<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1997年 9月 11日

新製品

ポケットに入れて持ち運べる業界最薄サイズの録音再生機など、 携帯にさらに便利になったMDウォークマン3機種 発売

Photo
MDウォークマン『MZ−R50』

Photo
MDウォークマン『MZ−E35』

Photo
MDウォークマン『MZ−E25』



 ソニーは、再生専用機なみの小型化を実現した業界最薄サイズの録音再生機『MZ−R50』、シャツの胸ポケットにすっきり収まる薄さを実現したMDジャケットサイズの再生専用機『MZ−E35』、ブルー、オレンジ、シルバーのカラーバリエーションから選べるカジュアルデザインの再生専用機『MZ−E25』を発売します。『MZ−R50』と『MZ−E35』は、約40秒の音飛びガードメモリーを搭載し、アウトドアでさらに快適に音楽が楽しめます。これにより、ポータブルMDの商品構成を8機種に強化し、MDの様々な楽しみ方に対応してまいります。
型   名発 売 日価格(税別)カラー当初月産
ポータブルミニディスクレコーダー
“MDウォークマン”
『MZ−R50』
10月10日48,000円シルバー、
ブルー、
オレンジ
5万台
ポータブルミニディスクレプレーヤー
“MDウォークマン”
『MZ−E35』
10月10日40,000円シルバー2万5千台
ポータブルミニディスクプレーヤー
“MDウォークマン”
『MZ−E25』
10月10日34,000円シルバー、
ブルー、
オレンジ
5万台

 国内のMD市場は、96年から本格的な普及期を迎え、97年度は500万台に達する見込みで、その内、ポータブル機が約50%を占めています。特に、システムステレオへのMDデッキ搭載率は、97年度中には台数ベースで65%、金額ベースでは80%に達する見込みで、それに伴いポータブル機の需要拡大が予想されます。(ソニー調べ)
 今回発売する『MZ−R50』は、新開発のリチウムイオン充電池の搭載、光学ブロックとメカデッキの薄型化により、厚さ19.7mm、質量190gで従来機(『MZ−R30』)の約70%(容積比)の小型サイズを実現、手軽に持ち歩いて録音・再生が楽しめます。
 使い勝手の面では、16メガビットDRAMを搭載することにより、従来機比4倍の約40秒の音飛びガードを実現、アウトドアユースに最適です。また、消費電力を従来機に対して、録音時約59%、再生時約64%に削減することにより、付属のリチウムイオン電池とアルカリ単3乾電池2本の併用で、12時間の録音、22時間の再生が可能です。操作は、縦型ジョグダイヤルで、MDの編集や文字入力が簡単に行えます。
 『MZ−E35』は、携帯性に優れたMDジャケットサイズで、従来機(『MZ−E30』)に比べ、厚さで約25%削減しました。本体上面にはマグネシウムダイキャストを使用し、強度に加え、高い質感を得ています。約40秒の音飛びガードメモリーを搭載し、耐振性が強化されています。また、従来機からの1.5V駆動を継承し、さらに低消費電力設計を図ることで、付属のガム型充電池で約6時間、アルカリ単3乾電池1本で約8時間と、従来電池持続時間の約1.5倍の長時間化を実現、併用時では約16時間の使用が可能です。操作面では、カセットウォークマンで既に定評のあるホールドシャッターを採用し、ポケットやバッグの中での誤操作を防ぐとともに、すっきりしたデザインになっています。
 『MZ−E25』は、シルバーに加え、ブルーとオレンジのカラーバリエーションをもった、カジュアルデザインのMDウォークマンです。単3乾電池1本もしくはガム型充電池1本の1.5V駆動で、本体の電池収納部はどちらも装てんできるコンパチブル設計になっています。外付け電池ケースが不要なので、携帯に便利です。
 今回発売する3機種には、新開発の液晶リモコン“スティック コントローラー”を付属しています。リモコン上部にある‘シャトルダイヤル’で、MDの再生・頭出し・停止などの操作が片手でも簡単に行えます。スティックタイプのスリムなデザインで、胸ポケットやバッグなどに取り付けてもおしゃれです。


