SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く



<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1998年 6月 29日

新製品

パソコンやAV機器をつなぐi.LINK※1(IEEE1394)端子を標準装備した
B5ファイルサイズ ノートブック型パソコン“VAIO” 2機種 発売
− Windows(R)98プリインストール −


Photo
パーソナルコンピューター“VAIO”『PCG-505GX』(左)『DCR-PC1』(右、別売)


 ソニーは、Windows(R)98をプリインストールし、i.LINK(IEEE1394)端子を標準装備したB5ファイルサイズノートブック型パーソナルコンピューター“VAIO”『PCG-505GX』『PCG-505G』の2機種を発売します。

型 名発売日価格(税別)当初月産台数
ノートブック型パーソナルコンピューター“VAIO”
『PCG−505GX』
MMX(R)テクノロジーPentium(R)プロセッサー266MHz、2.1GBHDD、
64MB SDRAM※2、10.4型SVGA TFT液晶、56kbps※3モデム
2MBビデオメモリー
7月25日オープン価格計1万台
ノートブック型パーソナルコンピューター“VAIO”
『PCG−505G』
MMX(R)テクノロジーPentium(R)プロセッサー200MHz、2.1GBHDD、
64MB SDRAM※2、10.4型SVGA TFT液晶、56kbps※3モデム
2MBビデオメモリー
※ 1.i.LINKはIEEE1394-1995仕様及びその拡張仕様をなじみやすく表現する為にソニーが提案している呼称(商標)です。
※2.マザーボード上に32MB、増設スロット上に32MB増設済。
※3.56kbpsはデータ受信時の理論値です。データ送信時は、規格上33.6kbpsが最大速度になります。


 i. LINK(IEEE1394)端子は、パソコンとハードディスクなどの様々な周辺装置だけでなくビデオやオーディオなどのAV機器をつなぐ高速データ転送インターフェースとして、今後の普及が期待されています。
 今回発売する『PCG-505GX』『PCG-505G』は、従来より好評のデザイン、機能、操作性などを踏襲し、新たにi.LINK(IEEE1394)端子を標準装備しています。付属のDV静止画キャプチャーソフト「DVgate still」により、DV端子(IEEE1394に準拠)を装備した当社のデジタルハンディカムやデジタルビデオデッキとケーブル1本で接続して、撮影した画像の中からお好みの1コマをデジタルデータのまま、静止画として取り込むことが可能です。



●主な特長
1. 薄型・軽量ながら、快適な操作感が得られるスペック
[ディスプレイ]鮮明で見やすい高画質10.4型SVGA対応TFT液晶を採用。2MBビデオメモリーを搭載し、約1677万色(800×600ドット、640×480ドット)※4表示可能。
[キーボード] 打ちやすい約17mmピッチ/2ミリストローク
[HDD/メモリー]2.1GB/64MB SDRAM ※2
[CPU]『PCG-505GX』 MMX(R)テクノロジーPentium(R)プロセッサー266MHz
『PCG-505G』 MMX(R)テクノロジーPentium(R)プロセッサー200MHz
※4.グラフィックアクセラレーターのディザリング機能により実現。

2. i.LINK(IEEE1394)端子を装備し、高画質DV静止画キャプチャーを実現
B5ファイルサイズのノートパソコンとして初めて本体にi.LINK端子を標準装備。付属の「DVgate still」により、DV端子を装備したデジタルビデオ機器を直接つないで、お好みの1コマをデジタルデータのまま、高画質の静止画として取り込むことが可能です。

3. 本体4面※5にマグネシウム合金を採用した、軽量・薄型設計
本体の4面全てにマグネシウム合金を採用し、質量約1.35kg※6の軽量化と共に、剛性の確保、質感や高級感あるデザインを実現しています。また、薄さ23.9ミリの薄型設計なので、気軽に持ち歩くことが可能です。
※ 5.液晶部外側、液晶部内側、本体部内側(パームレスト他)、本体部底面の4面。
※ 6. バッテリーパック(S)搭載時。

