SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年3月12日

独自技術により高輝度発光等を実現する研究試薬用素材
蛍光色素KIRAVIA Dyes™(キラビア ダイズ)のライセンスを開始

生命科学分野で細胞・組織分析の精度向上へ貢献

ソニー株式会社
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社

KIRAVIA Dyes ロゴ

ソニーは、生命科学分野で、組織や細胞の特徴を分析するために使用する蛍光試薬の素材となる、蛍光色素KIRAVIA Dyes™(キラビアダイズ)を独自開発し、試薬メーカーへのライセンスを開始します。

KIRAVIA Dyesは、ソニー独自技術の有機高分子のバックボーン(骨格)に蛍光色素分子を付加して構成した高分子蛍光色素です。自動合成装置を用いることで高分子化しています。この高分子構造は、付加する蛍光色素の分子の数を増やし、かつその分子間の距離を調整して消光現象を緩和できるため、明るさの増強が可能です。

細胞表面に、蛍光標識を付けた抗体(試薬)を反応させて細胞を分析する既存の色素を用いる場合(右上)とKIRAVIA Dyesを用いる場合(右下)の構造イメージ

また、このバックボーンは市場にある多くの色素と組み合わせ可能なため、これまで試薬に用いることが難しかった数多くの色素を生かし、試薬の色のバリエーションを容易に増やせる可能性があります。昨今、細胞分析装置(フローサイトメーター)の分野では、技術進化により数十色といった多色の細胞分析が可能になっており、こうしたソリューションを将来的に強化することにつながる見込みです。

今後、KIRAVIA Dyesを用いた試薬は、フローサイトメーターや顕微鏡をはじめとした機器を通じて、再生医療や免疫学などの研究他、生命科学分野で活用されることが期待されます。複数の試薬メーカーへのライセンスを通じて、ライフサイエンス研究におけるKIRAVIA Dyesの活用機会を広げていきます。
また、ソニーではKIRAVIA Dyesを用いた試薬の自社販売も、今春を目途に予定しています。

ソニーは、2010年よりフローサイトメトリー事業に参入し、様々なフローサイトメーターを商品化してきました。KIRAVIA Dyesの販売を通じてソリューションを強化し、先端医療の研究加速などライフサイエンス分野へ貢献し、さらなる社会的価値の提供に努めていきます。

  • フローサイトメーターは、細胞の数や細胞内・表面の情報(サイズ、構造、バイオマーカーなど)などを光学的に分析する装置の総称で、具体的には目的とする細胞を全体から分取する装置であるソーターと、主に細胞を観察する際に用いる装置であるアナライザーを指します。
  • KIRAVIA Dyes™はソニー株式会社の商標です。
  • その他、記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