SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年8月17日

欧州で権威のある「EISAアワード」を5部門で受賞

『α7R IV』は「TIPAアワード」と「カメラグランプリ」、「EISAアワード」をあわせ3冠を達成

ソニーの5つの商品が、欧州で権威のある「EISAアワード 2020-2021」の5部門において、以下の各賞を受賞しました。

  • フルサイズミラーレス一眼カメラ『α7R IV』(ADVANCED FULL-FRAME CAMERA部門)
  • デジタル一眼カメラ α™(Alpha™) Eマウント用交換レンズ 『FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS』(SUPER TELEPHOTO ZOOM LENS部門)
  • デジタル一眼カメラ α Eマウント用交換レンズ 『FE 20mm F1.8 G』(WIDEANGLE LENS部門)
  • デジタルカメラ 『VLOGCAM™ ZV-1』(VLOGGING CAMERA部門)
  • スマートフォン『Xperia 1 II』(MULTIMEDIA SMARTPHONE部門)

『α7R IV』(2019年9月発売)は、世界的に権威のある「TIPAアワード2020」のベストフルサイズプロフェッショナルカメラ(Best Full Frame Professional Camera)や国内で最も権威のある「カメラグランプリ2020」の大賞を受賞するなど、高い評価を得ています。今回、EISAの「アドバンストフルサイズカメラアワード2020-2021」(EISA ADVANCED FULL-FRAME CAMERA)を受賞することで、『α7R IV』は世界有数の写真・映像関連の賞における3冠を達成しました。

EISAについて (EISAオフィシャルホームページ)

EISA(European Imaging and Sound Association)は、欧州および米国、オーストラリアを含む30カ国の主なカメラ雑誌やモバイル機器、オーディオ、ビデオなどの専門誌60誌が加盟している組織です。今回ソニーが受賞したのは、同団体に加盟する各誌の編集者やテクニカルエディターにより部門ごとに決定される賞で、過去1年間に欧州で発売された各製品群の中から優れた製品に贈られます。

5つの部門の受賞商品および受賞理由は以下の通りです。

EISA ADVANCED FULL-FRAME CAMERA 2020-2021

  • 受賞商品
    フルサイズミラーレス一眼カメラ『α7R IV』
  • 受賞理由
    有効約6100万画素の解像性能を実現したフルサイズミラーレスカメラとして、高い評価を得ました。AI※1を用いたリアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AFなどの高速・高追従AF性能をはじめ、AF/AE※2追従最高約10コマ/秒※3の高速連写性能やボディ内5軸手ブレ補正機能、高精細な約576万ドット電子ビューファインダーなど、プロフェッショナルの撮影を強力にサポートする機能や性能を備えている点が総合的に評価されました。
  • ※1機械学習を含むAI(人工知能)の技術を活用。
  • ※2AF:オートフォーカス、AE:自動露出制御。
  • ※3連続撮影モード「Hi+」時に最高約10コマ/秒、連続撮影モード「Hi」時に最高約8コマ/秒の高速連写が可能です。

EISA SUPER TELEPHOTO ZOOM LENS 2020-2021

  • 受賞商品
    デジタル一眼カメラα Eマウント用交換レンズ
    『FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS』(超望遠ズームレンズ)
  • 受賞理由
    野鳥などの野生動物やスポーツシーンなど、望遠から超望遠領域を撮影するフォトグラファーに適した軽量な超望遠ズームレンズとして、高く評価されました。望遠200㎜から超望遠600㎜までのズーム全域にわたる高い解像性能に加え、高速・高精度かつ静粛なAF性能※4や、ズーム動作時の重心の変化が少ないインナーズーム方式、1.4倍および2倍のテレコンバーター(別売)で最長1200mmまでの超望遠撮影が可能な点も、評価点として挙げられています。
  • ※4NEX-ではじまる型名の機種と『α5000』『α5100』、『α7』『α7R』『α7S』では、AFの一部機能に制限があります。

