報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年4月23日

ブロックチェーン技術を活用したMaaS共通データベース基盤を開発

独自開発の高速処理技術で一日700万件超の移動履歴記録と共有を達成

ソニー株式会社は、複数の交通機関を統合した次世代移動サービスであるMaaS(マース:Mobility as a Service)向けにブロックチェーン技術を活用した共通データベース基盤(ブロックチェーン・コモン・データベース:以下、BCDB)を開発しました。MaaSとは電車やバス、タクシー、カーシェアリング、配車サービス、レンタル自転車などの交通手段をITやクラウド技術で統合して、利用者に希望する目的地への最適経路や推奨する交通機関とサービスの組み合わせ、所要時間、料金等を一括して提示し、予約から決済までを提供するものです。ソニーが独自開発したBCDBはデータの高速処理を特長としており、一日700万件以上の利用者が匿名化された移動履歴と収益配分の記録、共有を可能としました。

ソニーは、オランダ・インフラ水管理省が2019年に公募したMaaSのプログラム(ブロックチェーン・チャンレンジ・プログラム)に参画し、2020年3月末までBCDBによる実証試験を行いました。参加者の中で同省の要求仕様に対応できたものはソニーのBCDBのみであり、またブロックチェーン技術をMaaS向けに活用し大規模な移動履歴と収益配分の記録、共有を実現した実証試験は業界初の取り組みとなります。

ブロックチェーン技術は、プログラムや情報の破壊、改ざんが困難なネットワークを作り、データや権利情報を複数の事業体が共同で共有し、管理する目的に適しています。BCDBにより、MaaSに関わる様々な交通事業者間でブロックチェーンの分散台帳に情報を記録、共有することで信頼性と透明性を持った情報の活用とサービスへの展開が可能となりました。

欧州では、オランダ・インフラ水管理省を含め様々な事業体が、複数の交通事業者が関わるMaaSの推進に向けて、交通に関するデータのオープン化や非中央集権型のデータマネジメントなどの施策を展開しています。BCDBは非中央集権型の情報基盤として、移動記録や収益分配に加えて、移動記録の分析や活用により、移動効率化への貢献や将来のスマートシティ構想に向けた施策検討に寄与するものと考えられます。
ブロックチェーン・チャンレンジ・プログラムで実証試験を行ったBCDBには拡張性があり、さらなるデータの高速処理化も見据えていることから、大都市の交通事業者による活用も可能となっています。また、BCDBはMaaS向けに限らず、スマートシティ構想における各種センサデータの記録、共有などへの応用も期待できます。

ソニーグループではブロックチェーン技術の様々な分野への応用を展開しており、教育分野における「教育データの認証・共有・権限管理システムの開発」や、エンタテインメント分野における「デジタルコンテンツの権利情報処理システムの開発」、またブロックチェーン関連サービス全般に対して利便性と安全性を兼ね備えた秘密鍵管理を提供する「ICカードを利用した仮想通貨ハードウェアウォレット技術の開発」などを行ってきました。
今後もブロックチェーン技術のさらなる普及を目指して、様々な領域における応用の探索を推進していきます。

このページの先頭へ