●『MZ−R50』の主な特長
1. 再生専用機に迫る業界最薄サイズの録音再生機の実現
新開発のリチウムイオン充電池の搭載、光学ブロックとメカデッキの薄型化により、厚さ約19.7mm、質量約190gで、再生専用機に迫る小型化を実現しました(従来機『MZ−R30』容積比で約70%)。携帯に便利になり、手軽に持ち歩いて屋外での録音も楽しめます。

2. 約40秒の長時間音飛びガードメモリー搭載
新しく16メガビットDRAMを搭載することにより、約40秒以内(従来機比4倍)であれば、振動を受けても音飛びの心配がなく、快適に音楽を楽しむことができます。

3. 低消費電力化による長時間駆動
従来機『MZ−R30』に対し、録音時約59%、再生時約64%にまで消費電力を低減、長時間駆動を可能にしました。付属リチウムイオン電池(本体内蔵)とアルカリ単3乾電池2本(外付け)を併用した場合、録音時で約12時間、再生時で約22時間の使用が可能です。

4. 縦型ジョグダイヤルで簡単操作
文字入力は、ジョグダイヤルを回して押すだけの簡単操作です。

5. 曲名サーチ機能
MD再生中や再生ポーズ中にジョグダイヤルを回すことにより、曲名で選曲できます。ダイヤルの回転に合わせて、曲名が液晶に表示されるので、聴きたい曲名を表示させてダイヤルを押すだけで、すぐに聴きたい曲が楽しめます。

6. デジタルシンクロ録音機能
CDプレーヤーやDAT等のデジタル音声出力をもつ機器と、光ケーブルで接続してデジタル録音する場合、再生機器側の操作に連動して、MD側の録音開始や一時停止が自動的に行われます。録音中のCDの交換や、CDチェンジャーの複数のCDから録音する際、MD側の操作が不要なので便利です。

7. サンプリングレートコンバーター内蔵
48kHz/32kHzのサンプリング周波数を、本機の44.1kHzに変換するサンプリングレートコンバーターを内蔵しているので、デジタル音声出力をもつ機器からのデジタル録音が可能です。 ※DAT(48kHz/44.1kHz/32kHz)、衛星放送の音声(48kHz/32kHz)

8. その他の特長
・ トラックマーク機能、1曲/全曲消去、コンバイン、デバイド、曲名/ディスク名入力などの編集機能を装備
・ カナ文字入力、表示対応
・ 録音した年、月、日、時刻を自動記録するデート機能
・ 好みで選べるシルバー、ブルー、オレンジの3色カラーバリエーション
・ 別売カーマウントキットに対応、車の中でも楽しめる

●『MZ−E35』の主な特長

1. 薄型化を実現したMDジャケットサイズ
従来機に比べ、約25%の薄型化をはかりました。ポケットや小さいバッグに入れてもすっきり収まり、手軽に持ち歩けます。本体上面にマグネシウムダイキャストを使用しており、強度が高く、高級感のある質感です。

2. 約40秒の長時間音飛びガードメモリー搭載
新しく16メガビットメモリーを搭載することにより、約40秒以内(従来機比4倍) であれば、振動を受けても音飛びの心配がなく、快適に音楽を楽しむことができます。

3. 低消費電力化による長時間駆動
1. 5V駆動で、アルカリ単3乾電池1本で約8時間、ガム型充電池との併用時では 約16時間使用できます。

4. ホールドシャッター採用
ポケットやバッグの中での誤操作を防ぐため、既にウォークマンで定評のあるホールドシャッターを採用しています。

5. 便利なプッシュ式オープンボタン
使いやすさを考慮し、本体前面にプッシュ式のオープンボタンを設けています。

6. 本体に小型液晶表示を搭載
リモコン部だけでなく、本体にも小型液晶表示を搭載しており、動作状況やトラック番号、電池残量の確認ができます。

●『MZ−E25』の主な特長

1. 乾電池とガム型充電池の両方に対応した、便利な本体電池収納部
1.5V駆動なので、単3乾電池1本またはガム型充電池1本で使用できます。本体の電池収納部は、単3乾電池とガム型充電池の共用なので、外付け電池ケースを使わずにどちらの電池でも使用でき、携帯に便利です。
※乾電池と充電池の併用はできません。

