や10bitカラー相当の高い階調表現、残像低減技術などによる美しい映像表現

映像制作の基準器として使われているソニーのマスターモニターを手掛ける部門が監修した色設定「クリエイターモード」を搭載。10bitカラー相当の高い階調表現による映像美に加えて、UHD(Ultra HD)の放送規格 ITU-R BT.2020の色域や、10bit信号に対応した独自開発の画像処理で、映像制作者の意図した表現を再現します。
また、ブラビア®で培った高画質化技術X1™ for mobileにより、SDR映像コンテンツをHDR相当の画質で美しく表示する「HDRリマスター」を搭載し、インターネット上の映像も高精細に視聴可能です。
さらに、90Hzディスプレイ相当の残像低減を実現する残像低減技術の新搭載により、クリアな映像を実現。また、標準光源/色温度からホワイトバランスを選択できる設定を新たに追加し、印刷した写真の色味を忠実に再現するなど、ディスプレイの色味を用途に応じて変更可能です。

簡単操作で快適な「ながら操作」が可能な21:9マルチウィンドウ

縦長ディスプレイにより一画面に表示できる情報量が大幅に増すほか、ソニー独自のUIを実装した21:9アスペクト比ならではの使いやすい二画面同時表示が可能な「21:9マルチウィンドウ」を搭載。さらに、上下それぞれの画面を横にスライドするだけで2つのアプリを簡単に切り替え可能な「マルチウィンドウスイッチ」を新たに搭載します。動画を見ながらSNSを閲覧するなどの「ながら操作」をより快適に行えます。

3. ソニー・ミュージックとの協業による独自のオーディオチューニングでクリエイターの意図を再現

ソニー・ミュージックエンタテインメントとの協業により、ボーカルや楽器の音の定位感、その場にいるかのようなリアルな空気感など、クリエイターの制作意図を忠実に再現するソニー独自のオーディオチューニングを実装します。3.5mmオーディオジャック搭載により左右の音の混ざりを従来比※10約10分の1まで低減し、お手持ちの有線ヘッドホンでよりクリアな音質を楽しめるほか、左右に均等に配置されたフロントステレオスピーカーでバランスの良い迫力のステレオサウンドを実現。クリエイターの制作意図を忠実に再現したこだわりのサウンドを、有線ヘッドホンや本体スピーカーで音質や迫力をそのままに体感できます。
さらに、AI技術で高音域の表現力や微細な音の再現性が向上したDSEE Ultimate™※12に対応。ストリーミングサービス※13や、ワイヤレスヘッドホン※14にも対応し、あらゆる圧縮音源をハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)相当の高音質にアップスケーリングして再生します。
このほか、世界で初めて※1、ソニーの提案する新たな音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」向けのハードウェアデコードを新搭載。対応コンテンツの再生時に約30%の消費電力低減※15を可能にし、アーティストと同じ空間にいるかのような、音に包まれる新しい音楽体験が長時間楽しめます。

  • ※12:DSEE Ultimateの設定ON時に有効です。ハイレゾ相当の音質で楽しむには、ハイレゾ対応ヘッドホン(別売)が必要です。
  • ※13:お使いのサービスの仕様により、非対応の場合があります。
  • ※14:LDAC™対応ヘッドホン(別売)が必要です。
  • ※15:ストリーミングサービス「TIDAL(タイダル)」のみ。「TIDAL」は一部地域でご利用可能です。

4. ゲームプレイに集中できる環境と没入感あるゲーム体験を実現

ゲームプレイに集中できる専用機能を備える「ゲームエンハンサー」には、ゲームに不要な機能を無効化して誤動作などを防ぐコンペティションセットや、ディスプレイのタッチ範囲設定などの機能を新たに追加。さらに、ディスプレイのタッチパフォーマンスが向上し、俊敏な操作を求められるゲームも思いのままにプレイできます。また、アスペクト比21:9※4のディスプレイによりゲームコンテンツの表示領域が大きく広がるほか※16、残像低減技術によるクリアな映像とフロントステレオスピーカーによる迫力の音響で、没入感と臨場感のあるゲーム体験を楽しめます。
さらに、モバイル向けファーストパーソン・シューティング(FPS)ゲーム「Call of Duty®: Mobile」が新たに21:9のディスプレイに対応。Qualcomm® Snapdragon Elite Gaming™とのコラボレーションにより独自のチューニングを実装し、「Call of Duty®: Mobile」をより快適にプレイできます。また、プレイステーション®4のワイヤレスコントローラー DUALSHOCK®4を装着※17することで、外出先でも自宅と同様にゲームプレイを楽しめます。

