報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年7月10日

ソニーが、米国のゲーム開発会社Epic Gamesに出資

ソニー株式会社
Epic Games, Inc.

ソニー株式会社(以下、ソニー)とEpic Games, Inc.(以下、Epic)は、ソニーがその完全子会社を通じてEpicに2.5億米ドル(約268億円)の戦略的な出資を行い、これによりEpicの少数持分を取得することについて合意しました。両社はこれまでもさまざまな協業をしていますが、本出資によりさらに関係を強固にし、最先端のテクノロジー、エンタテインメント、及びオンラインサービスを発展させるという両社共通のミッションを強化していきます。

本出資を契機に、ソニーの優れたポートフォリオであるエンタテインメント資産とテクノロジー、及びEpicのソーシャルエンタテインメントプラットフォームとデジタルエコシステムを跨ぐコラボレーションを拡大し、ユーザーとクリエイターにユニークな体験を提供することをめざします。なお、本出資の完了は関係当局の認可を含む、諸条件を満たすことが条件となります。

  • ソニー株式会社 会長 兼 社長 CEO 吉田 憲一郎のコメント:
    「Epicはグラフィックなどの優れた技術を持ち、“Unreal Engine”をはじめとする数々のイノベーションによりゲームエンジンの進化を牽引しています。また『フォートナイト』ほどに革新的なエンタテインメント体験の例は他にありません。今回の出資を通して、Epicとの協業のさらなる深化を模索し、ゲームの分野に限らず、急速に発展しているデジタルエンタテインメントの領域で、ユーザー、そして業界の皆様に喜んでいただけるような価値を提供していきます。」
  • Epic Games, Inc. ファウンダー CEO ティム・スウィーニーのコメント:
    「ソニーとEpicは両社ともクリエイティビティとテクノロジーが交わる分野でビジネスをしており、ゲーム、映画、音楽を融合させるリアルタイム3Dソーシャルエクスペリエンスに関するビジョンを共有しています。私たちは協力して、すべてのユーザーとコンテンツクリエイターに向けて、よりオープンでアクセスしやすいデジタルエコシステムの構築をめざします。」
  • 1米ドル=107円として計算

ソニー株式会社について

ソニー株式会社は、テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーです。ゲーム&ネットワークサービス、音楽、映画、エレクトロニクス、半導体、金融などの事業を展開し、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」ことをPurpose(存在意義)としています。

Epic Gamesについて

1991年に設立されたEpic Gamesは、インタラクティブエンタテインメントの分野をリードし、3Dエンジンテクノロジーを提供しています。 Epicは、3億5,000万以上の登録ユーザーと25億のフレンド接続を持つ世界最大のゲーム「フォートナイト」を運営しています。Epicが開発する「Unreal Engine」は、世界の主要なゲームだけでなく、映画やテレビ、建築、自動車、製造などの業界で可視化やシミュレーションに採用されています。Epicはノースカロライナ州ケーリーに本社を置き、世界中の35のオフィスに2,200人以上の社員がいます。最新の情報については@EpicGamesをフォローしてください。

このページの先頭へ