報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年4月16日

ソニー、エムスリーと新型コロナウイルス感染症対策で協業

ソニー株式会社
エムスリー株式会社

ソニー株式会社(以下、ソニー)とエムスリー株式会社(以下、エムスリー)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に従事している医療関係者、そして病と闘っている患者の皆様に両社のテクノロジーと知見を集結して貢献すべく、協業を開始することを決定しましたので、お知らせします。
なお、今回の協業実施に係る費用は、新型コロナウイルスとの戦いの最前線におられる皆様、未来を担う子どもたち、クリエイティブコミュニティなどへの支援実施のため、2020年4月2日にソニーが発表した「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」より拠出します。

まずは医療の最前線の安全を向上させることに主眼を置き、本協業は以下の3点から開始する予定です。

  1. 全国の医療現場に対し、新型コロナウイルス感染症疑い症例の診断を支援するための胸部CT検査画像の診断支援サービス、画像診断支援AIの開発と普及
  2. 新型コロナウイルス感染症治療の最前線にいる医師からの最新の知見をはじめとした各種対応知識を全国の医師・医療従事者に伝達するための、無料Web講演会の開催(最大20回程度を予定)
  3. 新型コロナウイルス感染症治療に携わる医療関係者向け負荷低減ソリューションの開発
  • 新型コロナウイルス感染症の診断においては、臨床症状やPCR検査をはじめとする検査データとともに画像所見も重要な意義を持つと考えられ、本サービスは、胸部CT検査で新型コロナウイルス感染症疑い症例の判定を遠隔のエキスパート読影医に依頼することができるサービスです。

また両社は、新型コロナウイルス感染症対策以外の医療領域においても新たな価値創造を探索する取り組みを開始します。具体的には、ソニーのスタートアップ創出支援プログラム「Sony Startup Acceleration Program」を活用し、ソニー社内で医療分野におけるアイデアを公募しプロジェクト化することで課題解決を目指します。
ソニーのクリエイティビティとテクノロジーの力、そしてエムスリーの医療分野における知見と事業開発力を掛け合わせた新たな体験の提供を通じて、患者が「病に負けない、人生を輝かせる」ことに貢献する事業開発に取り組んでまいります。

ソニー株式会社 代表執行役 社長 兼 CEO 吉田憲一郎のコメント

「エムスリーの医療分野における豊富な知見、ネットワークとソニーのテクノロジーの力を結集し、新型コロナウイルス感染症に対応する医療の最前線を守ることに貢献できるよう、迅速に活動を進めてまいります。」

エムスリー株式会社 代表取締役 谷村格のコメント

「ソニーとエムスリーが連携して、従来にない発想で医療界に新たな貢献をしていければと考えています。まずはCOVID-19問題に少しでもお役に立てるよう、施策をスピーディーに展開してまいります。」

このページの先頭へ