4. “ スクロール機能”により、さらに使い勝手を向上した新タッチパッド
タッチパッドの右側部分を上下に操作することで、カーソルを移動することなく上下操作が可能な“スクロール機能”を新たに搭載しました。
(注)タッチパッドのスクロール機能は、Microsoft Internet ExplorerやMicrosoft Office 97などにおける「ホイール機能」をサポートしているアプリケーションでのみ有効です。

5. 読み方のわからない漢字も手書きで入力できる“手書き文字認識機能”
新たに“手書き文字認識機能”を搭載し、付属のペンを使ってタッチパッドから入力した手書き文字を簡単にテキストに変換することができます。また、地図などの図柄も手書きして保存でき、デスクトップやクリップボードに貼り付けておくことも可能です。

6. 高速通信が可能な56kbps※3モデムを標準装備
K56flex(tm)テクノロジーにより、最大56kbpsでの高速通信が可能。
なお、この内蔵モデムは、V.90仕様へのアップグレードサービスを予定しています。
(アップグレードサービスの開始時期及び方法については、9月頃にVAIOホームページ等にてご案内する予定です。なお、時期は変更になる場合があります。)

7. 赤外線通信ポート(IrDA規格準拠)を標準装備
赤外線通信ポート搭載により、ソニーのデジタルスチルカメラ「サイバーショット(DSC-F1/F2/F3)」やIrDA搭載パソコンなどとのコードレスによる高速データ転送が可能です。

8. さらに進化した“PictureGear""Navin'You"をはじめ多彩なソフトウエアを付属
1) PictureGear Ver.2.0:大量の静止画を管理できるソフトウエア。miniDVカセットをはじめとしたAVラベル印刷機能や、フロッピーディスク上の画像をサムネイル化して一覧管理・印刷できるカタログ検索機能、また、簡単な画像補正機能も実現しました。
2)Navin' You Ver.2.0 Lite:パソコン上でスムーズに地図を見られる地図CD-ROMビューワーソフト。アルプス社「プロアトラス」シリーズの詳細地図にも対応しています。
3)MD Editor(VAIO):別売パソコン対応MDデッキ「MDS-PC1」等の基本操作や曲順の入れ 替えなどのディスク編集が行えます。また、タイトルのキーボード入力も可能です。
4)PostPet(ポストペット):パソコンの中で暮らす可愛いペット達が電子メールを運ぶSo-netから発売中の人気愛玩電子メールソフトです。
その他にも、便利な各種ソフトウエアを付属しています。

9. 使いたい機能をワンアクションで使えるプログラマブル・パワーキー装備
プログラマブル・パワーキーを押すだけで、自動的に本体電源をオンし、指定したアプリケーションを実行します。たとえば、外出前に電子メールを自動的に取り込む「メールポン(電子メール取り込み)機能」や、お気に入りのWebサイトの「自動巡回機能」などプリセットされている便利な操作プログラムを自動的に立ち上げます。

10. 指定した時刻に指定アプリケーションを自動的に実行する“タイマー起動機能”
内蔵タイマーとの連動により、指定した時刻に自動的に電源をオン(サスペンド時のみ)し指定したアプリケーションを自動的に実行します。例えば、毎朝通勤前に電子メールを取り込むよう指定しておくことで、通勤途中や出先で電子メールを読むことが可能です。

11. 「VAIOノート505」の使い勝手を向上するアクセサリーを順次商品化
・ VAIOノート505シリーズ用「ACアダプター」PCGA-AC51
標準価格15,000円(税別);7月11日発売予定
・ VAIOノート505シリーズ用「キャリングカバー」PCGA-CC5
標準価格6,000円(税別);7月18日発売予定
・ PCG-505GX/505G専用「64MB増設メモリーモジュール(SDRAMタイプ)」PCGA-MM564SD
オープン価格;8月下旬発売予定
・ VAIOノート505シリーズ.英語配列キーボードへの「キーボード交換サービス」
有償;8月下旬サービス開始予定
・ PCG-505GX/505Gハードディスクの4GBへの「ハードディスクアップグレードサービス」
有償;10月下旬サービス開始予定
・ VAIOノート505シリーズ用「USBマウス」
価格未定;10月発売予定
・VAIOノート505シリーズ用「バッテリーチャージャー」
価格未定;11月発売予定

