SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く



<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1998年 1月 12日

新製品

デジタルCS番組の予約録画が簡単にできる
「デジタルCSおまかせ録画」搭載
VHS/ハイエイトの「ダブルビデオ」 発売



Photo
VHSハイファイ/ステレオハイエイトビデオデッキ 『WV-H5』


 ソニーは、 お手持ちの番組予約機能付きデジタルCSチューナーと接続して、 デジタルCS番組の予約録画が簡単にできる「デジタルCSおまかせ録画」機能を搭載した、VHS/ハイエイトの「ダブルビデオ」の新機種、『WV-H5』を発売します。
 デジタルCSチューナー側で番組予約を行い、本機の「シンクロ録画ボタン」を 押すだけで、デジタルCSチューナーの予約機能に連動して録画が開始され、 チューナー側とビデオデッキ側の両方で番組予約設定をする手間がなく便利です。
また、8ミリとVHSの両方のデッキを使って、「ダブルビデオ」ならではの長時間録画 (最大15時間*1)ができ、旅行などで留守中、多チャンネルのデジタルCS番組を始めとするテレビ番組録画に最適です。
*1  8ミリ、VHSそれぞれ180分テープ使用の場合(長時間モード時)
型   名発売日価格(税別)当初月産
VHSハイファイ/ステレオハイエイト
ビデオデッキ 『WV-H5』
2月10日88,000円 5,000台
 

 今回発表する『WV-H5』は、「ハイエイト画質切り替えスイッチ」を採用しており、ハイエイトの画質を2つのポジション(メリハリが効いた「コントラスト」ときめ細やかな「リアル」)に切り替えが可能です。ビデオカメラで撮影したテープやテレビ番組を録画したテープなど、再生するビデオソースに合わせて、お好みの画質でお楽しみいただけます。
 昨年秋より順次発売した、S-VHS/ハイエイトの「WV-ST1」、DV/S-VHSの 「WV-D10000」に引き続き、ベーシックタイプの本機の発売により商品構成を拡充し、1台2役のファミリービデオデッキとして「ダブルビデオ」の積極的なビジネス展開を図って参ります。


●『WV-H5』の主な特長
1. デジタルCS番組の録画が簡単にできる“デジタルCSおまかせ録画”搭載
別売のデジタルCSチューナーで番組予約を行い、ビデオ本体の「シンクロ録画ボタン」を押すだけで、予約した時間にデジタルCSチューナーの電源が入ると自動的に録画開始。番組終了後は、デジタルCSチューナーの電源が切れると本機の電源も自動的に切れます。

2. お好みの画質が選べる「ハイエイト画質切り替えスイッチ」搭載(8ミリデッキ部のみ)
再生時に、ハイエイトならではのきめ細やかな映像が楽しめる「リアル」と、画像の輪郭部分を強調してメリハリが効いた「コントラスト」の2つのポジションに切り替えが可能。

3. 3倍モードもきれいに見られる「画質アップ1チップ回路」搭載(VHSデッキ部のみ)
細かい絵柄もくっきり再現。3倍モードで記録したテープ再生時もきれいです。

4. C13〜C63チャンネルのフルバンドCATVチューナー搭載

5. 8ミリからVHS、 VHSから8ミリテープへ簡単にダビングできる「おまかせダビング」
ダビングする方向を選び、ダビングボタンを押すだけで、自動的に、両方のテープ巻き戻し→ダビングを開始→テープ巻き戻し→イジェクト→電源OFF、を行います。


●『WV-H5』の主な仕様
 8ミリデッキ部VHSデッキ部
録画方式回転2ヘッドヘリカルスキャンFM方式
録音方式回転2ヘッドハイファイステレオ方式
録画時間SP:最大3時間
LP:最大6時間 
(180分テープ使用時)
標準:最大3時間 
3倍:最大9時間 
(180分テープ使用時)
受信チャンネルVHF : 1〜12チャンネル
UHF :  13〜62チャンネル
CATV: C13〜C63チャンネル
映像/音声入力外部入力×1
映像/音声出力外部出力×2
時計表示12時間デジタル
停電補償時間1回 約1時間以内
電源AC100V 50/60 Hz
消費電力31W(電源「切」時5.3W)
補助電源コンセント非連動(最大200W)
最大外形寸法(mm)幅430×高さ119×奥行き383(最大突起含む)
本体重量約7kg
問い合わせ先