2. 3色のカラーバリエーションのカジュアルデザイン
シルバー、ブルー、オレンジからお好みに合わせて選べます。

3. DC−INジャック装備
本体にDC INジャックが装備されているので、別売のカーバッテリーコードと接続して、車内でも楽しむことができます。室内では、ACアダプター(別売)やアクティブスピーカー(別売)と接続して楽しめます。

●3機種共通の主な特長

1. 新開発の液晶リモコン“スティック コントローラー”付属
“スティック コントローラー”は、シャトルダイヤルをひねったり、押したりすることによって、MDの再生、停止、曲の頭出しの操作が行えます。液晶表示では、動作状況や曲名、ディスク名が確認できます。
また、スリムなスティックデザインで、バッグやポケットに取り付けてもおしゃれです。背面のワニ口クリップで、簡単に取り付けられます。
なお、ヘッドホン接続部はステレオミニジャックを採用しているので、お手持ちのHiFiオーディオ用ヘッドホンと組み合わせてもお使いいただけます。
* MZ−R50に付属の“スティック コントローラー”では、録音中にトラックマークを付けることもできます。

2. その他の特長
・1曲リピート、全曲リピート、シャッフルリピート再生が楽しめるプレイモード機能
・ 耳に優しく、周囲への迷惑な音もれを抑える音量に自動的にリミットコントロールする快適音量スイッチ(AVLS=Automatic Volume Limiter System)

●主な仕様


MZ−R50MZ−E35MZ−E25
形式ミニディスクデジタルオーディオシステム
再生読み取り方式非接触光学式読み取り
チャンネル数ステレオ2チャンネル/モノラル1チャンネル
サンプリング周波数44.1kHz
音声圧縮方式ATRAC(Adaptive TRansform Acoustic Coding)
周波数特性20〜20,000Hz±3dB
ワウフラッター測定限界値以下
入力端子マイク:
ステレオミニジャック
入力:
ステレオミニジャック
(アナログ)兼 光ミニ
ジャック(デジタル)
DC INジャック*
*乾電池ケースに装備
DC INジャック
出力端子ヘッドホン:
ステレオミニジャック
出力:
ステレオミニジャック
ヘッドホン:ステレオミニジャック
最大外形寸法
*最大突起含まず
約109.5×19.7×77mm
(幅×高さ×奥行き)
約82.5×19.1×80mm
(幅×高さ×奥行き)
約102×17.2×75mm
(幅×高さ×奥行き)
質量(本体のみ)約190g約115g約130g
質量(使用時)約240g(録音用ディスク、充電式リチウムイオン電池含む)約155g(再生専用ディスク、充電式ニッケル水素電池含む)約170g(再生専用ディスク、充電式ニッケル水素電池含む)
付属品液晶リモコン付きヘッドホン(1)、ACパワーアダプター(1)、充電式リチウムイオン電池(1)、乾電池ケース(1)、キャリングポーチ(1)、イヤーアタッチメント(1)液晶リモコン付きヘッドホン(1)、充電式ニッケル水素電池(1)、充電器(1)、アルカリ単3乾電池(1)、乾電池ケース(1)、キャリングポーチ(1)、イヤーアタッチメント(1)液晶リモコン付きヘッドホン(1)、アルカリ単3乾電池(1)、キャリングポーチ(1)、イヤーアタッチメント(1)

●各機種の電源と電池持続時間


MZ−R50MZ−E35MZ−E25
録音時再生時再生時再生時
充電式
リチウムイオン電池
(付属)
約4時間
(付属)
約7時間
充電式
ニッケル水素電池
(別売)
約5時間
(別売)
約8時間
(付属)
約6時間
(別売)
約4.5時間
充電式ニカド電池約2時間
アルカリ単3
乾電池
2本使用
(別売):
約5時間
2本使用
(別売):
約12時間
1本使用
(付属):
約8時間
1本使用
(付属):
約6時間
ニッケル水素+
アルカリ乾電池併用
約16時間
リチウムイオン+
アルカリ乾電池併用
約12時間約22時間
リチウムイオン+
ニッケル水素併用
約10時間約15時間
充電池充電時間リチウムイオン電池:本体内で充電可能
 80%充電:約2時間
 充電完了:約3時間
ニッケル水素電池:別売充電器で
   約75分
付属充電器で約1時間     
※ お客様からのお問い合わせ先 :
ソニー(株)お客様ご相談センター
東京:03-5448-3311
名古屋:052-232-2611
大阪:06- 539-5111