<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1997年 8月 6日

新製品

高解像度トリニトロン管、デジタルスキャンコンバーター搭載、TVチューナー内蔵により、 パソコン画像を表示しながらテレビが子画面で高画質に映し出せる 17型トリニトロンマルチスキャンディスプレイ 発売

Photo
17型トリニトロンマルチスキャンディスプレイ『CPD−17MS』



 ソニーは、高解像度トリニトロン管、新開発のデジタルスキャンコンバーターを搭載、TVチューナーを内蔵した17型トリニトロンマルチスキャンディスプレイ『CPD−17MS』を発売します。
 本機は水平周波数30kHzから70kHzまでのコンピューター信号に対応。搭載するデジタルスキャンコンバーターは、テレビ放送やビデオ等のNTSC信号を、“MiniTV(ミニテレビ)”機能により子画面または全画面で高画質表示することが可能です。子画面表示は、NTSC信号を使用中のパソコンの表示画像の解像度(VGA、SVGA等)に変換し、パソコンの画像と共に子画面でノンインターレース表示します。子画面表示は大きさが3段階、表示はプリセットされている5つの位置から選べます。また、全画面表示する際には、VGA相当の信号に変換してノンインターレース表示します。全画面でのノンインターレース表示は、隣り合わせた2本の走査線の情報を補間するように走査線を倍に増やすため、より細かい動きも自然に再現し、ちらつきの少ない高画質なテレビ表示が可能です。
型   名発 売 日価格(税別)当初月産
マルチスキャンディスプレイ
『CPD-17MS』
9月1日128,000円10,000台

 従来コンピューターディスプレイにパソコン画像とテレビ放送を同時に表示する場合、パソコンにTVチューナーボードを搭載し、パソコンの処理能力に負担をかけてテレビ映像の子画面表示をしていました。しかし、本機は本体にTVチューナーを内蔵するので、パソコンを使いながらテレビ映像を表示してもパソコンの処理能力に負担をかけることはありません。子画面で映像表示しながらパソコンのアプリケーションソフトを起動しても、パソコンの処理や動作速度が遅くなるようなことはありません。当社は、パソコンを操作しながら手軽にテレビを見ることができる本機の導入により、市場の需要*1に応えるとともに新しいパソコン環境の提案*2を行ってまいります。
【*1:市場動向について】
パソコン市場はノートブック型が30%を占め(当社調べ)る勢いで伸びています。しかし、搭載の液晶ディスプレイでは物足りないとするノートブック型ユーザーからのCRTディスプレイ需要が見込まれます。また、デスクトップ型はディスプレイのバンドル率が上がっていますが、バンドルされるディスプレイにはTVチューナーカードやグラフィックボードのないものが多く、各種機能を搭載したディスプレイの潜在需要が多いと思われます。

【*2:ターゲットユーザーについて】
・ 機能拡張や設置環境に制限のあるノートブック型を所有するユーザーの大型ディスプレイ兼テレビとしてのご使用。
・映像情報と文字情報を併せて使うことが不可欠なLL教室などの文教マーケットやマルチメディア化によって顧客へのプレゼンテーションで扱う情報ソースが多様化している法人ユーザーへソリューションを提案。


●主な特長
1. 新開発のデジタルスキャンコンバーター搭載
NTSC信号を30kHz〜70kHzのコンピューター信号に変換し、高密度、高画質な全画面及び子画面でノンインターレース表示します。パソコンディスプレイとテレビ放送やビデオ映像を映し出すテレビが1台で兼用できます。全画面でのノンインターレース表示は、隣り合わせた2本の走査線の情報を補間するように走査線を倍に増やすため、より細かい動きも自然に再現し、ちらつきの少ない高密度、高画質なテレビ表示が可能です。

2. MiniTV(ミニテレビ)機能 搭載
パソコンを操作しながら本体前面もしくはリモコンのボタン操作で簡単に子画面でテレビ放送が見られるMiniTV(ミニテレビ)機能を搭載しています。
子画面の大きさは3段階、表示位置は5ポイントから選択できます。
 *解像度800×600dot以下のとき大きさは2段階になります。

3. グラフィック・ピクチャー・エンハンスメント(GPE)機能 搭載
独自のGPE機能により輪郭を強調したメリハリのある画像を再現します。

4. 3Dスピーカーシステム搭載
バスブーストを加えて迫力あるサウンドを再生します。

5. ワイドレンジのマルチスキャンで各種パーソナルコンピューターに接続可能
ワイドレンジの連続可変のマルチスキャンで、各種パソコンに接続可能です。(30kHz〜70kHz)
・ソニー“QuarterL" シリーズ
・IBMをはじめとする各種DOS/V対応コンピューター
・アップル マッキントッシュシリーズ(21型モードを除く)
・NEC PC9800シリーズおよび互換機(機種によっては、対応しないものもあります)
・各社の最新ウィンドウズアクセラレーターボード


●主な仕様

 『CPD-17MS』
CRT17型スーパーファイン ピッチトリニトロン管(AGピッチ0.25mm)
表面処理ARコーティング
最大解像度1280×1024ドット(60Hz)
走査周波数水平:30〜70kHz、垂直:50〜120Hz
MiniTV機能大きさ:3段階、位置:5ポイント、サウンドミックス:PC/TV/TV+PC
デジタルスキャン
コンバーター
NTSC信号(15.734 kHz )を31.5kHzに変換(全画面時)
アンテナ端子VHF/UHF、75ΩF型コネクター
チューナー信号
出力端子
映像:ピンジャック、音声:ピンジャック(L/R)
ヘッドホン端子ステレオミニジャック
マイク出力端子ミニジャック
音声出力ツィーター2.0W+2.0W最大、ウーハー5W(最大)
入力端子PC映像: D-sub15pin3列(着脱不可)、S映像:4ピンミニDIN、
映像:ピンジャック、音声:ピンジャック(L/R)
電源100V 50/60Hz
消費電力通常時:最大150W
パワーセービング時:サスペンド約15W、アクティブオフ約10W
外形寸(mm)W481.5×H483×D427.5
質量約22.0kg
付属品リモコン(RM−220)、Macintosh用アダプター、アンテナコネクター、
モニターインフォメーションディスク、その他
画面調整機能GPE、明るさ、コントラスト、水平/垂直位置、糸巻き/樽型歪ラスターローテーション、色温度調整
メモリープリセットモード:12     ユーザーモード:12
プラグ&プレイDDC1/2B
不要輻射
低減規格
VCCI 2種取得、MPR-II規格準拠
 
パワー
セービング規格
国際エネルギースタープログラム対応
 
※ お客様からのお問い合わせ先 :
ソニー(株)お客様ご相談センター
東京:03-5448-3311
名古屋:052-232-2611
大阪:06- 539-5111