<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1997年 1月 9日

新製品

DVDビデオソフトの高画質な映像を再現
音楽CD、ビデオCD(Ver.2.0)の再生も可能な
DVDプレーヤー『DVP-S7000』  発売


DVP-S7000
CD/ビデオCD/DVDプレーヤー『DVP-S7000』
DVP-S7000
『DVP-S7000』(左)チタニウムグレー (右)ゴールド

 ソニーは、DVDビデオソフトの高画質映像を再現するDVDプレーヤー『DVP-S7000』を商品化し、3月より発売します。本機は、当社がCDをはじめとするデジタル機器の開発・商品化で培ってきた光学系、半導体、画像圧縮技術により、DVDビデオソフトの高画質な映像、高音質な音声をお楽しみいただけます。DVDビデオソフトの他、音楽CD、ビデオCD(Ver.2.0)の再生も可能です。

型名発売日価格(税別)本体カラー当初月産
CD/ビデオCD/DVDプレーヤー
『DVP-S7000』
リモコン『RMT-D101J』付属
3月21日110,000円ゴールド
チタニウムグレー
5,000台

 DVDはCDと同じ直径12cmの光ディスクに4.7GBの大容量データを収録することができ(片面一層ディスクの場合)、画像圧縮技術として MPEG2 規格を使うことで、水平解像度約500本の高画質映像を約133分*1記録することができます。映像再生としてのDVD-Video、コンピューター分野のDVD-ROMや、DVD-R*2、DVD-RAM*2、音楽分野のDVD-Audio*2など様々な用途での利用が考えられます。また21世紀のマルチメディア時代*3に向けて、コンピューター用データストレージやカーナビゲーションシステム、ゲームプレーヤー等幅広い応用が期待されています。
 今回発売するDVDプレーヤー『DVP-S7000』は、当社が独自に開発した“独立デュアルピックアップ”を搭載、CD再生、DVD再生各々に専用ピックアップを用いることにより、異なる物理特性を持つ各ディスクに対し、最適な信号の読み取りが可能です。また ディスクの反りや回転時の傾きを電気的に検出し、光軸を常にディスクに対して垂直に保つ“チルトサーボ機構”を採用し、安定した映像の再生を実現しています。さらに“デジタルRFプロセッシングLSI”を搭載し、ディスクごとにジッター値をデジタル計測し、ピックアップのフォーカスや“チルトサーボ機構”等を電気的に制御することにより、エラーレートの極めて低い読み取りを実現しています。
 画像処理に関しては、DVDディスクからの8ビットのデータを10ビットに変換し、演算処理を行なう“映像D/Aコンバーター”を採用し、映像情報の細部までを忠実に再現いたします。音声は、当社 高級オーディオにも搭載されている“フル・フィードフォワード方式デジタルフィルター”や“カレント・パルスD/Aコンバーター”を採用することにより、高音質再生を実現しています。
 さらに当社独自の“スムーズIPサーチ”を実現。自社開発のMPEG VideoデコーダーLSIを高速32ビットRISCチップマイクロプロセッサーで制御することにより、圧縮フォーマットでありながら、正逆方向への動きのなめらかなスロー・コマ送り等多彩な変速再生をお楽しみいただけます。
 本機はホームシアターユーザーの視聴スタイルを追求した“テーブルトップリモコン”を装備、“クリックジョグシャトル”等を搭載し、変速再生時の操作性を考慮した設計を図っています。
*1
平均映像転送レート3.5Mbps/5.1ch音声3言語/サブタイトル字幕4言語収録の場合。
*2
現在 DVD-R、DVD-RAM、DVD-Audioの3フォーマットは、規格化に向けて検討中です。
*3
当社では、2000年時点での全世界のDVDビデオプレーヤーの需要を約1,000万台、DVD-ROMドライブを約3,000万台(1億台のパソコンの30%に搭載)と見込んでおります。



●主な特長
1. 独自開発“独立デュアルピックアップ”を搭載
当社が独自に開発した“独立デュアルピックアップ”を搭載、DVDディスク用に波長650nmのレーザー、ビデオCDと音楽CD用に波長780nmのレーザーと、各々に専用ピックアップを採用することにより、異なる物理特性をもつ各ディスクに対し、最適な信号の読み取りを可能としています。また 2層方式のDVDディスク(容量8.5GB)の読み取りも可能です。

2. “デジタルRFプロセッシングLSI”の採用
“デジタルRFプロセッシングLSI”を採用、ディスクごとにジッター値をデジタル計測し、ディスクの個体差、環境や経時によるディスクの変化などにプレーヤーが対応できる設計となっています。これにより最低のエラーレート状態で信号を読み取ることができ、安定したディスクの再生が可能となります。

