SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2020年11月16日

クラウド中継システムと5G網を活用した遠隔番組制作の実証実験に成功

ソニー株式会社
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
ソニービジネスソリューション株式会社
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社、ソニービジネスソリューション株式会社、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は、株式会社フジテレビジョン(以下、フジテレビ)および株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と共同で、第5世代移動通信システム(以下、5G)を用いた通信サービスとクラウド上に構築した仮想中継システム(以下、クラウド中継システム)を用いた遠隔制御による番組制作「CNG(クラウド・ニュース・ギャザリング)」の共同実証実験を2020年11月9日(月)に実施し、遠隔でのライブ番組制作に成功しました。
本実証実験は、中継システムのクラウド化と5Gによる通信の大容量化・低遅延化により実現したものです。今回活用したクラウド中継システムは、報道を含む様々な映像制作用途を想定しソニーが開発を進めているシステムで、番組制作の実証実験は今回が初めてです。従来は、ハードウエアで制御していた映像のスイッチング、テロップの重畳、動画ファイル再生等、多様な映像処理をクラウド上で行うことができます。

実証実験では、お台場地区の2か所の中継地点で撮影したニュース映像・音声をソニー製トランスミッター試作機でそれぞれエンコードし、ネットワーク環境に適した形に制御しながら5G対応スマートフォンXperia™に入力、ドコモの5Gを用いた通信サービスを介してクラウド中継システムへ送信しました。フジテレビ本社からは、インターネット経由でこのクラウド中継システムを制御し、2地点からの映像・音声をリアルタイムで切り替えながら、検証用ライブ番組制作を行いました。

今回の実証実験の成功により、中継現場で映像をリアルタイムに切り替えて番組制作を行う中継車の役割を、クラウド上に構築できる可能性が広がりました。これにより、場所を選ばず遠隔からの番組制作が可能となり、人員配置や設備構築のさらなる最適化に寄与できることを実証しました。

ソニーは、リアリティ、リアルタイム、リモートを極めるソリューションによる価値提供に努めています。今後も、重点領域として注力してきたIP・クラウドベースの映像制作ソリューションをさらに強化し、5Gを活用した柔軟なリモート映像制作ワークフローの構築を追求していきます。

CNG(クラウド・ニュース・ギャザリング)実証実験の構成図
中継地点
中継地点の
使用機材の一部
スイッチャー操作

実証試験の様子

このページの先頭へ