●主な仕様
 『PCG-505GX』『PCG-505G』
プロセッサーMMX(R)テクノロジーPentium(R)プロセッサー
266MHz
(内蔵キャッシュ32KB)
MMX(R)テクノロジーPentium(R)プロセッサー
200MHz
(内蔵キャッシュ32KB)
2次キャッシュ256KB(マルチバンクDRAM)
チップセット430TX PCIチップセット
メインメモリー 標準/最大SDRAM 64MB ※2(オンボード32MB+増設済み32MB)/96MB※7
拡張メモリースロット
(空き)
専用メモリースロット2(0)
グラフィック
アクセラレーター
128bit高速グラフィックアクセラレーターNeoMagic MagicGraph128XD(NM2160)
ビデオメモリー約2MB(ビデオチップに内蔵)
液晶表示装置10.4型SVGA対応TFTカラー液晶
表示モード800×600(最大約1677万色)※4、640×480 (最大約1677万色)※4
1,024×768(最大約6.5万色)※8
フロッピーディスク
ドライブ
外付け、同梱の3.5型(1.44MB/1.2MB/720KB)FDD
ハードディスク約2.1GB (Ultra ATA)
CD-ROMドライブ別売PCGA-CD5、PCカード接続
外部接続端子 ●i.LINK(IEEE1394)端子(S200、4ピン)×1
●赤外線通信ポート(IrDA Ver.1.1)×1
●USB端子×1 ●ポートリプリケーター端子×1●ヘッドホン出力×1
●FDD端子×1●オーディオ入力端子(ステレオミニジャック、ライン入力)×1
●専用ステレオスピーカー(PCGA-SP5)用端子×2
●モデム用モジュラージャック×1
PCカードスロット TypeII×1、ZVポート対応、CardBus対応
オーディオ機能 Sound Blaster Pro互換、モノラルスピーカー、内蔵モノラルマイク
内蔵モデム最大56kbps(K56flex(tm))※3/14.4kbps(FAX時)、ボイス機能対応
ポインティングデバイスペン操作機能対応タッチパッド(スクロール機能付)
主な付属品ACアダプター、 バッテリーパック(S)、FDドライブ、
モジュラーケーブル、タッチパッド用ペン、リカバリーCD、ソフトケース
付属ソフトウェアWindows(R)98ほか
バッテリー動作時間※9約1.0〜2.5時間/バッテリー(S)使用時
約2.5〜5.5時間/バッテリー(L)使用時
約1.5〜3.0時間/バッテリー(S)使用時
約3.5〜6.5時間/バッテリー(L)使用時
バッテリー充電時間※10
(オン/オフ時共)
約1.5時間(約85%充電)、約2.5時間(約100%充電)/バッテリーパック(S)
約3時間(約85%充電)、約5時間(約100%充電)/バッテリーパック(L)
電源ACアダプターまたはリチウムイオンバッテリー
本体外形寸法幅259mm×高さ23.9mm×奥行208mm
質量約1.35kg※6

※ 7. PCGA-MM564SDが発売されるまでは、最大64MBとなります。 PCGA-MM564SDを使用する際は、出荷時に装着されている32MBメモリーを取り外す必要があります。
※8. 別売のポートリプリケーター「PCGA-PR5」と共に外部ディスプレイに接続した場合。
※9. 駆動時間は、省電力モード時。使用状況や設定により、上記記載時間と異なる場合があります。
※10. 電源オン時も充電可能。


・Pentium、及びMMXは、Intel Corporationの商標または登録商標です。
・Microsoft 、Windowsは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
・ その他、掲載されている製品名等は、各社の登録商標あるいは商標です。


※お客様からのお問い合わせ
“VAIO”カタログセンター
TEL:03-5454-0700