<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1996年 10月 23日

新製品

“DVCAM”のラインナップを拡充
小型軽量で長時間録画が可能な業務用デジタルカムコーダーと お求め易い価格の業務用デジタルビデオレコーダーを発売


DSR
デジタルカムコーダー『DSR-200』(左)デジタルビデオレコーダー『DSR-30』(右)

 ソニーは、プロダクションハウスをはじめ一般企業、学校などの映像制作用途向けに、小型軽量で機動性を持ち、高画質で最大184分(『PDV-184ME』使用時)の長時間録画ができる業務用デジタルカムコーダー『DSR-200』と、幅広い用途で使用可能なお求め易い価格の業務用デジタルビデオレコーダー『DSR-30』を発売します。
 今年4月に提案した“DVCAMフォーマット”の業務用デジタルビデオ制作システムのラインナップを拡充し、積極的なビジネス展開を図ってまいります。

型名発売日価格(税別)
業務用デジタルカムコーダー
『DSR-200』
96年12月65万円
業務用デジタルビデオレコーダー
『DSR-30』
96年12月48万円

 今回発売する2機種はいずれも“DVCAMフォーマット”を採用、業務用途に要求される信頼性とともに民生用DVフォーマットとの再生互換を確保しています。
 『DSR-200』は、小型軽量で機動性を持ち高画質で、ビデオジャーナリストの取材や結婚式などのイベント、プロダクションのバックアップ用など、幅広い用途でお使いいただけるカムコーダーです。DVCAM標準カセット対応によりカセット1巻で最長184分の録画ができる他、バッテリーが3本収納できるバッテリーアダプター(別売)を用いることで、最大約6時間の連続駆動が可能です。加えて、アクティブプリズム方式による手ブレ補正機能の搭載、オーディオ入力XLR端子採用による業務用マイクの接続、DV端子装備により画質劣化の極めて少ないダビング、高画質の静止画記録/再生などを実現しています。
 『DSR-30』は企業内ビデオの送出や店舗での映像展示などの再生用途からダビングでのバックアップテープの作成など、手軽に使用できる業務用デジタルビデオレコーダーです。
 これらDSRシリーズは、IEEE1394準拠のDV端子によるデジタル入出力以外にSビデオ、コンポジットのアナログ系インターフェースを装備し、お客さまの使用環境に応じて従来のアナログVTRと組み合わせてご使用いただくことができます。


●『DSR-200』の主な特長

1. “DVCAMフォーマット”を採用した業務用デジタルカムコーダー
家庭用デジタルビデオの圧縮方式を基本に新開発した『DVCAM』フォーマットを採用。4:1:1サンプリング8ビットデジタルコンポーネントのビデオ記録、48kHz/16bit・2chおよび32kHz/12bit・4ch*の PCMデジタルオーディオ記録により、高画質・高音質を実現しました。優れたダビング特性により、高品位の編集など業務用途に適しています。
*DSR-200の32kHz/12bitモードの4chは、カメラ記録時2ch、アフレコ時2chになります。

2. 撮影時総質量4.7kg*の小型軽量ボディ
マグネシウム合金キャビネットを採用し、堅牢でありながら機動性のある小型軽量ボディーを実現しました。*『NPA-10000/B』、『NP-F930/B』3本、カセットテープ1本使用時

3. DVCAM標準カセット使用により最長184分の長時間記録が可能
DVCAM標準カセット対応メカニズム搭載により、標準カセット1巻で最長184分の録画が可能です(『PDV-184ME 』使用時)。

4. リチウムイオンバッテリー3本で最長6時間の連続駆動が可能
リチウムイオンバッテリー『NP-F930B』(別売)を3本収納できるバッテリーアダプター『NPA-10000/B』(別売)を用いると、最長約6時間の連続駆動が可能です。オペレーション時にバッテリーを一つずつ交換しても、電源がおちる事なく本体はそのまま駆動します。

5. 3CCDデジタルカメラ搭載
41万画素(有効画素数38万画素)1/3インチ3CCDを搭載。また、10ビット処理による高品位デジタルカメラプロセシングを実現しています。

6. マニュアル操作/オートロック機能
アイリス、ゲイン、シャッタースピードは独立したダイヤルによりそれぞれ独立にマニュアルで操作が可能です。また、とっさの時に、ワンタッチでこれらの機能を自動に変えるオートロック機能も搭載しています。

7. その他の主な特長
(1)アクティブプリズム方式手ブレ補正機能
(2)光学10倍、デジタル20倍ズームレンズ搭載
(3)IEEE1394に準拠したDV端子搭載。
(4)オーディオ入力XLR端子搭載により、業務用マイクの接続が可能
(5)民生用DVカムコーダーで撮影した素材も再生可能(標準カセット、SPモードのみ)
(6)新開発1インチ白黒ビューファインダーの採用
(7)高画質なフレーム映像を音声とともに7秒間記録可能なフォトモード撮影

●「DSR-30」の主な特長

1. “DVCAMフォーマット”を採用した業務用ストレートレコーダー

2. DVCAM標準カセット使用により最長184分の長時間記録が可能
ビデオカセットは標準とミニの2種類。テープ幅6.35mm(1/4インチ)のコンパクトサイズでありながら、DVCAM標準カセットでは最長184分(『PDV-184ME』使用時)、DVCAMミニカセットでは40分(『PDVM-40ME』使用時)の記録、再生が可能です。

