<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1996年 5月 22日

新製品

ハイビジョン、デジタルビデオ時代のリファレンス機。
当社独自の高画質化技術により、家庭用として
最高の画質(当社比)を実現した
トリニトロンカラーモニター“PROFEEL 16×9”発売


トリニトロンカラーモニター --PROFEEL16×9

 ソニーは、ハイビジョン用HDトリニトロンブラウン管を搭載し、高精細映像プロセッサーや高精度マルチポイントスキャン偏向システム、セパレート偏向/高圧システム等の高画質化技術を結集して、家庭用として最高の画質を実現したトリニトロンカラーモニター“PROFEEL16×9”『KX-32HV50』を発売します。本機は従来のNTSC方式だけではなく、ワイドクリアビジョン、ハイビジョン、パソコンのVGA*1モードなどに対応しています。
 ハイビジョン等の高精細放送の充実やデジタルビデオ機器、マルチメディア機器が家庭へ浸透するデジタルビデオ時代のリファレンス機として市場導入を図ってまいります。
型名発売日価格(税別)当初月産
“PROFEEL 16×9”
『KX-32HV50』
7月10日 395,000円1,000台

“プロフィール”シリーズは、1980年の発売以来 最新の技術を結集した鮮明で忠実な映像、AVシステムの将来の拡張性を考えたモニター形式、機能美と頑丈さを兼ね備えたデザインなどの特徴により映像マニアや業務用のお客様を中心に高い評価をいただいてまいりました。
 今回発売の『KX-32HV50』は、放送方式の多様化やマルチメディアの家庭への浸透に対応してブラウン管に32型HDトリニトロン管を搭載し、「高精度マルチポイントスキャン偏向システム」を採用しています。益々 充実してきたハイビジョン等の高精細な横長放送、今後普及が予想されるデジタルビデオ機器等の高画質な映像を、それぞれの機器と組み合わせて16:9画面でお楽しみいただけます。3種類の放送方式(現行テレビ放送、ワイドクリアビジョン放送、ハイビジョン放送)と2種類のパソコン信号(VGA*1モード、Macintosh*213インチカラーモード)に対応し、計5種類の映像信号を自動的に切り換えて、各信号のオリジナルの走査線数で再現します。
 最高画質の追及のために、ハイビジョン用の高精細映像プロセッサーや新世代三次元Y/C分離回路、セパレート偏向/高圧システム等の高画質化技術を結集し、より原画に忠実な映像を再現いたします。なお、業務用途にも通用するきめ細かい画質調整を可能にしています。さらに、見やすく操作性に優れたメニュー表示と本体の感圧コントロールパッドの採用、上面にRGB入力端子(D-SUB3列15ピン)を装備し、快適で便利な操作が行えます。


●主な特長

1. 高精細な映像表現を可能にした32型HDトリニトロン管搭載
(1)トリニトロン方式ならではの垂直な画面を生かしたフラットなHDトリニトロン管なので、照明や外光の映り込みが少なく、画面の歪みが気になりません。
(2)センターピッチ 0.65mmのアパチャーグリルを採用。きめの細かい映像と明るさを両立し、高精細な映像表現に最適なピッチ幅です。
(3)スーパーブリックスガンにより、画面の四隅までシャープなフォーカスの映像を  再現します。
(4)ガラス表面にニュートラルブラックコーティングを施し、高いコントラストとリアルな黒色を再現します。さらにEBU色蛍光体を採用し、多彩な色再現が可能です。

2. 高精度マルチポイントスキャン偏向システム
(1)NTSC(15.75kHz)、フルスペックワイドクリアビジョン(31.5 kHz)、 VGA*1モード(31.5 kHz)、ハイビジョン(33.75 kHz)、Macintosh*213インチカラーモード(35 kHz)の各水平偏向周波数を自動切り換えするためのマルチポイントスキャンコントローラーを採用しています。
(2)NTSC放送からワイドクリアビジョン、ハイビジョン、コンピューター映像まで、各 々の水平偏向周波数へ切り換えた時に、画面のコーナーまで色ずれの少ない正確なコ ンバージェンス(電子ビームの収束)を実現しています。