3. “チルトサーボ機構”の導入
ディスクの反りや回転時の傾きを電気的に検出し、光軸を常にディスクに対して垂直に保つ“チルトサーボ機構”を導入し、DVDディスクの安定した再生を実現しています。

4. 10ビット変換の“映像D/Aコンバーター”の採用
画像処理においては、DVDディスクからの8ビットのデータを10ビットに変換、演算処理を行ない、最終段のD/Aコンバートでも10ビットの処理をする“映像D/Aコンバーター”を採用しています。映像情報の細部までを忠実に、アナログ信号としてテレビ等映像機器に出力することができます。

5. “デジタルビデオノイズリダクション(DNR)回路”の搭載
循環型ノイズリダクション回路をベースとした“デジタルビデオノイズリダクション(DNR)回路”で、ビデオ信号からノイズ成分と思われる信号を分離、抽出することにより、動画再生中の静止部分(背景など)に現われるノイズの減少を図り、チラツキの少ない映像の再現を可能としています。本機能はビデオCDにも有効です。

6. 独自の“フル・フィードフォワード方式デジタルフィルター”採用
可聴帯域内の極めて小さいノイズを除去し、また小さいレベルの信号クオリティを大幅に改善して、余韻やホール感といった領域で高い表現能力が得られる独自の“フル・フィードフォワード方式デジタルフィルター”を採用しています。

7. “カレント・パルスD/Aコンバーター”の搭載
電圧変動の影響とは原理的に無縁である上、演算回路のノイズの影響を受けにくい“カレント・パルスD/Aコンバーター”により、聴感上極めて大幅な音質向上を実現。奥行き感あふれる音質を再現します。

8. “Rコアトランス”採用の高品位設計
ビデオ部とオーディオ部の電源を独立とし、オーディオ電源部には“Rコアトランス”を採用。トランスの鉄心を切れ目なく断面を円形のドーナッツ状にすることで、磁束漏洩と振動を大幅に減少させ、クリーンな電源供給を実現します。

9. 操作性を追求した“スムーズIPサーチ”の採用
当社独自の“スムーズIPサーチ”を採用。圧縮フォーマットでありながら、正逆方向への動きのなめらかなスロー・コマ送り等多彩な変速再生をお楽しみいただけます。

10. ニュースタイル“テーブルトップリモコン”を搭載
ホームシアターユーザーの視聴スタイルを追求した“テーブルトップリモコン”を搭載、可変速再生時も画面から視線を外すことなく操作可能な“クリックジョグシャトル”等を装備し、操作性を考慮した設計を図っています。

11. ドルビー*4デジタル対応*5
光デジタル端子または同軸デジタル端子で、外部のドルビーデジタルプロセッサーと接続することにより、最大5.1チャンネルのデジタルサラウンド音声でホームシアターをお楽しみいただけます。

12. ストーリー展開などを見る人が選べる“マルチストーリー機能”*5搭載

13. 見たいアングルに切り替え可能な“マルチアングル機能”*5搭載

14. 最大32言語の字幕、最大8言語の吹き替えを収録可能とする“マルチ言語機能”*5搭載

15. 16:9のワイド映像をお手持ちのテレビに合わせて切り替え再生可能*5

*4 ドルビーはドルビーラボラトリーズの登録商標です。
*5 本機能は対応したソフトのみに可能です。


●主な仕様

形 式CD/DVDプレーヤー
信号方式NTSCカラー方式(EIAJ)*6
音声周波数特性DVD(PCM再生時) 2Hz〜22kHz(±0.5dB)
CD 2Hz〜20kHz(±0.5dB)
音声SN比107dB以上(EIAJ)
音声高調波歪み率0.0028%以下(EIAJ)
音声ダイナミックレンジ97dB以上
ワウ・フラッター測定限界(±0.001% W PEAK)以下(EIAJ)
出力端子(映像系)コンポーネント映像 ピンジャック×3
     S映像 4ピンミニDIN×1
     コンポジット映像 ピンジャック×1
(音声系)光デジタル 角型コネクター
     同軸デジタル ピンジャック×1
     オーディオ ピンジャック×2 2系統
     ヘッドホン ステレオ標準ジャック×1
コントロールS入力モノラルミニ×1
電 源AC100V,50/60Hz
消費電力28W
最大外形寸法430×111×395mm(幅×高さ×奥行き)
質 量7.0kg
許容動作温度5〜35℃
許容動作湿度5〜90%
*6) EIAJ(日本電子機械工業会)規格による測定値です。
お客様からのお問い合わせ先:
ソニー(株)お客様ご相談センター
東京  03-5448-3311
名古屋 052-232-2611
大阪  06-539-5111