3. デュアルカセットメカニズム採用
アダプターなしで標準/ミニ両サイズのカセットが使用できます。

4. 民生用DVカムコーダーで撮影した素材もアダプターなしで再生可能(SPモードの み)。

5. 豊富な入出力端子
アナログのS-ビデオ、コンポジットに加え、デジタル入出力としてDV端子を標準で装備。コンピューターへの画像の取り込みはもちろん*、デジタルダビング端子として使用でき、DVCAMの高画質を維持することが可能です。
*DSR-30から静止画像をコンピューターに取り込むにはDV静止画キャプチャーボード『DVBK-1000』(既発売)が必要です。

6. 現行の周辺機器とのシステム拡張性
LANC端子を装備しており、アセンブル編集が可能。10プログラムまでのプログラムメモリーを持っており、簡易編集が可能です。

7. パワーオンレック&パワーオンプレイ機能
外部タイマーにより自動記録が可能なパワーオンレック機能、自動再生が可能なパワーオンプレイ機能を装備。様々な業務用途に対応できます。

●「DSR−200」の主な仕様

〔レンズ〕
レンズ仕様F1.6、f=5.9〜59mm
フィルター径 52mm
倍率光学10倍、デジタル20倍
絞り 自動/手動切換え可能  F1.6〜f11、およびクローズ
〔カメラ〕
映像素子41万画素(有効画素数38万画素)1/3インチIT型CCD、3板式
信号方式 NTSCカラー方式
ゲインの切り換え-3/0/3/6/9/12/15/18(8 step)
シャッタースピード1/4〜1/10000秒
ホワイトバランスAuto/5800K/3200K/ ワンプッシュオート
ワイド16:9対応
タイムコードカウンターDF/NDF 選択可
〔ビューファインダー〕
ブラウン管 1インチ(モノクロ)
〔VTR〕
記録方式 回転ヘッドヘリカルスキャン方式
テープ速度約28mm/秒(DVCAMモード時)
記録・再生時間 184分(『PDV-184ME』使用時、DVCAMモード)
使用テープDVCAM規格テープ使用
〔入出力端子〕
ビデオ出力(アナログ) Sビデオ×1 (4pinミニDIN)、BNC×1、ピンジャック×1
オーディオ出力(アナログ)ステレオピンジャック×1
マイク入力(アナログ)XLR3ピン×2ch(Mic/Line切り換え)、ステレオミニジャック×1
デジタル入出力 DV入出力×1(IEEE1394準拠、4pin)
その他 ヘッドホン端子(ステレオミニジャック)×1
RFU DC出力端子(特殊ミニジャック)×1
DC入力(4pin)×1
ビューファインダー接続端子(8 pin)×1
〔一般〕
電源DC 7.2V(バッテリー)、DC 8.4V(外部電源)
消費電力 11 .2W
重量約3.6kg(本体のみ)
約4.7kg(テープ、『NPA-1000』、『NP-F930』×3 使用時)
最大外形寸法216×236×475mm(幅×高さ×奥行き:突起物をのぞく)
〔別売アクセサリー〕
 リチウムイオンバッテリー        『NP-F930/B』  (18,000円)
 ACアダプター/バッテリーチャージャー  『AC-V615/B』  (12,000円)
 バッテリーアダプター          『NPA-10000/B』 (15,000円)
 ACアダプター/3巻バッテリーチャージャー 『AC-V900/B』  (50,000円)
 『DSR-200』専用アクセサリーキット   『ACC-KIT200』 (119,000円)

●「DSR−30」の主な仕様

信号方式NTSCカラー方式
記録方式回転ヘッドヘリカルスキャン方式
テープ速度 約28mm/秒(DVCAMモード時)
記録・再生時間184分(『PDV-184ME』使用時
40分(『PDVM-40ME』使用時)
早送り・巻き戻し時間2分以内(『PDV-184ME』使用時)
使用テープDVCAM規格テープ
サーチ速度-2,-1,-1/5,Still, 1/5,×1, ×2
Cue/Review(±10 又は±15 times)
〔入出力端子〕
ビデオ入出力(アナログ)
 入力 BNC×1(背面)、ピンジャック×1(前面)
Sビデオ×2 (4pinミニDIN、前面×1、背面×1)
 出力 BNC×2(背面)
Sビデオ×2 (4pinミニDIN、背面)
オーディオ入出力(アナログ)
 入力ステレオピンジャック×2(前面×1、背面×1)
 出力ステレオピンジャック×2(背面)
 デジタル入出力DV入出力×1(IEEE1394準拠、4pin)
その他
 LANCステレオミニミニジャック×2(前面×1、背面×1)
 ヘッドホンステレオミニジャック×1(前面)
 マイク入力 ミニジャック×1(モノラル、前面)
 コントロールS ミニジャック×2(入力1、出力1、背面)
 トリガー入力ピンジャック×1(背面)
〔一般〕
電源 AC100V
消費電力32 W
重量約9.2kg
最大外形寸法430×129×374mm(幅×高さ×奥行き:突起物をのぞく)
お客様からのお問い合わせ先:
ソニー(株)国内営業本部B&Iネットワーク営業部門
プロダクツマーケティング部
03-5448-4133


r