SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年10月29日

ソニー・グローバルエデュケーション
新型コロナウイルスで影響を受けている子どもたちへの教育支援を拡大

株式会社ソニー・グローバルエデュケーション(代表取締役社長:礒津政明)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けている子どもたちや学校、教育関係者への支援策として、本年7月に日本と中国、アメリカで開始したロボット・プログラミング教材KOOV®の寄贈等の支援を拡大して継続します。
第一弾の教育支援では、1,200名以上にKOOVによるプログラミングの体験機会を提供しました。この支援規模を2020年10月から2倍以上に拡大し、より多くの教育機関と連携しながら子どもたちにプログラミング教育を届けていきます。また、2017年より開催してきた国際ロボットコンテスト「KOOV Challenge」を今年はオンライン形式で実施し、従来のKOOVユーザーに加えて、これまでの支援でKOOVを体験した子どもたちが新たな創作に挑戦したり、他のユーザーと交流できる機会を提供します。

これらの支援に係る費用は、新型コロナウイルスの影響を受けている方々のためにソニー株式会社が立ち上げた「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」から拠出されます。

2020年10月からの具体的な活動内容

日本では、学童の運営を行うNPO法人との連携を更に拡大し、KOOVキットの無償提供と教育活動のための資金を寄付します。新たに特定非営利活動法人Chance for Allと連携し、KOOVを使ったワークショップの実施や子どもたちが創作したKOOV作品を発表する場をつくります。また、特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクールとの連携も継続し、教育格差縮小の取り組みとしてソニー株式会社が展開している「感動体験プログラム」の一環として、KOOVを活用したオンラインでのプログラミング体験ワークショップの公募を実施します。

これまでにオンラインワークショップを受講した子どもたちへのアンケートでは、9割以上の子どもが「楽しかった」と回答しました。また参加団体からは「高学年が低学年に教えたり、早くできた子が友だちに教えたり、助け合いながら参加してチームワークが生まれていた」、「作品を作り上げたことで、自分に自信を持てた様子だった」などの感想が寄せられました。

自治体との連携としては、8月にKOOVと機材類を寄贈した青森市において、青森市立東中学校が授業を開始しています。テーマは「青森ねぶた祭×プログラミング」。美術科と技術科のコラボ授業として、ねぶたの動きをプログラミングで作るこの取り組みは、生徒たちが、いつもとは異なる視点で改めて身の回りの環境を見つめるきっかけとなりました。また、岡山県の岡山大学国際創造教育研究所、高知県四万十町へも寄贈を行いました。今後豊島区教育委員会(東京都)と函館市教育委員会(北海道)などさらに広域の自治体への無償提供を進め、地域のニーズに即し、地域ならではの特長を活かしたSTEAM※1教育実践事例の創出に寄与していきます。

中国では、ソニーチャイナ(索尼(中国)有限公司)から、これまでにNPO中华少年儿童慈善救助基金会を通じてKOOVを5歳から10歳の子どもたち200人に無償で提供しました。またこの対象者はソニーチャイナの協力教育機関からオンラインでプログラミング授業を計11回受講しました。参加者や教育業界からは、『オンラインで実施しにくいと考えられていたSTEAM教育を確実に提供できたことがまさにコロナ禍の有効な教育支援である』と高い評価を受けています。今後は支援の対象をさらに拡大し、新たに7歳~10歳の子ども500人にKOOVを寄贈し、無料のオンライン授業も合わせて提供します。

米国では、ソニー米国法人Sony Electronics Inc.から、KOOV Academy Programとして、カリフォルニア州サンディエゴ学区の教育を担当するSan Diego County Office of Education、NPO法人のClassroom of the Future Foundation 、NYSCATE (The New York State Association for Computers and Technologies in Education)等を通じて200人以上の教育者へKOOVとそのトレーニングの無償提供を行いました。今後は、より多くの自治体やNPOを通じて、コロナ禍において学習機会の制限を受けている子どもたちにプログラミング教育の機会を提供します。

KOOV Challenge 2020 オンライン開催中

第4回を迎える国際ロボットコンテスト「KOOV Challenge」は、今年オンラインにて開催します。「KOOV未来コンサート」をテーマに、12月初旬までエントリーを受け付けています。

KOOVについて

KOOVは、ブロックで自由な「かたち」を作り、「プログラミング」によってさまざまな「動き」を与えて、学び、創造力を育成するロボット・プログラミング学習キットです。一人ひとりが違う「かたち」をつくれることをコンセプトにしており、日本のみならず中国、米国へも導入されているグローバルな教材です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のように、世界規模で直面する課題に対して、科学技術による貢献は今後益々大きくなるものと考えます。広大な教育分野において理系教育は重要な領域ですが、今後は領域を超えた課題解決も求められます。STEAMに留まらず、領域を越えてクリエイティビティを発揮する人材、多様性が強みになる豊かな社会を形成する人材。ソニー・グローバルエデュケーションは、そのような人材育成に向けて教育のあるべき姿を常にデザインしながら、テクノロジーを活用した教育分野のイノベーションに挑戦しています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けている子どもたちや学校、教育関係者への支援を通じ、子どもたちにプログラミング教育、STEAM教育の機会を提供し、困難な状況下でも創造的思考や好奇心、探求心を育み続けることを支援します。

  • ※1STEAMは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の略
  • KOOV®は株式会社ソニー・グローバルエデュケーションの登録商標です。
  • その他、記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