EISA WIDEANGLE LENS 2020-2021

  • 受賞商品
    デジタル一眼カメラα Eマウント用交換レンズ
    『FE 20mm F1.8 G』(大口径超広角単焦点レンズ)
  • 受賞理由
    小型軽量設計で、開放絞りF1.8から画面全域で高い解像力を実現した点が高い評価を得ました。高度非球面AA(advanced aspherical)レンズ2枚およびED(特殊低分散)ガラス3枚を効果的に配置することで色収差・歪曲収差を抑制しながら、9枚羽根の円形絞りなどにより実現した美しいぼけ描写が評されています。加えて、ソニー独自の高推力なXD(eXtreme Dynamic)リニアモーター2基による高速・高精度・高追随かつ静粛なAF性能や、最短撮影距離0.19mの高い近接撮影性能も評価点に含まれています。

EISA VLOGGING CAMERA 2020-2021

  • 受賞商品
    デジタルカメラ『VLOGCAM ZV-1』
  • 受賞理由
    日常・旅行先での情報発信や商品レビューなど、Vlog(ビデオブログ)撮影に特化した革新的なカメラであることが評価されました。被写体を引き立たせる便利な撮影機能やノイズを抑制するクリアな音声収録性能、自撮りに便利な横方向に開くバリアングル液晶モニター搭載などに加え、ワイヤレスリモートコマンダー機能付きシューティンググリップ『GP-VPT2BT』との組み合わせで、より自由度が高くクリエイティブな動画撮影を可能にする点が、総合的に評価されました。

EISA MULTIMEDIA SMARTPHONE 2020-2021

  • 受賞商品
    スマートフォン『Xperia 1 II』
  • 受賞理由
    フォトグラファー、ビデオグラファー、シネマトグラファー、シネファイル、オーディオファイル、モバイルゲーマー向けの最適な機能が詰まったスマートフォンとして高く評価されました。トリプルレンズカメラの搭載に加えて、レンズ交換式デジタル一眼カメラα™で培った技術により実現したAF/AE※2追従最高20コマ/秒※5の高速連写や、人物と動物※6の瞳を検出してフォーカスを合わせて追従するリアルタイム瞳AF※7も評価点として挙げられています。また、α™のUIを反映した「Photography Pro(フォトグラフィー プロ)」やソニーの業務用機器を担当する部門がUIや画作りを監修した「Cinematography Pro(シネマトグラフィー プロ)」も評価されました。さらに、アスペクト比21:9※8、約6.5インチの4K HDR対応有機ELディスプレイを搭載した21:9シネマワイド™ディスプレイに加えて、立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス®)」やソニーの提案する新たな音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」への対応による没入感ある視聴体験の実現も評価点として挙げられています。さらに、プレイステーション®4のワイヤレスコントローラー DUALSHOCK®4を装着※9することで、外出先でも自宅と同様にゲームプレイを楽しめる点や、最新プラットフォーム Qualcomm® Snapdragon™ 865 5G Mobile Platform搭載による高速なパフォーマンス性能も評価されました。
  • ※5標準レンズのみ。本機能は、「Photography Pro」で撮影可能。ドライブモード「Hi」時。シャッタースピード1/100秒以上の場合に有効。撮影環境によって異なる場合があります。
  • ※6全ての動物が対象ではありません。
  • ※7標準レンズのみ。本機能は、「Photography Pro」で撮影可能。シャッタースピード1/60秒以上の場合に有効。撮影環境によって異なる場合があります。
  • ※8ディスプレイに表示されるアスペクト比率は、コンテンツのフォーマットによって異なります。
  • ※9DUALSHOCK®4とXDマウント(Xperia用ゲームコントローラーマウント)は別売です。ソフトウェアタイトルにより互換性は異なります。
  • α、Alpha、VLOGCAM、Xperia、シネマワイドは、ソニー株式会社の商標です。
  • プレイステーション、DUALSHOCKは株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
  • その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