<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1996年 7月 15日

新製品

ステーションとの接続でデッキとしても楽しめる
業界最小・最軽量のポータブルMDレコーダー 発売


image:『MZ-R4ST』 MD WALKMAN Minidisc

SONY ポータブルミニディスクレコーダー『MZ-R4ST』

 ソニーは、編集ステーションとの接続によりデッキとして録音・編集が楽しめる、ポータブルMDレコーダー『MZ-R4ST』を発売します。本機は、薄形オーバーライトヘッド機構の採用と4層プリント基板による回路実装の高集積化により、当社従来機『MZ-R3』に対し体積比約74%、本体質量比約79%で、業界最小・最軽量の録音再生機を実現しました。ステーション部は、バックライト付きの大型液晶表示と様々な編集機能を装備しており、演奏状況の確認や文字入力などの編集操作が可能です。
型名発売日価格(税別)当初月産
ポータブルミニディスクレコーダー
『MZ-R4ST』
7月21日 67,000円1万5千台

 今回発売の『MZ-R4ST』は、ポータブルのMD録音再生機に編集ステーションを組み合わせた新しい商品形態です。MDを搭載していないオーディオシステムと組み合わせることにより、本機1台でデッキとして家で録音・編集、またステーションから取り外しポータブル機として外で録音・再生と、さまざまな楽しみ方ができます。
 MDウォークマン部は、ステーションとの接続による録音の他に、外付けマイクによるマイク録音が可能です。リモコンは、カタカナ・英字の曲名表示が可能な液晶付きで、携帯に便利です。電源は、リチウムイオン充電池(付属)とアルカリ単3乾電池2本の併用で、録音時約6時間、再生時約10.5時間の駆動が可能です。
 ステーション部は、バックライト付き大型液晶表示を搭載しており、ディスク上の録音・再生位置を示す“ポジションポインター”や収録曲数・演奏中の曲番を20曲まで表示できる“ミュージックカレンダー”など、演奏状況を一目で確認できます。また、編集ボタンを機能別に独立して設け、使い勝手に配慮したレイアウトになっています。文字入力は英字とカタカナに対応しており、液晶に文字が一覧表示される“パレット表示”の中から選択して入力する新方式により、入力操作がわかりやすくなったほか、マイディスクのタイトル作成に便利な42種類の文例集が予め入力されています。DAT(48kHz/44.1kHz/32kHz)、衛星放送のデジタル音声(48kHz/32kHz)の各々のサンプリング周波数を、本機のサンプリング周波数である44.1kHzに変換するサンプリングレートコンバーターを内蔵しており、デジタル音声出力をもつ機器からのデジタル録音が可能です。

*本体、ステーションの単売はありません。


●MDウォークマンの主な特長

1. 録音機でありながら小型化を実現
薄形オーバーライトヘッド機構の採用と、4層プリント基板による回路実装の高集積化の実現により、従来機『MZ-R3』に比べ、体積で約74%、本体質量で約79%、薄さで約77%の小型化を実現しました。録音機でありながら、編集ステーションから取り外すと小型で、持ち歩きに大変便利です。

2. ステーションとワンタッチ着脱
ケーブルの接続端子はすべてステーション側に装備しているので、録音後、煩わしいケーブル処理の必要がなく、すぐに本体を持ち出すことができます。また、本体をステーションに接続している際は、すべての操作がステーション側でできます。

3. 本体とリモコン部の両方に液晶表示搭載
リモコンの液晶では、曲名が英字もしくはカタカナで表示できます。

4. リチウムイオン充電池と乾電池の併用で長時間再生
内蔵のリチウムイオン充電池(付属)と外付けのアルカリ単3乾電池2本との併用で、録音時約6時間、再生時約10.5時間の長時間駆動が可能です。

5. 頭出しに便利なトラックマーク機能
録音時にトラックマークの記録ができるので、再生時の頭出しに便利です。

6. その他の特長
  • シャッフル、全曲/1曲リピート
  • 重低音増強による迫力あるサウンドが楽しめるベースブースト機能
  • 誤動作を防止するホールドスイッチ装備
  • 音漏れを減少させ、耳に優しい適度な音量で楽しめる快適音量スイッチを装備


●ステーションの主な特長

1. 演奏状況の確認に便利なバックライト付き大型液晶表示を搭載
横21文字を表示可能な大型液晶表示なので、ディスク名とトラック名が同時に表示できるほか、ディスク上の録音・再生位置や録音残量を示す“ポジションポインター”、収録曲数や演奏中の曲の番号が表示される“ミュージックカレンダー”(20曲まで表示可能)、L/R独立レベルメーター表示など、一目で確認でき便利です。

