<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1996年 8月 1日

新製品

2.5型フレキシブル液晶モニターを搭載し業界最小・最軽量
新パスポートサイズのデジタルビデオカメラ 発売

−DV端子を装備し、パソコンへの取り込みもデジタル信号で可能−

image:『DCR-PC7』

SONY デジタルビデオカメラレコーダー“液晶ハンディカム”『DCR-PC7』

 ソニーは、カラービューファインダーに加えてフレキシブルに角度が変えられる2.5型液晶モニターを搭載し、業界最小・最軽量の新パスポートサイズを実現したDV方式デジタルビデオカメラ“液晶ハンディカム”『DCR-PC7』を発売します。本機は、DV方式用に新しく開発した1/3インチ68万画素CCDを搭載し、DV方式の特長を生かした高画質撮影が可能です。また、撮影した高画質な静止画像を*デジタル信号のままパソコンへ取り込むことができる“DV端子”装備の他、従来に比べて1.5倍の長時間録画が可能な“LPモード”を搭載しています。
型名発売日価格(税別)当初月産
デジタルビデオカメラレコーダー
“液晶ハンディカム”『DCR-PC7』
9月10日 24万円1万5千台

 今回発売する『DCR-PC7』は、液晶モニターを搭載したビデオカメラとして業界最小・最軽量の新パスポートサイズを実現。携帯性に優れ、旅行や出張等で手軽にデジタル(DV方式)での高画質撮影が可能です。2.5型液晶モニターは上180°/下90°に角度を変えることができ、ハイアングルからローアングルまで自由なスタイルでの撮影や、液晶モニターを被写体側に向けて対面撮影等ができる他、撮った映像をその場で再生確認することが可能です。本機は、分単位でのバッテリー残量が確認できる新型“インフォリチウム”バッテリーに対応し、撮影時のバッテリー残量に応じて、液晶モニターまたはカラービューファインダーを選択することができます。
 また、新開発の1/3インチ68万画素CCDや、有効画素数を13%アップした新アクティブイメージエリア方式手振れ補正回路の採用等により、手振れ補正時でもDV方式の特長を生かした高画質撮影を実現。さらに、DV端子(IEEE1394準拠)を搭載することで、フォトモードで撮影した静止画を、*デジタル信号のままパソコンに取り込んだり、DV端子で接続することにより、画質劣化のほとんどない編集・ダビングが可能です。
 なお、従来に比べ1.5倍の長時間録画(最長90分)が可能な“LPモード”も搭載しています。

*パソコンへの取り込みには、DV静止画キャプチャーボード『DVBK-1000』が必要です。


●主な特長

1. 新パスポートサイズにフレキシブルな2.5型液晶モニターを搭載
ミニDVカセットの小型の特長を追求してコンパクト設計を行い、カラービューファインダーに加えて2.5型液晶モニターを搭載しながら、携帯性に優れた新パスポートサイズを実現しました。新開発2.5型液晶モニターは上180°/下90°でフレキシブルに角度を変えることができ、ハイアングルからローアングルまで自由なスタイルでの撮影や、液晶モニターを撮られる人に向けての対面撮影、自分を撮ることなどができる他、撮った映像をその場で再生確認することが可能です。

2. 新開発68万画素CCDおよび高画質手振れ補正
新開発の68万画素(有効画素数34万)CCDを搭載することにより、DV方式の特長を活かした高画質撮影が可能です。また、有効画素数を13%向上した“新アクティブイメージエリア方式手振れ補正”により、ブレの少ない安定した撮影が可能です。

3. 新型リチウムイオンバッテリー対応
新型“インフォリチウム”バッテリーNP-F100を用いて最長55分、高容量タイプNP-F200で100分の連続撮影が可能です。また、新型“インフォリチウム”バッテリー(NP-F100/NP-F200)を使用して本体とバッテリーの間で通信を行うことにより、分単位でのバッテリー残量や、バッテリーの寿命状況を液晶モニター等に表示します。
*連続撮影時間 ビューファインダー撮影 液晶モニター撮影 
NP-F100使用時連続55分 (実撮影30分) 連続45分(25分)  
NP-F200使用時連続100分(実撮影50分) 連続75分(40分)  

4. 静止画をデジタル信号のままパソコンに取り込めるDV入出力端子(IEEE1394準拠)
映像や音声を、デジタル信号のまま1本のケーブルで接続することが可能。フォトモードで撮影した静止画等をDV静止画キャプチャーボード(DVBK-1000)を使用して、デジタル信号のままパソコン等へ取り込むことができます。また、DV端子での接続により、画質劣化のほとんどない編集・ダビングが可能です。

5. “LPモード”搭載
従来に比べて1.5倍の長時間録画(最長90分)が可能です。

6. その他の主な特長
  • 迫力のあるアップで被写体を素早く捉えることができるデジタル20倍(光学10倍)の高倍率マッハズーム。
  • 再生時にクリアフレーム処理を行い、ブレの少ない静止画再生が可能な“フォト撮影”。
  • アフレコ機能でBGMやナレーションを追加することが可能です。(アフレコには、別売のアダプターVMC-LM7が必要です)
  • 軽量かつ堅牢なマグネシウムダイキャストボディを採用。
  • 小さなボディをしっかりホールドするグリップベルト。


●主な仕様
規格DV方式(民生用デジタルVCR SD規格)
使用カセットミニDVカセット
映像記録方式デジタルコンポーネント記録
映像サンプリング周波数/量子化ビット数輝度信号 13.5MHz、8ビット
R-Y信号 3.375MHz、8ビット
B-Y信号 3.375MHz、8ビット
録音方式回転2ヘッド、32kHz 12ビット(ステレオ1、ステレオ2)
レンズ仕様F1.8~2.6、f=4.0~40(35ミリ換算f=38~380)
フィルター径37φ
ズーム倍率光学10倍/デジタル20倍
最低被写体照度8ルクス
シャッタースピード1/60~1/4000(プログラムAE時)
撮像素子1/3インチ68万画素CCD(有効画素34万)
液晶モニター2.5型、8.4万ドット
ビューファインダー0.55インチカラー液晶、11.3万画素
入出力端子AVミニ出力×1、S映像出力×1、
DV入出力端子(IEEE1394準拠)×1、
マルチコネクション端子(26ピン特殊コネクター)×1
バッテリーシステムリチウムイオン(“インフォリチウム”バッテリー対応)
電源電圧ACアダプター8.4V、バッテリーパック7.2V
消費電力LCD ON時6W、LCD OFF時5W
最大外形寸法59×129×118mm(幅×高さ×奥行き)
本体質量約500g(NP-F100装着の撮影時質量 約620g)

●主な別売アクセサリー
●アクセサリーキット『ACC KIT-D1』価格22,000円
    *キット内容:NP-F100、AC-V100、DK-626(DKケーブル)
●リチャージャブルバッテリーパック『NP-F100』(730mAh)価格9,000円
●リチャージャブルバッテリーパック『NP-F200』(1350mAh)価格12,000円
●ACアダプター/チャージャー『AC-V100』価格13,000円
●アダプター(LANC/MIC端子接続用)『VMC-LM7』価格4,500円
●ソフトケース『LCS-PC7』価格4,700円

お客様からのお問い合わせ先:
ソニー(株)お客様ご相談センター
東京  03-5448-3311
名古屋 052-232-2611
大阪  06- 539-5111