SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年8月5日

ソニー、東京大学、JAXA
宇宙感動体験事業の創出に向けた共同開発・技術実証契約を締結

技術実証実験を目的に人工衛星を共同開発

ソニー株式会社
国立大学法人東京大学
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

ソニー株式会社(以下、ソニー)、国立大学法人東京大学(以下、東京大学)、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、「宇宙感動体験事業」の創出に向けて三者で共同開発・技術実証契約を締結し、ソニーのカメラ機器を搭載した人工衛星の共同開発を開始します。地上から自由にリアルタイムで遠隔操作できる人工衛星上のカメラシステムを構築し、宇宙空間の映像を宇宙飛行士さながらのリアリティある視点で人々に届けることを目指します。
本活動は、「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)プログラム(事業共同実証)」※1に基づいて、東京大学およびJAXAの支援の下、ソニーが主体となり技術実証・事業探索を行うものです。

ソニーは、イメージングやセンシング、通信などの技術を活用して人工衛星のミッション部※2の開発やシステム構築を担います。本衛星から捉えた宇宙空間、そして地球の映像を用いたこれまでにないコンテンツや体験など、新たな宇宙エンタテインメントの創出を様々なクリエイターやパートナーとともに探索します。
東京大学は、超小型探査機PROCYONや水エンジン実証 CubeSat「AQT-D」における超小型衛星システムおよび超小型推進系の開発実績に基づき、人工衛星の基本機能(バス部)および推進系の開発を支援し、将来的な高度な宇宙ミッションの実現および持続可能な宇宙開発/利用を目指します。
JAXAは、人工衛星の開発・運用や国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の利用・運用で培ってきた技術力とプロジェクト経験を活かし、技術支援及びソニーが策定する事業・研究開発計画の検討を支援します。今回の衛星では、自由かつリアルタイムで遠隔操作する衛星上のカメラで撮影した映像を地上に届けることを目指しており、一連の衛星開発に係る検討支援等を通じて、将来のJAXAミッションにも有用な新しい知見や技術の獲得を目指します。

三者による、共同開発・技術実証の取り組みを通じて、宇宙からの視点を人々に提供することで、人々が地球を大切にする心を育み、世界中でその価値観が共有される、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

  • ※1JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」とは、宇宙ビジネスを目指す民間事業者等とJAXAとの対話から始まり、事業化に向けた双方のコミットメントを得て、共同で事業コンセプト検討や出口志向の技術開発・実証等を行い、新しい事業を創出するプログラムです。2018年5月から始動し、現在、約20プロジェクトを進めています。事業コンセプト共創では、マーケット調査、事業のコンセプトの検討などの活動を、事業共同実証では、事業化手前の共同フィージビリティスタディ、共同技術開発・実証などの活動を行います。
  • ※2人工衛星のカメラ部分
このページの先頭へ