2. 使いやすくなった編集ボタン
一つのボタンに一つの編集機能を持たせるように設定するほか、ボタンのレイアウトも使い勝手に配慮してデザインしました。

3. 英字、カタカナの簡単文字入力
液晶に文字が一覧表示される“パレット表示”の中から選択する新方式により、文字入力がよりわかりやすくなりました。また、タイトルやメッセージに利用できる42種類の文例集が予め入力されているので、オリジナルディスク作りに便利です。

(文例集)
  カタカナ(21種類)英字(21種類)
 ベストヒットBallad , Dance ,Classic , Jazz ,
 メリークリスマス!My favorites , For you ,
 トッテオキドライブバージョン 等 Happy Birthday , I love you 等

4. サンプリングレートコンバーター内蔵
DAT(48kHz/44.1kHz/32kHz)、衛星放送の音声(48kHz/32kHz)の各々のサンプリング周波数を、本機のサンプリング周波数である44.1kHzに変換するサンプリングレートコンバーターを内蔵しており、デジタル信号のままMDへ録音できます。

5. 様々な入出力端子を装備
光デジタル入出力端子(角型)、アナログ入出力端子、ヘッドホン端子を装備、 ミニコンポ等、他のオーディオ機器との接続が可能です。


●共通のその他の特長
  • 録音した年、月、時刻を自動的に記録するデート機能
  • 付属リチウムイオン充電池を本体部とステーション部の両方で充電可能

●MDの国内市場規模
95年(CY)約80万台で、96年(CY)は220万台に拡大すると予測されます。(ソニー調べ)
  • ソニー出荷数量におけるカテゴリー構成比
    ポータブル:デッキ:車載=50%:40%:10%
                      (96年5月末現在)
  • MDソフトタイトル数 国内約900タイトル
                      (96年5月末現在)

●MDウォークマン部の主な仕様
形式ミニディスクデジタルオーディオシステム
録音方式磁界変調光学方式
再生読み取り方式非接触光学式読み取り
チャンネル数ステレオ2チャンネル/モノラル1チャンネル
記録再生時間最長148分 *ステレオ録音時最長74分(モノラル録音時最長148分)
サンプリング周波数44.1kHz
音声圧縮方式ATRAC(Adaptive TRansform Acoustic Coding)
周波数特性20〜20,000Hz±2dB
ワウフラッター測定限界以下
電源充電式リチウムイオン電池(付属)、充電式ニッケル水素電池(別売)、アルカリ単3乾電池2本(別売)
電池持続時間  (連続録音時)(連続再生時)
(1)リチウムイオン充電池約4時間約6.5時間
(2)ニッケル水素充電池約2時間約3時間
(3)ソニーアルカリ単3乾電池約2時間約4時間
(1)+(3)約6時間約10.5時間
(1)+(2)約6時間約9.5時間
充電池充電時間リチウムイオン充電池:約5時間
消費電力録音時:1.0W、再生時:0.7W
入力端子マイク入力(ステレオミニジャック)
出力端子ヘッドホン出力(ステレオミニジャック)
最大外形寸法116×23×78mm(幅×高さ×奥行き)*最大突起含まず
質量本体のみ:約210g、付属充電池含む本体:約255g
使用時:約300g(ディスク、リモコンヘッドホン、リチウムイオン充電池含む)
付属品リモコン付きヘッドホン、充電式リチウムイオン電池、
外付け電池ケース(乾電池/ニッケル水素充電池兼用)、
キャリングポーチ、イヤーアダプター

●ステーション部の主な仕様
電源AC 100V 50/60Hz
入力端子光デジタル入力(角型)、アナログ入力(ピンジャック)
出力端子光デジタル出力(角型)、アナログ出力(ピンジャック)、 ヘッドホン出力(ステレオジャック)
サンプリングレートコンバーター入力:32kHz/44.1kHz/48kHz、出力:44.1kHz
消費電力定格10W
最大外形寸法248×51×149mm(幅×高さ×奥行き)*最大突起含まず
質量約970g
付属品AC電源コード




お客様からのお問い合わせ先:
ソニー(株)お客様ご相談センター
東京  03-5448-3311
名古屋 052-232-2611
大阪  06- 539-5111