  • ※16:ゲームの仕様により、21:9表示にならない場合があります。
  • ※17:DUALSHOCK®4とXDマウント(Xperia用ゲームコントローラーマウント)は別売です。ソフトウェアタイトルにより互換性は異なります。

5. 最新CPUと大容量バッテリー搭載の充実した基本性能

Qualcomm社製の最新プラットフォーム Qualcomm® Snapdragon™ 865 5G Mobile Platform搭載により、CPUとGPUのパフォーマンスがそれぞれ約25%高速化。さらに、8GB(RAM)/128GB・256GB(ROM)※6の内蔵メモリーにより、動作速度や処理能力も向上します。また、4000mAhの大容量バッテリーの搭載に加えてワイヤレス給電規格Qi(チー)に対応します。さらに、最短30分で約50%の急速充電※18が可能なほか、Xperia独自の充電最適化技術と「いたわり充電」により、充電時のバッテリーへの負荷を軽減し、2年※19使っても劣化しにくいバッテリーの長寿命化を実現。また、電池消費を抑えて電池持ちをよくする「STAMINA®モード」、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)性能など、充実した基本性能を備えます。本体には高強度なCorning® Gorilla® Glass 6を採用するほか、フラットなデザインの背面パネルには光の反射で鏡面感を強調したカラーのガラスを採用。ブラック、ホワイト、パープルの3色※6を展開します。

  • ※18:21W以上のUSB Power Deliveryに対応した急速充電器で充電する場合。
  • ※19:ソニーモバイルコミュニケーションズ(株)調べ。

関連アクセサリー(別売)

Xperia 1 II Style Cover View (XQZ-CVAT)

カバーを閉じたままスマートフォンの通知や日時などを確認できる『Xperia 1 II』専用カバー。本体にぴったりフィットする形状と、光を取り込んだようなツヤのある美しいデザインで、内側には柔らかなスウェード調の布地を採用しています。さらに、表面加工を施したすり鉢構造のカメラリングにより、カメラに侵入する不要な反射光を最小限に抑えたほか、アンテナ感度やコンパス精度を損ないにくい設計を施すなど、純正カバーならではのこだわりが詰まっています。カラーは本体にマッチするブラック、グレー、パープルの3色※6を展開します。

Xperia 1 II Style Cover View
(ブラック)

Xperia 1 II Style Cover with Stand (XQZ-CBAT)

動画視聴時やゲームプレイ時に便利な開閉式のスタンド機能を備えた『Xperia 1 II』専用カバー。スタンドを閉じれば、カバーと一体化するスリムな構造を実現しています。持ちやすさと機能性を兼ね備え、本体の形状にぴったりフィットする純正カバーならではのデザインです。カラーはブラック、パープルの2色※6を展開します。

Xperia 1 II Style Cover with Stand
(ブラック)

主な仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください

  • Xperia、シネマワイド、α、Alpha、BIONZ X、ブラビア、X1、DSEE Ultimate、LDAC、STAMINAは、ソニー株式会社の商標または登録商標です。
  • “プレイステーション”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。“DUALSHOCK”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
  • ZEISSはCarl Zeiss AGの登録商標であり、Carl Zeiss Vision International GmbHのライセンスに基づき使用されています。
  • Dolby、ドルビー、及びDolby Atmosはドルビーラボラトリーズの登録商標です。
  • Qualcomm、Snapdragonは、Qualcomm Incorporatedの商標です。
  • © 2020 Activision Publishing, Inc. ACTIVISIONとCALL OF DUTYは株式会社Activisionの登録商標です。
  • その他記載されている商品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
このページの先頭へ