<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1997年 9月 18日

新製品

デジタルビデオカメラで撮影した映像の編集に最適
DV方式に準拠した国内初の据え置き型デジタルVTR 発売

−画質・音質劣化のほとんどないデジタル編集が行えるDV端子を装備−
Photo
デジタルビデオカセットレコーダー
『DHR−1000』



 ソニーは、現在販売されている家庭用デジタルビデオカメラに採用されている「民生用デジタルVCR仕様(SD仕様)」(以下、DV方式)に準拠した国内初の据え置き型デジタルVTR『DHR−1000』を発売します。本機は、DV方式の採用や“3次元YC分離回路”の搭載により、高画質での記録再生が行えます。また、高精度なアッセンブル編集が自動的に行える“10プログラムアッセンブル編集機能”の採用や、画質・音質の劣化がほとんどない編集を可能にする“DV端子”を装備することで、デジタルビデオカメラ等との接続による高画質編集に適したビデオデッキです。
型   名発売日価格(税別)当初月産
デジタルビデオカセットレコーダー
『DHR−1000』
10月1日43万円1,000台
   

 今回発売する『DHR−1000』はDV方式に準拠し、水平解像度500本、色にじみの少ない高画質の記録再生が可能です。また、8ミリビデオなどアナログソースの編集やテレビ番組の録画を高画質で行える“3次元YC分離回路”を搭載しています。
 本機は、長時間録画に適したDVカセット(最長4時間30分)およびビデオカメラで使われているミニDVカセットが使用できる“コンパチブルメカニズム”を採用しています。また、画質・音質の劣化がほとんどない編集を可能にする“DV端子”(IEEE1394準拠)や、編集ポイントの頭出しや変速再生等が快適操作で行える“ジョグダイアル”“シャトルリング”を装備。さらに、高精度なアッセンブル編集を自動的に行う“10プログラム自動アッセンブル機能”や、映像や音声の入れ替えができる“ビデオインサート機能”“オーディオインサート機能”など、編集のための機能も充実しています。加えて、1ヶ月8番組の予約録画が行える“高性能BS/地上波TVチューナー”を搭載し、ハイクオリティな番組録画が可能です。

 当社は、1995年9月にDV方式に準拠したデジタルビデオカメラ『DCR-VX1000』『DCR-VX700』を発売、その後パスポートサイズで携帯性に優れた『DCR-PC7』『DCR-SC100』や、最大6時間30分のスタミナ連続撮影が可能な『DCR-TRV7』など商品構成を拡充し、高画質撮影、パソコンへの静止画像の取り込みといったビデオの新たな使い方を提案してきました。また、1996年5月にヨーロッパ、1997年6月には北米市場に据え置き型デジタルVTRを導入し、高画質編集を求めるお客様を中心に、ご好評いただいています。
 今回、『DHR−1000』を発売しDV方式の特長をさらに引き出すことで、日本のお客様に対しても高画質編集を提案し、新たな市場を開拓してまいります。



●主な特長
【高画質・高音質技術】
1. DV方式による高画質記録・再生
水平解像度500本、アナログ方式の約3倍の色帯域を持ち、精細で色鮮やかな高画質での記録・再生が可能です。また、TBC(タイムベースコレクター)によりジッターの少ない画像を再生し、静止画などの編集にも効果が得られます。

2. 色にじみやドット妨害を低減する“3次元YC分離回路”搭載
コンポジット信号を高精度に色信号と輝度信号に分離する“3次元YC分離回路”を搭載。8ミリビデオやテレビ番組など、アナログソースを高画質で録画・編集できます。

3. 12ビットモード/16ビットモードが選べるデジタル音声記録
外部入力の場合、オリジナル音声を残しながら自在なアフレコが行える12ビットモードと、衛星放送のBモードと同等の高音質での録音・再生が可能な16ビットモードが選択可能です。

【充実した編集機能・装備】
1. DVカセット/ミニDVカセットコンパチブルメカ
長時間録画に適したDVカセット(SPモードで最長4時間30分)と、現在市販されているデジタルビデオカメラにも使用されているミニDVカセットの両方を、アダプターなしで使用することができます。カセットサイズを自動的に検出し、高精度かつ安定したテープ走行を実現します。

2. DV端子装備
映像・音声などをデジタル信号のまま入出力する“DV端子(IEEE1394準拠)”を本体前面に装備。DV端子を装備した他のデジタルビデオと接続し、画質・音質劣化がほとんどない編集が行えます。また、別売の“DV静止画キャプチャーボード”を用いて、静止画をパソコンに取り込むことも可能です。

3. 10プログラム自動アッセンブル編集機能
タイムコード対応の機器と接続し、高精度なアッセンブル編集が、自動的に行えます。
また、カットイン点とカットアウト点を各プログラムごとにグラフィカルに表示し、アッセンブル編集をより分かりやすくする“エディットウィンドウ機能”も搭載。

4. 映像データの入れ替えが可能な“ビデオインサート機能”
映像データだけの入れ替えを行う“ビデオインサート機能”を搭載。高音質なPCM音声を残したままビデオインサートを行うことができ、より高品質な作品作りが可能です。

5. オーディオインサート機能/アフレコ機能
12ビットモードで録音されている場合に、オリジナル音声の入れ替えが可能な“オーディオインサート機能”と、オリジナル音声を残したまま新たなデジタル音声を記録できる“アフレコ機能”とを、自由に選択できます。

6. 快適操作が可能な“ジョグダイアル”&“シャトルリング”
目的の場所を快適操作で探すことのできる“ジョグダイアル”と“シャトルリング”を搭載しています。また、コントロールパネルは着脱することができ、使いやすさにも配慮しています。

【その他の特長】
1. 高性能チューナー内蔵
1ヶ月8番組の予約録画ができる“高性能BS/地上波TVチューナー”を搭載。ハイクオリティなエアチェックが行えます。また、地上波テレビ放送やBモード音声で送られてきた衛星放送を、内蔵チューナーを通して録画する場合には、自動的に16ビットモードの高音質で録音されます。(Aモード音声で送られてきた衛星放送は、自動的に12ビットモードで録音されます。)

2. カセットメモリー対応
DVカセットに内蔵されたICメモリーに、録画・チャンネルなどのデータを書き込むことでき、データを画面に表示させてサーチなどに利用できます。

●主な仕様

録画・再生方式DV方式 回転2ヘッドヘリカルスキャン
デジタルコンポーネント記録
信号方式NTSCカラー EIA準拠
音声方式PCM(12ビットモード/16ビットモード)
使用カセットDVカセット/ミニDVカセット
録画再生時間4時間30分(DVカセット)/60分(ミニDVカセット) *SPモード
受信チャンネルVHF 1〜12ch、UHF 13〜62ch、CATV C13〜C35
BS 1,3,5,7,9,11,13,15
タイマー予約1ヶ月 8プログラム
電源電圧AC100V 50/60Hz
消費電力45W
外形寸法430×129×374mm(幅×高さ×奥行)
質量約10kg

  ※
4時間30分は、規格上定められたスタンダードDVカセットの最大時間です。
発表時(97年9月18日)に販売しているスタンダードDVカセットは、120分用のみです。(SPモードの場合)
※ お客様からのお問い合わせ先 :
ソニー(株)お客様ご相談センター
東京:03-5448-3311
名古屋:052-232-2611
大阪:06- 539-5111