3. 高精細映像プロセッサーによる多彩できめ細かい画質調整
より忠実な映像再現にこだわり、画質を決定する映像プロセッサーにはハイビジョン信号にまで対応する高精細映像プロセッサーを採用。異なった入力信号に対して各々最適な画作りをするとともに、多彩できめ細かい画質調整項目を設けています。

4. “PROFEEL 16×9”独自の「セパレート偏向/高圧システム&高精度高圧安定回路」
従来のテレビでは回路の合理化のために一体構成であった水平偏向回路と高圧発生回路をそれぞれ独立化。さらに映像の輝度変化による高圧変動を抑えるハイスピード高圧レギュレターの採用により、画面の明るさや絵柄によって部分的にでる歪みを極限まで抑え込みました。

5. 本体の設置方向による画の歪み(幾何学歪)を補正する細かい「画歪調整項目」
従来は工場調整値で固定されていた各種の幾何学歪み補正の調整をユーザーに解放しました。多彩できめ細かい画の歪みの調整により、設置方向による歪み補正の残りを追い込むことが可能です。また、電子ビームの色ずれ(コンバージェンス)の微調整も可能です。

6. 「高品位メニュー表示&コントロールパッド」
(1)本機ならではの多入力、多機能を効率良くコントロールするために操作性に優れた「高品位メニュー表示」を新開発。表示色を制限し、見やすく、品の良い色使いにしています。画質調整や画歪調整など一画面で収まらない項目はスクロールで表示します。よく使用する項目だけを登録して自分だけの使い易いメニューができる「カスタムメニュー機能」もあり、本体に内蔵したコントロールパッドまたは付属のプリプログラムリモコンで快適に操作できます。
(2)感圧式のタッチセンサーを採用した「コントロールパッド」を本体前面フレームに内蔵しました。指先で上方向、下方向になぞって音量や入力切り替え、メニュー操作が行えます。

7. ワイドクリアビジョン水平高画質化回路を内蔵した新世代三次元Y/C分離回路
新しい半導体プロセスの採用により、動作スピードをアップし、小型化、低消費電力化を実現した三次元Y/C分離回路を搭載。NTSCビデオ入力信号の色にじみやチラツキをさらに軽減します。同時にメモリーを効率よく利用することにより、ワイドクリアビジョンの水平高画質化回路を内蔵しているので、ワイドクアビジョン放送も高画質で楽しめます。

8. 様々な機器に対応する接続端子
(1)MUSEデコーダー等のハイビジョン機器を接続するHD入力2系統2端子
(2)パソコンや家庭用マルチメディア機器を接続するアナログRGB入力1系統2端子(上面1端子)
(3)S映像入力対応ビデオ入力4系統4端子

*1: VGAはIBM社の登録商標です。
*2: MacintoshはApple Computer社の登録商標です。


●主な仕様
     KX-32HV50
受信方式 NTSC方式、1125/60高精細度テレビジョン方式
ブラウン管 HDトリニトロン管 110度偏向32型
映像部 マルチポイントスキャン偏向システム
高精細映像プロセッサー
セパレート偏向/高圧システム&高精度高圧安定回路
3次元Y/C分離回路
入出力端子 ビデオ入力4系統4端子(S1映像入力4系統4端子)
ビデオ出力1系統1端子(S1映像出力1系統1端子)
音声出力端子(アナログ2ch 可変/固定)
HD入力2系統(映像:Y/PB/PR、音声:アナログ2ch)
RGB入力【背面】映像:R/G/B、同期:HD/VD、音声:アナログ2ch
RGB入力【上面】映像、同期:D-SUB3列15ピン、
        音声:ステレオミニジャック
コントロールS入出力端子
スピーカー出力端子(実用最大:15W×2)
外形寸法(mm) 824×534×600 (幅×高×奥行)
質量 約67.5kg
消費電力(スタンバイ時) 245W (2.5W)
年間消費電力量315kW・h/年
付属品プリプログラムリモートコマンダー『RM-J201』

同時発売     
別売り専用チルト式   
モニタースタンド
『SU-32HVX』 ¥38,000(税別)
〔チルト角度 上方向に10度まで可能〕            
専用スピーカー『SS-X50A』 ¥25,000(税別)

お客様からの問い合わせ先:
ソニー(株)お客様ご相談センター
東京  03-5448-3311
名古屋 052-232-2611
大阪  06- 539-5111