SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年10月14日

横浜マリノス株式会社とテクノロジー&エンタテインメント分野でパートナーシップに向けた意向確認書を締結

グループ会社間連携によるスポーツエンタテインメント事業の取り組みを強化

ソニー株式会社(以下、ソニー)は、横浜マリノス株式会社と、テクノロジーとエンタテインメントの分野でパートナーシップに向けた意向確認書を締結しました。ソニー及びソニーグループ各社が有する映像やデータ分析等のテクノロジー及び多様なエンタテインメント事業で培ったノウハウで、横浜マリノス株式会社が構想する次世代型練習場(フットボールラボ)やスマートスタジアムの実現、そして更なるファンエンゲージメント向上を目指します。なお、本取り組みについては10月20日より開催されるCEATEC 2020にてビデオ展示を予定しております。

ソニー及びソニーグループ各社は、これまでも多角的にスポーツの発展とその魅力の向上に取り組んできました。エレクトロニクス領域においては、スポーツ中継に必要な放送機器やスタジアム設備の開発・導入はもちろんのこと、グループ会社であるHawk-Eye Innovations(ホークアイ)はテニスのイン・アウト判定やサッカーのVAR(Video Assistant Referee)に代表される審判判定補助サービス等を提供しています。加えて、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、スポーツイベントの演出、プロモーション、及びグッズ製作などを通じてさまざまなスポーツにおけるファンエンゲージメント向上に取り組んでいます。

本意向確認書締結を皮切りに、ソニーはテクノロジーとエンタテインメントの力で、スポーツによる新たな感動体験を創出すべく、ソニーグループ内の連携によるスポーツエンタテインメント事業の取り組みを強化します。スポーツはファンを熱狂させるライブエンタテインメントの一つです。ソニーはテクノロジーの力で感動を生みだす選手の才能を応援し、その活躍を魅力的に届けることで、世界中のスポーツを楽しむファンにこれまで以上に充実したエンタテインメント体験を提供することをめざします。

このページの先頭へ